日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ANF のクロスリージョンレプリケーションを監視しています

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

レプリケーションのステータス

次に示す 3 つのスクリーンショットは、データ、ログバックアップ、および共有ボリュームのレプリケーションステータスを示しています。

ボリュームレプリケーションの遅延時間は、 RPO の期待値を把握するのに役立ちます。たとえば、ログバックアップボリュームのレプリケーションで最大遅延時間が 58 分と表示されています。つまり、 RPO の最大値は同じです。

転送時間と転送サイズによって、必要な帯域幅とレプリケートされたボリュームの速度に関する有用な情報が提供されます。

次のスクリーンショットは、 HANA データボリュームのレプリケーションステータスを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

次のスクリーンショットは、 HANA のログバックアップボリュームのレプリケーションステータスを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

次のスクリーンショットは、 HANA 共有ボリュームのレプリケーションステータスを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

レプリケートされた Snapshot バックアップ

ソースボリュームからターゲットボリュームへのレプリケーションの更新が行われるたびに、前回と現在の更新の間に行われたすべてのブロックの変更がターゲットボリュームにレプリケートされます。これには、ソースボリュームで作成された Snapshot も含まれます。次のスクリーンショットは、ターゲットボリュームで使用可能な Snapshot を示しています。すでに説明したように、 AzAcSnap ツールによって作成される各スナップショットは、アプリケーションと整合性のある HANA データベースのイメージであり、セーブポイントまたはフォワードリカバリのいずれかを実行するために使用できます。

注記 ソースボリュームとターゲットボリュームに SnapMirror Snapshot コピーが作成され、再同期処理とレプリケーション更新処理にも使用されます。これらの Snapshot コピーは、 HANA データベースの観点からはアプリケーションと整合性がありません。 HANA のリカバリ処理には、 AzaCSsnap で作成されたアプリケーションと整合性のある Snapshot のみを使用できます。

エラー:グラフィックイメージがありません