日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

要件およびベストプラクティス

Microsoft Azure では、作成時や割り当て解除された VM の起動時に、特定の仮想マシン( VM )タイプの可用性が保証されません。具体的には、リージョンで障害が発生した場合、多くのクライアントでディザスタリカバリリージョンに追加の VM が必要になることがあります。そのため、ディザスタリカバリ領域でテストシステムまたは QA システムとして、必要なサイズの VM を、必要な VM タイプを割り当ててアクティブに使用することを推奨します。

コストを最適化するには、通常運用時にパフォーマンス階層を下げた ANF 容量プールを使用することを推奨します。データレプリケーションには高パフォーマンスは必要ないため、標準のパフォーマンス階層では大容量プールを使用する可能性があります。ディザスタリカバリのテストやディザスタフェイルオーバーが必要な場合は、高パフォーマンス階層を使用する大容量プールにボリュームを移動する必要があります。

2 つ目の容量プールがオプションでない場合は、通常運用時のパフォーマンス要件ではなく、容量要件に基づいてレプリケーションターゲットボリュームを設定する必要があります。クォータまたはスループット(手動 QoS の場合)は、ディザスタリカバリのテスト用にディザスタフェイルオーバーの際に適用できます。