日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データボリュームのパーティションを追加しています

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

"前のバージョン: SAP HANA ソフトウェアのインストール。"SAP HANA 2.0 SPS4 以降では、追加のデータボリュームパーティションを設定できます。これにより、 SAP HANA テナントデータベースのデータボリュームに 2 つ以上のボリュームを構成することができます。単一ボリュームのサイズやパフォーマンスの制限を超えて拡張することもできます。

注記 データボリュームに 2 つ以上の個別のボリュームを使用すると、 SAP HANA のシングルホストシステムとマルチホストシステムを使用できます。データボリュームのパーティションはいつでも追加できますが、追加するには SAP HANA データベースの再起動が必要になる場合があります。

追加のデータボリュームパーティションの有効化

  1. 追加のデータボリュームパーティションを有効にするには、 SYSTEMDB 構成の SAP HANA Studio または Cockpit を使用して、 global.ini` 内に次のエントリを追加します。

[customizable_functionalities]
persistence_datavolume_partition_multipath = true
注記 パラメータを global.ini` ファイルに手動で追加するには ' データベースを再起動する必要があります

シングルホスト SAP HANA システムのボリューム構成

複数のパーティションを持つシングルホスト SAP HANA システムのボリュームレイアウトは、 1 つのデータボリュームパーティションを含むシステムのレイアウトに似ていますが、追加のデータボリュームは、ログボリュームとその他のデータボリュームとして別のアグリゲートに格納されます。次の表は、 2 つのデータボリュームパーティションを持つ SAP HANA シングルホストシステムの構成例を示しています。

コントローラ A のアグリゲート 1 コントローラ A のアグリゲート 2 コントローラ B のアグリゲート 1 コントローラ b のアグリゲート 2

データボリューム: SID_data_mnt00001

共有ボリューム: SID_shared

データボリューム: SID_data2_mnt00001

ログボリューム: SID_log_mnt00001

次の表に、 2 つのデータボリュームパーティションを持つシングルホストシステムのマウントポイント構成の例を示します。

ジャンクションパス ディレクトリ HANA ホストのマウントポイント

SID_data_mnt00001

/hana/data/SID/mnt00001

SID_data2_mnt00001

/hana/data2/SID/mnt00001

SID_log_mnt00001

/hana/log/sid/mnt00001

SID_shared

usr - SAP 共有

/usr/sap/SID/hana/shared に格納されています

新しいデータボリュームを作成し、 ONTAP System Manager または ONTAP クラスタのコマンドラインインターフェイスを使用してネームスペースにマウントします。

マルチホスト SAP HANA システムのボリューム構成

複数のパーティションを持つマルチホスト SAP HANA システムのボリュームレイアウトは、 1 つのデータボリュームパーティションを含むシステムのレイアウトに似ていますが、追加のデータボリュームは、ログボリュームとその他のデータボリュームとして別のアグリゲートに格納されます。次の表は、 2 つのデータボリュームパーティションを持つ SAP HANA マルチホストシステムの構成例を示しています。

