日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストのセットアップ

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

このセクションで説明するホストのセットアップ手順は、すべて物理サーバ上の SAP HANA 環境と、 VMware vSphere 上で実行される SAP HANA 環境の両方で有効です。

SUSE Linux Enterprise Server の構成パラメータ

各 SAP HANA ホストでは、 SAP HANA によって生成されるワークロードに合わせて、追加のカーネルパラメータと構成パラメータを調整する必要があります。

SUSE Linux Enterprise Server 12 および 15

SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1 以降、カーネルパラメータは /etc/sysctl.d` ディレクトリの構成ファイルで設定する必要があります。たとえば、「 91-NetApp-/hana.conf 」という名前の構成ファイルを作成する必要があります。

net.core.rmem_max = 16777216
net.core.wmem_max = 16777216
net.ipv4.tcp_rmem = 4096 131072 16777216
net.ipv4.tcp_wmem = 4096 16384  16777216
net.core.netdev_max_backlog = 300000
net.ipv4.tcp_slow_start_after_idle=0
net.ipv4.tcp_no_metrics_save = 1
net.ipv4.tcp_moderate_rcvbuf = 1
net.ipv4.tcp_window_scaling = 1
net.ipv4.tcp_timestamps = 1
net.ipv4.tcp_sack = 1
注記 これらの値は、 SLES for SAP OS のバージョンに含まれている saptune を使用して設定できます。詳細については、を参照してください "SAP ノート 3024346" ( SAP ログインが必要です)。

NFSv3 を使用してストレージを接続する場合は、「 /etc/modprobe.d/sunrpc.conf 」に「 `unrpc.tcp_max_slot_table_entries 」を設定する必要があります。ファイルが存在しない場合は、次の行を追加して作成する必要があります。

options sunrpc tcp_max_slot_table_entries=128

Red Hat Enterprise Linux 7.2 以降の構成パラメータ

SAP HANA で生成されるワークロードに合わせて、各 SAP HANA ホストで追加のカーネルパラメータと構成パラメータを調整する必要があります。

ストレージの接続に NFSv3 を使用する場合は、 /etc/modprobe.d/sunrpc.conf のパラメータ 'unrpc.tcp_max_slot_table_entries を設定する必要があります。ファイルが存在しない場合は、次の行を追加して作成する必要があります。

options sunrpc tcp_max_slot_table_entries=128

Red Hat Enterprise Linux 7.2 以降では、 /etc/sysctl.d` ディレクトリにある構成ファイルでカーネルパラメータを設定する必要があります。たとえば、「 91-NetApp-/hana.conf 」という名前の構成ファイルを作成する必要があります。

net.core.rmem_max = 16777216
net.core.wmem_max = 16777216
net.ipv4.tcp_rmem = 4096 131072 16777216
net.ipv4.tcp_wmem = 4096 16384  16777216
net.core.netdev_max_backlog = 300000
net.ipv4.tcp_slow_start_after_idle=0
net.ipv4.tcp_no_metrics_save = 1
net.ipv4.tcp_moderate_rcvbuf = 1
net.ipv4.tcp_window_scaling = 1
net.ipv4.tcp_timestamps = 1
net.ipv4.tcp_sack = 1

/hana/shared ボリュームにサブディレクトリを作成します

注記 次の例は、 SID=NF2 の SAP HANA データベースを示しています。

必要なサブディレクトリを作成するには、次のいずれかの操作を行います。

  • シングル・ホスト・システムの場合は '/hana/shared-volume をマウントし 'hared' サブディレクトリと usr-sap サブディレクトリを作成します

sapcc-hana-tst-06:/mnt # mount <storage-hostname>:/NF2_shared /mnt/tmp
sapcc-hana-tst-06:/mnt # cd /mnt/tmp
sapcc-hana-tst-06:/mnt/tmp # mkdir shared
sapcc-hana-tst-06:/mnt/tmp # mkdir usr-sap
sapcc-hana-tst-06:/mnt/tmp # cd ..
sapcc-hana-tst-06:/mnt # umount /mnt/tmp
  • マルチ・ホスト・システムの場合は '/hana/shared-volume をマウントし ' 各ホストの 'hared' サブディレクトリと 'usr-sap' サブディレクトリを作成します

