日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter サービス SAP HANA バックアップ解決策

寄稿者

解決策コンポーネント

解決策 Service Backup SnapCenter for SAP HANA には、次の領域があります。

  • ストレージベースの Snapshot コピーを使用した SAP HANA データのバックアップ:

    • バックアップのスケジュール設定

    • オンデマンドバックアップ

    • 保持管理

    • 不要な SAP HANA バックアップカタログの削除

    • リストア処理を実行します

  • ストレージベースの Snapshot コピーを使用した、データボリューム以外のバックアップ

    • SnapCenter は、 HANA 共有ボリュームなどの特定の HANA システムに属するデータ以外のボリュームと、特定の HANA システムに属さないグローバル非データボリューム( SAP 転送ディレクトリなど)を区別します。

    • バックアップのスケジュール設定

    • オンデマンドバックアップ

    • 保持管理

    • リストア処理を実行します

  • ファイルベースのバックアップ:データベースのブロック整合性チェック、または 2 番目の場所へのバックアップ:

    • バックアップのスケジュール設定

    • オンデマンドバックアップ

    • 保持管理

    • 不要な SAP HANA バックアップカタログの削除

  • HANA データベースログバックアップの保持管理:

    • データバックアップの保持に基づく保持管理

    • 不要な SAP HANA バックアップカタログの削除

SnapCenter サービスを使用して Snapshot データのバックアップを実行します。その際、ストレージレイヤで作成された Snapshot コピーが SAP HANA データベースの整合性のあるイメージに基づいて作成されるように、 SAP HANA データベースのバックアップセーブポイントがトリガーされます。

SAP HANA 関連のすべてのリソースを完全にバックアップするために、 SnapCenter サービスでは、ストレージベースの Snapshot コピーを使用して、データ以外のすべてのボリュームをバックアップすることもできます。非データボリュームをデータベースデータバックアップとは別にスケジュール設定して、個別の保持ポリシーや保護ポリシーを有効にすることができます。

SAP では、ブロックの整合性チェックを実行するために、ストレージベースの Snapshot バックアップと週次ファイルベースのバックアップを組み合わせることを推奨しています。SnapCenter 内からブロック整合性チェックを実行できます。ブロック整合性チェック(ファイルベース)バックアップは、バックアップを別の格納場所にオフロードする目的でも使用されます。

設定可能な保持ポリシーに基づいて、 SnapCenter サービスは不要なデータバックアップ、ログバックアップ、および SAP HANA バックアップカタログの削除を管理します。

次の図は、バックアップ解決策をまとめたものです。

エラー:グラフィックイメージがありません

データボリューム以外のボリュームに対してストレージベースの Snapshot バックアップを実行する場合、 SnapCenter サービスは次のタスクを実行します。

  1. データボリューム以外のストレージ Snapshot コピーを作成します。

  2. 定義した保持ポリシーに基づいてストレージ Snapshot コピーを削除します。

SAP HANA データベースのストレージベースの Snapshot バックアップを実行する場合、 SnapCenter サービスは次のタスクを実行します。

  1. SAP HANA のバックアップセーブポイントを作成して、永続性レイヤに整合性のあるイメージを作成します。

  2. データボリュームのストレージ Snapshot コピーを作成します。

  3. SAP HANA バックアップカタログにストレージの Snapshot バックアップを登録します。

  4. SAP HANA のバックアップセーブポイントを解放します。

  5. 定義した保持ポリシーに基づいてストレージ Snapshot コピーを削除します。

  6. 定義された保持ポリシーに基づいて、 SAP HANA のバックアップカタログのエントリを削除します。

  7. データバックアップが手動で削除された場合、または保持ポリシーに基づいて削除された場合、 SnapCenter サービスは、最も古いデータバックアップよりも古いすべてのログバックアップを削除します。ログバックアップは、ファイルシステムと SAP HANA のバックアップカタログから削除されます。

サポートされている SAP HANA リリースと構成

SnapCenter サービスは、 Azure NetApp Files ボリュームに接続された SAP HANA シングルホスト構成とマルチホスト構成をサポートしています。

SnapCenter サービスは、次の SAP HANA アーキテクチャとリリースをサポートしています。

  • SAP HANA シングルコンテナ:

    • SAP HANA 1.0 SPS12

  • シングルテナントまたは複数テナントの SAP HANA マルチテナントデータベースコンテナ( MDC ):

    • SAP HANA 2.0 SPS4 以降

注記 MDC システムの Snapshot バックアップのサポートは、シングルテナントシステムでは SAP with HANA 2.0 SP1 、マルチテナントシステムでは HANA 2.0 SPS4 に対応しています。

データ Snapshot バックアップと SnapCenter サービスおよびログバックアップと BACKINT 解決策を使用した組み合わせはサポートされません。ログバックアップをファイルシステムに書き込むように設定する必要があります。