日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

TR-4436 :『 SAP HANA on NetApp AFF Systems with Fibre Channel Protocol 』

寄稿者

ネットアップ、 Nils Bauer 、 Marco Schoen

はじめに

NetApp AFF 製品ファミリーは、 TDI プロジェクトの SAP HANA との使用が認定されています。この認定エンタープライズストレージプラットフォームでは、 NetApp ONTAP ソフトウェアが搭載されています。

認定は、次のモデルで有効です。

  • AFF A220 、 AFF A250 、 AFF A300 、 AFF A320 、 AFF A400 、 AFF A700s 、 AFF A700 、 AFF A800

  • ASA AFF A220 、 ASA AFF A250 、 ASA AFF A400 、 ASA AFF A700 、 ASA AFF A800

SAP HANA 向けのネットアップ認定ストレージソリューションの一覧については、を参照してください "認定およびサポートされている SAP HANA ハードウェアディレクトリ"

本ドキュメントでは、 Fibre Channel Protocol ( FCP ;ファイバチャネルプロトコル)を使用した AFF 構成について説明します。

注記 このホワイトペーパーで説明している構成は、 SAP HANA に必要な SAP HANA KPI と、 SAP HANA に最適なパフォーマンスを達成するために必要です。ここに記載されていない設定または機能を変更すると、原因のパフォーマンスが低下したり、予期しない動作が発生したりする可能性があります。変更は、ネットアップのサポートから助言された場合にのみ実施

NFS システムと NetApp FAS システムを使用する AFF システムの構成ガイドは、次のリンクから入手できます。

SAP HANA マルチホスト環境では、 SAP HANA ホストのフェイルオーバー時にフェンシングを提供するために、標準の SAP HANA ストレージコネクタが使用されます。オペレーティングシステムの構成ガイドラインと、 HANA 固有の Linux カーネルの依存関係については、必ず該当する SAP ノートを参照してください。詳細については、を参照してください "SAP Note 2235581 – SAP HANA Supported Operating Systems 』"

SAP HANA テーラードデータセンター統合

NetApp AFF ストレージシステムは、 NFS ( NAS )プロトコルと FC ( SAN )プロトコルの両方を使用した SAP HANA TDI プログラムで認定されています。これらは、シングルホスト構成とマルチホスト構成のどちらでも、 SAP Business Suite on HANA 、 S/4HANA 、 BW/4HANA 、 SAP Business Warehouse on HANA など、最新の SAP HANA シナリオに導入できます。SAP HANA との使用が認定されているサーバは、ネットアップ認定のストレージソリューションと組み合わせることができます。次の図に、アーキテクチャの概要を示します。

エラー:グラフィックイメージがありません

生産性の高い SAP HANA システムを実現するための前提条件と推奨事項の詳細については、次のリソースを参照してください。

VMware vSphere を使用した SAP HANA

ストレージを仮想マシン( VM )に接続する方法はいくつかあります。推奨される方法は、ストレージボリュームと NFS をゲストオペレーティングシステムから直接接続することです。このオプションについては、を参照してください "NFS を使用した NetApp AFF システムでの SAP HANA"

raw デバイスマッピング( RDM )、 FCP データストア、または FCP を使用する VVol データストアもサポートされます。どちらのデータストアオプションも、本番環境で使用するためにデータストアに格納する SAP HANA データボリュームまたはログボリュームは 1 つだけです。また、 SnapCenter がオーケストレーションする Snapshot ベースのバックアップとリカバリ、および SAP システムのクローニングなどに基づくソリューションは実装できません。

SAP HANA での vSphere の使用の詳細については、次のリンクを参照してください。