    以下のコマンド例は、 2+1 のマルチホスト HANA システムを示しています。

sapcc-hana-tst-06:/mnt # mount <storage-hostname>:/NF2_shared /mnt/tmp
sapcc-hana-tst-06:/mnt # cd /mnt/tmp
sapcc-hana-tst-06:/mnt/tmp # mkdir shared
sapcc-hana-tst-06:/mnt/tmp # mkdir usr-sap-host1
sapcc-hana-tst-06:/mnt/tmp # mkdir usr-sap-host2
sapcc-hana-tst-06:/mnt/tmp # mkdir usr-sap-host3
sapcc-hana-tst-06:/mnt/tmp # cd ..
sapcc-hana-tst-06:/mnt # umount /mnt/tmp

マウントポイントを作成する

注記 次の例は、 SID=NF2 の SAP HANA データベースを示しています。

必要なマウントポイントディレクトリを作成するには、次のいずれかの操作を行います。

  • シングルホストシステムの場合は、マウントポイントを作成し、データベースホストに権限を設定します。

sapcc-hana-tst-06:/ # mkdir -p /hana/data/NF2/mnt00001
sapcc-hana-tst-06:/ # mkdir -p /hana/log/NF2/mnt00001
sapcc-hana-tst-06:/ # mkdir -p /hana/shared
sapcc-hana-tst-06:/ # mkdir -p /usr/sap/NF2

sapcc-hana-tst-06:/ # chmod –R 777 /hana/log/NF2
sapcc-hana-tst-06:/ # chmod –R 777 /hana/data/NF2
sapcc-hana-tst-06:/ # chmod -R 777 /hana/shared
sapcc-hana-tst-06:/ # chmod -R 777 /usr/sap/NF2
  • マルチホストシステムの場合は、マウントポイントを作成し、すべてのワーカーホストとスタンバイホストに権限を設定します。以下のコマンド例は、 2+1 のマルチホスト HANA システムを示しています。

    • 1 つ目のワーカーホスト:

sapcc-hana-tst-06:~ # mkdir -p /hana/data/NF2/mnt00001
sapcc-hana-tst-06:~ # mkdir -p /hana/data/NF2/mnt00002
sapcc-hana-tst-06:~ # mkdir -p /hana/log/NF2/mnt00001
sapcc-hana-tst-06:~ # mkdir -p /hana/log/NF2/mnt00002
sapcc-hana-tst-06:~ # mkdir -p /hana/shared
sapcc-hana-tst-06:~ # mkdir -p /usr/sap/NF2

sapcc-hana-tst-06:~ # chmod -R 777 /hana/log/NF2
sapcc-hana-tst-06:~ # chmod -R 777 /hana/data/NF2
sapcc-hana-tst-06:~ # chmod -R 777 /hana/shared
sapcc-hana-tst-06:~ # chmod -R 777 /usr/sap/NF2
  • 2 つ目のワーカーホスト:

sapcc-hana-tst-07:~ # mkdir -p /hana/data/NF2/mnt00001
sapcc-hana-tst-07:~ # mkdir -p /hana/data/NF2/mnt00002
sapcc-hana-tst-07:~ # mkdir -p /hana/log/NF2/mnt00001
sapcc-hana-tst-07:~ # mkdir -p /hana/log/NF2/mnt00002
sapcc-hana-tst-07:~ # mkdir -p /hana/shared
sapcc-hana-tst-07:~ # mkdir -p /usr/sap/NF2

sapcc-hana-tst-07:~ # chmod -R 777 /hana/log/NF2
sapcc-hana-tst-07:~ # chmod -R 777 /hana/data/NF2
sapcc-hana-tst-07:~ # chmod -R 777 /hana/shared
sapcc-hana-tst-07:~ # chmod -R 777 /usr/sap/NF2
  • スタンバイホスト:

