日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NFSv4 用の SAP HANA インストールの準備

寄稿者

NFS バージョン 4 以降では、ユーザ認証が必要です。この認証は、 Lightweight Directory Access Protocol ( LDAP )サーバやローカルユーザアカウントなどの中央ユーザ管理ツールを使用して実行できます。次のセクションでは、ローカルユーザアカウントを設定する方法について説明します。

SAP HANA ソフトウェアのインストールを開始する前に、管理ユーザ「 <sidadm> 」と「 sapsys 」グループを SAP HANA ホストとストレージコントローラ上に手動で作成する必要があります。

SAP HANA ホスト

まだ存在しない場合は、 SAP HANA ホスト上に「 sapsys 」グループを作成する必要があります。ストレージコントローラ上の既存のグループ ID と競合しない一意のグループ ID を選択します。

ユーザー「 <sidadm> 」は SAP HANA ホスト上に作成されます。ストレージコントローラ上の既存のユーザ ID と競合しない一意の ID を選択する必要があります。

マルチホスト SAP HANA システムの場合、ユーザ ID とグループ ID はすべての SAP HANA ホストで同じである必要があります。グループとユーザは、移行元システムから他のすべての SAP HANA ホストに「 /etc/group 」および「 /etc/passwd 」の該当する行をコピーすることによって、他の SAP HANA ホスト上に作成されます。

注記 NFSv4 ドメインは、すべての Linux サーバと SVM で同じ値に設定する必要があります。Linux ホストの場合は ' ファイル /etc/idmapd.conf にドメイン・パラメータ「ドメイン・ドメイン = <domain_name>` 」を設定します

NFS idmapd サービスを有効にして開始します。

systemctl enable nfs-idmapd.service
systemctl start nfs-idmapd.service
注記 最新の Linux カーネルでは、この手順は必要ありません。警告メッセージは無視してかまいません。

ストレージコントローラ

ユーザ ID とグループ ID は、 SAP HANA ホストとストレージコントローラで同じである必要があります。グループとユーザは、ストレージクラスタで次のコマンドを入力することで作成されます。

vserver services unix-group create -vserver <vserver> -name <group name> -id <group id>
vserver services unix-user create -vserver <vserver> -user <user name> -id <user-id> -primary-gid <group id>

また、 SVM の UNIX ユーザルートのグループ ID を 0 に設定します。

vserver services unix-user modify -vserver <vserver> -user root -primary-gid 0