日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter 構成

SnapCenter の設定は、次の 2 つの主要な領域に分けることができます。

  • * 初期構成。 * 個々の SAP HANA データベースに依存しない一般的な構成を取り上げます。リソース固有の設定を実行する際に選択される、ストレージシステム、中央 HANA プラグインホスト、ポリシーなどの構成。

  • * リソース固有の構成。 * SAP HANA システム固有の構成を対象としており、各 SAP HANA データベースに対して実行する必要があります。

次の図に、構成コンポーネントとその依存関係の概要を示します。緑のボックスは、 SnapCenter の外部で実行する必要がある設定手順を示しています。青いボックスは、 SnapCenter GUI を使用して実行する手順を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

初期設定では、次のコンポーネントがインストールおよび設定されます。

  • * ストレージシステム。 * SAP HANA システムで使用されるすべての SVM のクレデンシャル設定。通常は、プライマリストレージ、オフサイトバックアップストレージ、ディザスタリカバリストレージを構成します。

注記 ストレージクラスタのクレデンシャルは、個々の SVM のクレデンシャルの代わりにを設定することもできます。
  • * 資格情報。 * SAP HANA プラグインをホストに導入するために使用する資格情報の設定。

  • * ホスト(中央 HANA プラグインホスト用)。 * SAP HANA プラグインの導入。SAP HANA hdbclient ソフトウェアのホストへのインストールSAP hdbclient ソフトウェアは手動でインストールする必要があります

  • * ポリシー。 * バックアップタイプ、保持、およびレプリケーションの構成。通常、ローカル Snapshot コピー用、 SnapVault レプリケーション用、およびファイルベースのバックアップ用に、少なくとも 1 つのポリシーが必要です。

リソース固有の設定は、 SAP HANA データベースごとに実行する必要があります。これには、次の設定が含まれます。

  • SAP HANA の非データボリュームのリソース構成:

    • ストレージシステムおよびボリューム

  • SAP hdbuserstore キーの設定:

    • 特定の SAP HANA データベースの SAP hdbuserstore キー設定は、 HANA プラグインの導入場所に応じて、中央のプラグインホストまたは HANA データベースホストのいずれかで実行する必要があります。

  • 自動検出された SAP HANA データベースのリソース:

    • データベースホストへの SAP HANA プラグインの導入

    • hdbuserstore キーを入力します

  • SAP HANA データベースの手動リソース構成:

    • SAP HANA データベースの SID 、プラグインホスト、 hdbuserstore キー、ストレージシステム、ボリューム

  • リソース保護の構成:

    • 必要なポリシーを選択できます

    • 各ポリシーのスケジュールの定義

  • ONTAP データ保護構成:

    • バックアップをオフサイトのバックアップストレージにレプリケートする場合にのみ必要です。

    • 関係と保持の定義。