sapcc-hana-tst-08:~ # mkdir -p /hana/data/NF2/mnt00001
sapcc-hana-tst-08:~ # mkdir -p /hana/data/NF2/mnt00002
sapcc-hana-tst-08:~ # mkdir -p /hana/log/NF2/mnt00001
sapcc-hana-tst-08:~ # mkdir -p /hana/log/NF2/mnt00002
sapcc-hana-tst-08:~ # mkdir -p /hana/shared
sapcc-hana-tst-08:~ # mkdir -p /usr/sap/NF2

sapcc-hana-tst-08:~ # chmod -R 777 /hana/log/NF2
sapcc-hana-tst-08:~ # chmod -R 777 /hana/data/NF2
sapcc-hana-tst-08:~ # chmod -R 777 /hana/shared
sapcc-hana-tst-08:~ # chmod -R 777 /usr/sap/NF2

ファイルシステムをマウント

NFS のバージョンと ONTAP のリリースに応じて、異なるマウントオプションを使用する必要があります。次のファイルシステムをホストにマウントする必要があります。

  • 「 /hana/data/sid/mnt0000* 」と入力します

  • 「 /hana/log/sid/mnt0000* 」と入力します

  • 「 /hana/shared 」

  • /usr/sap/SID

次の表に、シングルホストデータベースとマルチホスト SAP HANA データベースの異なるファイルシステムに使用する必要がある NFS のバージョンを示します。

ファイルシステム SAP HANA シングルホスト SAP HANA マルチホスト

/hana/data/sid/mnt0000*

NFSv3 または NFSv4

NFSv4

/hana/log/sid/mnt0000*

NFSv3 または NFSv4

NFSv4

/hana/shared にアクセスします

NFSv3 または NFSv4

NFSv3 または NFSv4

/usr/sap/SID

NFSv3 または NFSv4

NFSv3 または NFSv4

次の表に、 NFS の各バージョンと ONTAP のリリースのマウントオプションを示します。共通パラメータは、 NFS と ONTAP のバージョンには依存しません。

注記 SAP LaMa では、 /usr/sap/SID ディレクトリをローカルにする必要があります。したがって、 SAP LaMa を使用している場合は、 /usr/sap/SID の NFS ボリュームをマウントしないでください。

NFSv3 では、ソフトウェアまたはサーバに障害が発生した場合に NFS ロックのクリーンアップ処理が行われないようにするため、 NFS ロックをオフにする必要があります。

ONTAP 9 では、 NFS 転送サイズを最大 1MB に設定できます。具体的には、 40GbE 以上でのストレージシステムへの接続では、スループットの期待値を達成するために転送サイズを 1MB に設定する必要があります。

共通パラメータ NFSv3 NFSv4 NFSv4.1 ONTAP 9 での NFS 転送サイズ ONTAP 8 での NFS 転送サイズ

rw 、 bg 、 hard 、 timeo = 600 、 noatime

バー = 3 、 nolock

vers=4 、 minorversion=0 、 lock です

vers=4 、 minorversion=1 、 lock です

rsize=1048576 、 wsize=1048576

rsize=65536 、 wsize=65536 です

注記 NFSv3 の読み取りパフォーマンスを向上させるには、「 nConnect=n 」マウントオプションを使用することを推奨します。このオプションは、 SUSE Linux Enterprise Server 12 SP4 以降および RedHat Enterprise Linux ( RHEL ) 8.3 以降で使用できます。
注記 パフォーマンス・テストでは 'nConnect=8' の読み取り結果が良好であることが示されましたログの書き込みは 'nConnect=2 など ' セッション数が少ないことからメリットがありますNFS サーバからの最初のマウント( IP アドレス)では、使用されるセッションの量が定義されることに注意してください。これ以降のマウントでは、 nConnect に別の値を使用している場合でも、この値は変更されません。
注記 NFSv4 の場合、 ONTAP 9.8 以降、ネットアップで NFSv4.1 の nconnect オプションがサポートされます。SLES15SP2 および RHEL 8.3 では、 NFSv4.1 を使用して nConnect をサポートする最初の NFS クライアントが使用できます。追加情報については、 Linux ベンダーのマニュアルを参照してください。

