日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

このレポートで使用するラボのセットアップ

このテクニカルレポートで使用するラボセットアップには、次の 5 種類の SAP HANA 構成が含まれています。

  • * MS1.*

    • SAP HANA マルチホスト MDC のシングルテナントシステム

    • 中央のプラグインホスト( SnapCenter サーバ)で管理

    • ストレージプロトコルとして NFS を使用します

  • * SS1.*

    • SAP HANA シングルホスト MDC のシングルテナントシステム

    • HANA プラグインが HANA データベースホストにインストールされている状態で自動検出されます

    • ストレージプロトコルとして NFS を使用します

  • * SM1. *

    • SAP HANA シングルホスト MDC のマルチテナントシステム

    • HANA プラグインが HANA データベースホストにインストールされている状態で自動検出されます

    • ストレージプロトコルとして NFS を使用します

  • * SS2.*

    • SAP HANA シングルホスト MDC のシングルテナントシステム

    • 中央のプラグインホスト( SnapCenter サーバ)で管理

    • ストレージプロトコルとして NFS を使用します

  • * SS3.*

    • SAP HANA シングルホスト MDC のシングルテナントシステム

    • HANA プラグインが HANA データベースホストにインストールされている状態で自動検出されます

    • ストレージプロトコルとして Fibre Channel SAN を使用します

以降のセクションでは、設定、バックアップ、リストア、リカバリの各ワークフローについて説明します。概要 では、ローカル Snapshot バックアップに加え、 SnapVault を使用したバックアップストレージへのレプリケーションも実行できます。Storage Virtual Machine ( SVM )は、プライマリストレージは「 HANA プライマリ」、オフサイトバックアップストレージは「 HANA プライマリ」です。

SnapCenter サーバは、 HANA システム MS1 および SS2 の中央 HANA プラグインホストとして使用されます。

次の図は、ラボのセットアップを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません