日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter サービス Snapshot バックアップ設定の概要

寄稿者

SnapCenter サービスでは、 2 種類の Snapshot バックアップ処理がサポートされます。

  • Snapshot 処理による SAP HANA データのバックアップ。

    データベースの整合性を確保するための HANA SQL ステートメントと、 Azure NetApp Files の Snapshot 処理を使用したバックアップカタログ管理を組み合わせた、 SAP HANA データベースのデータボリュームのバックアップ。

  • Snapshot バックアップ処理による、非構造化データを含むボリュームのバックアップ。

    バイナリや構成ファイルなどのバックアップ。 HANA データベースとのやり取りは不要です。バックアップは、 Azure NetApp Files の Snapshot バックアップ処理を使用して実行されます。SnapCenter サービスでは、 2 つのサブタイプを使用して、ボリュームが特定の HANA システムに属しているか、または複数の HANA システムで使用されるグローバル共有ボリュームであるかを定義します。

    • SAP HANA データベースの非データボリュームのバックアップ

      HANA 共有ボリュームなど、特定の HANA システムに関連付けられたボリュームのバックアップ。

    • グローバルな非データボリュームのバックアップ

      SAP 転送ディレクトリなど、特定の HANA システムに関連付けられていないボリュームのバックアップ。

    以降のセクションでは、 3 種類のバックアップの構成について説明します。