日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットワークセットアップ

寄稿者

ネットワークを設定する際は、次のガイドラインに従ってください。

  • SAP HANA ホストを 10GbE 以上のネットワークでストレージコントローラに接続するには、専用のストレージネットワークを使用する必要があります。

  • ストレージコントローラと SAP HANA ホストには同じ接続速度を使用します。これができない場合は、ストレージコントローラと SAP HANA ホスト間のネットワークコンポーネントが異なる速度に対応できることを確認してください。たとえば、ストレージとホストの間で NFS レベルで速度のネゴシエーションを行うための十分なバッファスペースを確保する必要があります。ネットワークコンポーネントは通常スイッチですが、背面など、ブレードシャーシ内の他のコンポーネントも考慮する必要があります。

  • ストレージネットワークスイッチおよびホストレイヤで、ストレージトラフィックに使用されるすべての物理ポートでフロー制御を無効にします。

  • 各 SAP HANA ホストには、 10Gb 以上の帯域幅を持つ冗長ネットワーク接続が必要です。

  • SAP HANA ホストとストレージコントローラ間のすべてのネットワークコンポーネントで、最大転送単位( MTU )サイズが 9 、 000 のジャンボフレームを有効にする必要があります。

  • VMware のセットアップでは、実行中の各仮想マシンに、専用の VMXNET3 ネットワークアダプタを割り当てる必要があります。に記載されている関連用紙を確認します "はじめに" を参照してください。

  • 相互の干渉を避けるため、ログとデータ領域には別々のネットワーク /IO パスを使用してください。

次の図は、 4 台の SAP HANA ホストを 10GbE ネットワークを使用してストレージコントローラ HA ペアに接続した場合の例を示しています。各 SAP HANA ホストには、冗長ファブリックへのアクティブ / パッシブ接続があります。

ストレージレイヤでは、各 SAP HANA ホストに 10Gb のスループットを提供する、 4 つのアクティブ接続が構成されます。また、各ストレージコントローラにスペアインターフェイスが 1 つ設定されます。

ストレージレイヤでは、 MTU サイズが 9 、 000 のブロードキャストドメインが設定され、必要なすべての物理インターフェイスがこのブロードキャストドメインに追加されます。このアプローチでは、これらの物理インターフェイスが自動的に同じフェイルオーバーグループに割り当てられます。これらの物理インターフェイスに割り当てられているすべての論理インターフェイス( LIF )が、このフェイルオーバーグループに追加されます。

エラー:グラフィックイメージがありません

一般に、サーバ(ボンド)とストレージシステム( Link Aggregation Control Protocol ( LACP )、 ifgroups など)で HA インターフェイスグループを使用することもできます。HA インターフェイスグループを使用して、グループ内のすべてのインターフェイス間で負荷が均等に分散されていることを確認します。負荷分散は、ネットワークスイッチインフラの機能によって異なります。

注記 SAP HANA ホストの数と使用されている接続速度に応じて、アクティブな物理ポートの数を変える必要があります。

VMware 固有のネットワークセットアップ

この解決策では、パフォーマンス重視のデータボリュームやデータベースのログボリュームなど、 SAP HANA インスタンスのデータはすべて NFS 経由で提供されるため、適切なネットワーク設計と構成が不可欠です。専用のストレージネットワークは、 SAP HANA ノード間の通信トラフィックとユーザアクセストラフィックから NFS トラフィックを分離するために使用されます。各 SAP HANA ノードには、 10Gb 以上の帯域幅を持つ冗長専用ネットワーク接続が必要です。より高い帯域幅もサポートされています。このネットワークは、 VMware vSphere でホストされているゲストオペレーティングシステムまで、ストレージレイヤからネットワークスイッチングおよびコンピューティング経由でエンドツーエンドで拡張する必要があります。物理スイッチングインフラストラクチャに加えて、ハイパーバイザーレイヤでネットワークトラフィックのパフォーマンスと管理性を十分に確保するために、 VMware Distributed Switch ( vDS )が使用されます。

次の図に、ネットワークの概要を示します。

エラー:グラフィックイメージがありません

各 SAP HANA ノードは、 VMware Distributed Switch 上で専用のポートグループを使用します。このポートグループを使用すると、 ESX ホストのサービス品質( QoS )の向上と物理 Network Interface Card ( NIC ;ネットワークインターフェイスカード)の専用割り当てが可能になります。NIC の障害が発生した場合に HA 機能を維持しながら専用の物理 NIC を使用するには、専用の物理 NIC をアクティブアップリンクとして構成します。SAP HANA ポートグループのチーミングとフェイルオーバーの設定では、追加の NIC がスタンバイアップリンクとして設定されます。また、物理スイッチと仮想スイッチでジャンボフレーム( MTU 9 、 000 )をエンドツーエンドで有効にする必要があります。また、サーバ、スイッチ、およびストレージシステムのストレージトラフィックに使用されるすべてのイーサネットポートでフロー制御を無効にします。次の図に、このような構成の例を示します。

注記 NFS トラフィックに使用されるインターフェイスでは、 LRO ( Large Receive Offload )をオフにする必要があります。その他のネットワーク構成のガイドラインについては、それぞれの VMware ベストプラクティスガイドで SAP HANA を参照してください。

エラー:グラフィックイメージがありません