目的 コントローラ A のアグリゲート 1 コントローラ A のアグリゲート 2 コントローラ B のアグリゲート 1 コントローラ B のアグリゲート 2

ノード 1 のデータボリュームとログボリューム

データボリューム: SID_data_mnt00001

ログボリューム: SID_log_mnt00001

data2 ボリューム: SID_data2_mnt00001

ノード 2 のデータボリュームとログボリューム

ログボリューム: SID_log_mnt00002

data2 ボリューム: SID_data2_mnt00002

データボリューム: SID_data_mnt00002

ノード 3 のデータボリュームとログボリューム

データボリューム: SID_data_mnt00003

data2 ボリューム: SID_data2_mnt00003

ログボリューム: SID_log_mnt00003

ノード 4 のデータボリュームとログボリューム

data2 ボリューム: SID_data2_mnt00004

ログボリューム: SID_log_mnt00004

データボリューム: SID_data_mnt00004

すべてのホストの共有ボリューム

共有ボリューム: SID_shared

次の表に、 2 つのデータボリュームパーティションを持つシングルホストシステムのマウントポイント構成の例を示します。

ジャンクションパス ディレクトリ SAP HANA ホストのマウントポイント

SID_data_mnt00001

/hana/data/SID/mnt00001

すべてのホストにマウントされています

SID_data2_mnt00001

/hana/data2/SID/mnt00001

すべてのホストにマウントされています

SID_log_mnt00001

/hana/log/sid/mnt00001

すべてのホストにマウントされています

SID_data_mnt00002

/hana/data/sid/mnt00002

すべてのホストにマウントされています

SID_data2_mnt00002

/hana/data2/SID/mnt00002

すべてのホストにマウントされています

SID_log_mnt00002

/hana/log/sid/mnt00002

すべてのホストにマウントされています

SID_data_mnt00003

/hana/data/sid/mnt00003

すべてのホストにマウントされています

SID_data2_mnt00003

/hana/data2/SID/mnt00003

すべてのホストにマウントされています

SID_log_mnt00003

/hana/log/sid/mnt00003

すべてのホストにマウントされています

SID_data_mnt00004

/hana/data/sid/mnt00004

すべてのホストにマウントされています

SID_data2_mnt00004

/hana/data2/SID/mnt00004

すべてのホストにマウントされています

SID_log_mnt00004

/hana/log/sid/mnt00004

すべてのホストにマウントされています

SID_shared

共有

/hana/shared-SID を指定します

すべてのホストにマウントされています

SID_shared

usr-sap-host1

/usr/sap/SID

ホスト 1 にマウントされています

SID_shared

usr-sap-host2

/usr/sap/SID

ホスト 2 にマウントされています

SID_shared

usr-sap-host3

/usr/sap/SID

ホスト 3 にマウント

SID_shared

usr-sap-host4

/usr/sap/SID

ホスト 4 にマウント

SID_shared

usr-sap-host5

/usr/sap/SID

ホスト 5 にマウント

新しいデータボリュームを作成し、 ONTAP System Manager または ONTAP クラスタのコマンドラインインターフェイスを使用してネームスペースにマウントします。

ホストの設定

の項で説明されているタスクに加えて "「ホストのセットアップ」" 新しい追加データボリュームの追加のマウントポイントと fstab エントリを作成し、新しいボリュームをマウントする必要があります。

  1. 追加のマウントポイントを作成します。

    • シングルホストシステムの場合は、マウントポイントを作成し、データベースホストに権限を設定します。

      sapcc-hana-tst-06:/ # mkdir -p /hana/data2/SID/mnt00001
      sapcc-hana-tst-06:/ # chmod –R 777 /hana/data2/SID
    • マルチホストシステムの場合は、マウントポイントを作成し、すべてのワーカーホストとスタンバイホストに権限を設定します。以下のコマンド例は、 2+1 のマルチホスト HANA システムを示しています。

      • 1 つ目のワーカーホスト:

        sapcc-hana-tst-06:~ # mkdir -p /hana/data2/SID/mnt00001
        sapcc-hana-tst-06:~ # mkdir -p /hana/data2/SID/mnt00002
        sapcc-hana-tst-06:~ # chmod -R 777 /hana/data2/SID
      • 2 つ目のワーカーホスト:

        sapcc-hana-tst-07:~ # mkdir -p /hana/data2/SID/mnt00001
        sapcc-hana-tst-07:~ # mkdir -p /hana/data2/SID/mnt00002
        sapcc-hana-tst-07:~ # chmod -R 777 /hana/data2/SID
      • スタンバイホスト:

        sapcc-hana-tst-07:~ # mkdir -p /hana/data2/SID/mnt00001
        sapcc-hana-tst-07:~ # mkdir -p /hana/data2/SID/mnt00002
        sapcc-hana-tst-07:~ # chmod -R 777 /hana/data2/SID
  2. すべてのホスト上の /etc/fstab 構成ファイルに追加のファイル・システムを追加しますNFSv4.1 を使用するシングルホストシステムの例を次に示します。

    <storage-vif-data02>:/SID_data2_mnt00001 /hana/data2/SID/mnt00001 nfs rw, vers=4
    minorversion=1,hard,timeo=600,rsize=1048576,wsize=1048576,bg,noatime,lock 0 0
    注記 ボリュームごとに異なる TCP セッションを使用するために、各データボリュームへの接続には異なる SVM 仮想インターフェイスを使用します。nConnect マウントオプションが OS で使用可能な場合は、そのオプションを使用することもできます。
  3. ファイルシステムをマウントするには、「 mount – a 」コマンドを実行します。

データボリュームパーティションを追加しています

テナントデータベースに対して次の SQL ステートメントを実行し、テナントデータベースにデータボリュームパーティションを追加します。追加のボリュームへのパスを使用:

ALTER SYSTEM ALTER DATAVOLUME ADD PARTITION PATH '/hana/data2/SID/';

エラー:グラフィックイメージがありません