次の例は、 SID=NF2 で、 NFSv3 を使用し、 NFS 転送サイズが 1MB の、シングルホスト SAP HANA データベースを示しています。/etc/fstab 構成ファイルを使用してシステムのブート中にファイル・システムをマウントするには ' 次の手順を実行します

  1. 必要なファイル・システムを /etc/fstab 構成ファイルに追加します

    sapcc-hana-tst-06:/ # cat /etc/fstab
    <storage-vif-data01>:/NF2_data_mnt00001 /hana/data/NF2/mnt00001 nfs rw,vers=3,hard,timeo=600,rsize=1048576,wsize=1048576,bg,noatime,nolock 0 0
    <storage-vif-log01>:/NF2_log_mnt00001 /hana/log/NF2/mnt00001 nfs rw,vers=3,hard,timeo=600,rsize=1048576,wsize=1048576,bg,noatime,nolock 0 0
    <storage-vif-data01>:/NF2_shared/usr-sap /usr/sap/NF2 nfs rw,vers=3,hard,timeo=600,rsize=1048576,wsize=1048576,bg,noatime,nolock 0 0
    <storage-vif-data01>:/NF2_shared/shared /hana/shared nfs rw,vers=3,hard,timeo=600,rsize=1048576,wsize=1048576,bg,noatime,nolock 0 0
  2. Run `ount – a を実行して、すべてのホストのファイルシステムをマウントします。

次の例は、 SID=NF2 で、データファイルシステムとログファイルシステムに NFSv4.1 を使用し、「 /hana/shared 」ファイルシステムと「 /usr/sap/nf2 」ファイルシステムに NFSv3 を使用する、マルチホスト SAP HANA データベースを示しています。使用される NFS 転送サイズは 1MB です。

  1. 必要なファイル・システムを ' すべてのホスト上の /etc/fstab 構成ファイルに追加します

    注記 /usr/sap/nf2 ファイル・システムは ' データベース・ホストごとに異なります次の例は '/NF2_shared_usr-sap-host1' を示しています
    stlrx300s8-5:/ # cat /etc/fstab
    <storage-vif-data01>:/NF2_data_mnt00001 /hana/data/NF2/mnt00001 nfs  rw,vers=4, minorversion=1,hard,timeo=600,rsize=1048576,wsize=1048576,bg,noatime,lock 0 0
    <storage-vif-data02>:/NF2_data_mnt00002 /hana/data/NF2/mnt00002 nfs rw,vers=4, minorversion=1,hard,timeo=600,rsize=1048576,wsize=1048576,bg,noatime,lock 0 0
    <storage-vif-log01>:/NF2_log_mnt00001 /hana/log/NF2/mnt00001 nfs rw,vers=4, minorversion=1,hard,timeo=600,rsize=1048576,wsize=1048576,bg,noatime,lock 0 0
    <storage-vif-log02>:/NF2_log_mnt00002 /hana/log/NF2/mnt00002 nfs rw,vers=4, minorversion=1,hard,timeo=600,rsize=1048576,wsize=1048576,bg,noatime,lock 0 0
    <storage-vif-data02>:/NF2_shared/usr-sap-host1 /usr/sap/NF2 nfs rw,vers=3,hard,timeo=600,rsize=1048576,wsize=1048576,bg,noatime,nolock 0 0
    <storage-vif-data02>:/NF2_shared/shared /hana/shared nfs rw,vers=3,hard,timeo=600,rsize=1048576,wsize=1048576,bg,noatime,nolock 0 0
  2. Run `ount – a を実行して、すべてのホストのファイルシステムをマウントします。