日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データボリューム以外のバックアップ用の SnapCenter リソース固有の設定

非データボリュームのバックアップは、 SAP HANA プラグインに統合された機能です。データベースインストールリソースと必要なログが残っていれば、データベースデータボリュームを保護して特定の時点に SAP HANA データベースをリストアおよびリカバリするだけで十分です。

他のデータファイルのリストアが必要な状況からリカバリするには、 SAP HANA データベースのバックアップを補うために、データボリューム以外のボリュームに対する追加のバックアップ戦略を開発することを推奨します。固有の要件に応じて、非データボリュームのバックアップはスケジュールの頻度と保持の設定が異なる場合があります。また、非データファイルを変更する頻度も考慮する必要があります。たとえば、 HANA ボリューム「 /hana/shared 」には、実行可能ファイルと SAP HANA トレースファイルが格納されています。実行ファイルが変更されるのは SAP HANA データベースがアップグレードされた場合だけですが、 SAP HANA の問題を分析するためには、 SAP HANA のトレースファイルのバックアップ頻度を高くする必要があります。

SnapCenter の非データボリュームバックアップを使用すると、関連するすべてのボリュームの Snapshot コピーを数秒で作成でき、 SAP HANA データベースのバックアップと同じスペース効率化を実現できます。両者の違いは、 SAP HANA データベースとの SQL 通信は不要なことです。

データボリューム以外のリソースの構成

この例では、 SAP HANA データベース SS1 の非データボリュームを保護します。

  1. [ リソース ] タブで、 [ データボリュームではない ] を選択し、 [ SAP HANA データベースの追加 ] をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  2. SAP HANA データベースの追加ダイアログのステップ 1 で、リソースタイプリストから非データボリュームを選択します。リソースの名前、およびリソースに使用する関連 SID と SAP HANA プラグインホストを指定し、 [ 次へ ] をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  3. SVM とストレージボリュームをストレージ容量として追加し、次へをクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  4. 概要ステップで、完了をクリックして設定を保存します。

  5. 必要なすべてのデータボリューム以外のボリュームについて、同じ手順を繰り返します。

  6. 新しいリソースの保護設定に進みます。

    注記 非データボリュームリソースのデータ保護は、 SAP HANA データベースリソースのワークフローと同じで、個々のリソースレベルで定義できます。

    次の図に、設定されているデータボリューム以外のリソースのリストを示します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

リソースグループ

リソースグループを使用すると、同じ保護ポリシーとスケジュールを必要とする複数のリソースの保護を定義できます。リソースグループの一部である単一のリソースは、個別のレベルで保護することができます。

リソースグループには次の機能があります。

  • リソースグループには 1 つ以上のリソースを追加できます。すべてのリソースが同じ SnapCenter プラグインに属している必要があります。

  • 保護はリソースグループレベルで定義できます。リソースグループ内のすべてのリソースは、保護されている場合は同じポリシーとスケジュールを使用します。

  • SnapCenter リポジトリ内のすべてのバックアップとストレージ Snapshot コピーには、リソース保護に定義されているものと同じ名前が付けられます。

  • リストア処理は、リソースグループの一部としてではなく、単一のリソースレベルに適用されます。

  • SnapCenter を使用して、リソースグループレベルで作成されたリソースのバックアップを削除する場合、このバックアップはリソースグループ内のすべてのリソースについて削除されます。バックアップを削除する場合は、 SnapCenter リポジトリからバックアップを削除するか、ストレージ Snapshot コピーを削除します。

  • リソースグループの主なユースケースは、 SnapCenter で作成したバックアップを使用して、 SAP Landscape Management でシステムをクローニングする場合です。これについては、次のセクションで説明します。

SnapCenter と SAP ランドスケープ管理の併用

SAP Landscape Management ( SAP LaMa )を使用すると、オンプレミスのデータセンターやクラウドで実行されているシステムでも、複雑な SAP システム環境を管理できます。SAP LaMa は、ネットアップの Storage Services Connector ( SSC )と連携して、 SAP システムのクローニングやレプリケーション、 Snapshot や FlexClone テクノロジを使用したコピー、更新などのストレージ運用を実行できます。そのため、ストレージクローニングテクノロジに基づいて SAP システムのコピーを完全に自動化し、必要な SAP のポストプロセスも含めて実行できます。ネットアップの SAP LaMa 対応ソリューションの詳細については、を参照してください "TR-4018 :『 Integrating NetApp ONTAP Systems with SAP Landscape Management 』"

NetApp SSC と SAP LaMa は、 NetApp SSC を使用してオンデマンドで Snapshot コピーを直接作成できますが、 SnapCenter を使用して作成した Snapshot コピーを利用することもできます。SnapCenter バックアップをシステムのクローニング処理やコピー処理のベースとして SAP LaMa を使って実行するには、次の前提条件を満たしている必要があります。

  • SAP LaMa では、すべてのボリュームをバックアップに含める必要があります。これには、 SAP HANA のデータ、ログ、共有ボリュームが含まれます。

  • ストレージの Snapshot 名はすべて同じにする必要があります。

  • ストレージスナップショット名は VCM で始める必要がある。

注記 通常のバックアップ処理では、ログボリュームを含めることは推奨されません。バックアップからログボリュームをリストアすると、最後のアクティブな REDO ログが上書きされ、データベースを最後の最新状態にリカバリできなくなります。

SnapCenter リソースグループは、上記のすべての要件を満たしています。SnapCenter では、 3 つのリソースが構成されます。各リソースはデータボリューム用、ログボリューム用、および共有ボリューム用の 1 つです。リソースはリソースグループに追加され、保護はリソースグループレベルで定義されます。リソースグループ保護では、最初に VCM を使用してカスタムスナップショット名を定義する必要がある。