日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter サービスアーキテクチャ

寄稿者

SnapCenter サービスは、アプリケーションと整合性のあるデータ保護を実現する拡張性に優れたユニファイドプラットフォームです。SnapCenter サービスでは、一元的な管理と監視が可能です。一方で、アプリケーション固有のバックアップおよびリストア処理の管理を各ユーザに委譲することもできます。

SnapCenter サービスは、 NetApp Cloud Manager ソフトウェアを UI として利用し、 Azure NetApp Files のクレデンシャルを管理します。SnapCenter サービスは Kubernetes クラスタ内で実行され、 Cloud Manager Connector を通じて NetApp Cloud Manager と通信します。SnapCenter サービスは、 Azure NetApp Files 管理 API を使用して、 HANA hdbsql クライアントと Azure NetApp Files ストレージの処理を使用して、 HANA データベースの処理をトリガーします。

次の 2 つの図に示すように、 SnapCenter サービス Kubernetes クラスタと Cloud Manager コネクタは、別のサービス VNet または SAP HANA システムと同じ VNet に導入できます。

エラー:グラフィックイメージがありません

エラー:グラフィックイメージがありません

SnapCenter サービスのインストールには、少なくとも 2 つの仮想マシン( VM )が必要です。 1 つは Cloud Manager Connector 用、もう 1 つは Kubernetes クラスタを非 HA 構成で実行する必要があります。SnapCenter サービスがハイアベイラビリティ( HA )構成でセットアップされている場合は、 VM が 2 台追加で必要です。

エラー:グラフィックイメージがありません