日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストのセットアップ

寄稿者

ホストをセットアップする前に、 NetApp SAN Host Utilities をからダウンロードしておく必要があります "ネットアップサポート" HANA サーバにインストールします。Host Utility のマニュアルには、使用する FCP HBA に応じてインストールする必要がある追加ソフトウェアに関する情報が記載されています。

また、使用している Linux バージョンに固有のマルチパス構成に関する情報も記載されています。このドキュメントでは、 SLES 15 および Red Hat Enterprise Linux 7.6 以降で必要な設定手順について説明します。を参照してください "『 Linux Host Utilities 7.1 Installation and Setup Guide 』"

マルチパスを設定します

注記 SAP HANA マルチホスト構成のすべてのワーカーホストとスタンバイホストで、手順 1~6 を実行する必要があります。

マルチパスを設定するには、次の手順を実行します。

  1. 各サーバで Linux の「 re scan-scsi-bus.sh -a' 」コマンドを実行して、新しい LUN を検出します。

  2. 「 lun lun lun show 」コマンドを実行し、必要なすべての LUN が表示されることを確認します。次に、 2 つのデータ LUN と 2 つのログ LUN を持つ 2+1 マルチホスト HANA システムの「 lun lun show 」コマンドの出力例を示します。出力には、 LUN および LUN 「 S 3data_mnt00001 」やデバイスファイル「 /dev/sdag 」などの対応するデバイスファイルが表示されます。各 LUN には、ホストからストレージコントローラへの FC パスが 8 つあります。

    stlrx300s8-6:~ # sanlun lun show
    controller(7mode/E-Series)/                                            device          host       lun
    vserver(cDOT/FlashRay)        lun-pathname                             filename        adapter    protocol   size    product
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00002/SS3_log_mnt00002   /dev/sdah       host11     FCP        512.0g  cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00001/SS3_data_mnt00001 /dev/sdag       host11     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00002/SS3_data_mnt00002 /dev/sdaf       host11     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00002/SS3_log_mnt00002   /dev/sdae       host11     FCP        512.0g  cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00001/SS3_data_mnt00001 /dev/sdad       host11     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00002/SS3_data_mnt00002 /dev/sdac       host11     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00002/SS3_log_mnt00002   /dev/sdab       host11     FCP        512.0g  cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00001/SS3_data_mnt00001 /dev/sdaa       host11     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00002/SS3_data_mnt00002 /dev/sdz        host11     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00002/SS3_log_mnt00002   /dev/sdy        host11     FCP        512.0g  cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00001/SS3_data_mnt00001 /dev/sdx        host11     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00002/SS3_data_mnt00002 /dev/sdw        host11     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00001/SS3_log_mnt00001   /dev/sdv        host11     FCP        512.0g  cDOT
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00001/SS3_log_mnt00001   /dev/sdu        host11     FCP        512.0g  cDOT
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00001/SS3_log_mnt00001   /dev/sdt        host11     FCP        512.0g  cDOT
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00001/SS3_log_mnt00001   /dev/sds        host11     FCP        512.0g  cDOT
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00002/SS3_log_mnt00002   /dev/sdr        host10     FCP        512.0g  cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00001/SS3_data_mnt00001 /dev/sdq        host10     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00002/SS3_data_mnt00002 /dev/sdp        host10     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00002/SS3_log_mnt00002   /dev/sdo        host10     FCP        512.0g  cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00001/SS3_data_mnt00001 /dev/sdn        host10     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00002/SS3_data_mnt00002 /dev/sdm        host10     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00002/SS3_log_mnt00002   /dev/sdl        host10     FCP        512.0g  cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00001/SS3_data_mnt00001 /dev/sdk        host10     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00002/SS3_data_mnt00002 /dev/sdj        host10     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00002/SS3_log_mnt00002   /dev/sdi        host10     FCP        512.0g  cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00001/SS3_data_mnt00001 /dev/sdh        host10     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_data_mnt00002/SS3_data_mnt00002 /dev/sdg        host10     FCP        1.2t    cDOT
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00001/SS3_log_mnt00001   /dev/sdf        host10     FCP        512.0g  cDOT
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00001/SS3_log_mnt00001   /dev/sde        host10     FCP        512.0g  cDOT
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00001/SS3_log_mnt00001   /dev/sdd        host10     FCP        512.0g  cDOT
    hana                          /vol/SS3_log_mnt00001/SS3_log_mnt00001   /dev/sdc        host10     FCP        512.0g  cDOT
  3. 「マルチパス -r 」コマンドを実行して、デバイスファイル名のワールドワイド ID ( WWID )を取得します。

    注記 この例では、 4 つの LUN があります。
    stlrx300s8-6:~ # multipath -r
    create: 3600a098038304436375d4d442d753878 undef NETAPP,LUN C-Mode
    size=512G features='3 pg_init_retries 50 queue_if_no_path' hwhandler='0' wp=undef
    |-+- policy='service-time 0' prio=50 status=undef
    | |- 10:0:1:0 sdd  8:48   undef ready running
    | |- 10:0:3:0 sdf  8:80   undef ready running
    | |- 11:0:0:0 sds  65:32  undef ready running
    | `- 11:0:2:0 sdu  65:64  undef ready running
    `-+- policy='service-time 0' prio=10 status=undef
      |- 10:0:0:0 sdc  8:32   undef ready running
      |- 10:0:2:0 sde  8:64   undef ready running
      |- 11:0:1:0 sdt  65:48  undef ready running
      `- 11:0:3:0 sdv  65:80  undef ready running
    create: 3600a098038304436375d4d442d753879 undef NETAPP,LUN C-Mode
    size=1.2T features='3 pg_init_retries 50 queue_if_no_path' hwhandler='0' wp=undef
    |-+- policy='service-time 0' prio=50 status=undef
    | |- 10:0:1:1 sdj  8:144  undef ready running
    | |- 10:0:3:1 sdp  8:240  undef ready running
    | |- 11:0:0:1 sdw  65:96  undef ready running
    | `- 11:0:2:1 sdac 65:192 undef ready running
    `-+- policy='service-time 0' prio=10 status=undef
      |- 10:0:0:1 sdg  8:96   undef ready running
      |- 10:0:2:1 sdm  8:192  undef ready running
      |- 11:0:1:1 sdz  65:144 undef ready running
      `- 11:0:3:1 sdaf 65:240 undef ready running
    create: 3600a098038304436392b4d442d6f534f undef NETAPP,LUN C-Mode
    size=1.2T features='3 pg_init_retries 50 queue_if_no_path' hwhandler='0' wp=undef
    |-+- policy='service-time 0' prio=50 status=undef
    | |- 10:0:0:2 sdh  8:112  undef ready running
    | |- 10:0:2:2 sdn  8:208  undef ready running
    | |- 11:0:1:2 sdaa 65:160 undef ready running
    | `- 11:0:3:2 sdag 66:0   undef ready running
    `-+- policy='service-time 0' prio=10 status=undef
      |- 10:0:1:2 sdk  8:160  undef ready running
      |- 10:0:3:2 sdq  65:0   undef ready running
      |- 11:0:0:2 sdx  65:112 undef ready running
      `- 11:0:2:2 sdad 65:208 undef ready running
    create: 3600a098038304436392b4d442d6f5350 undef NETAPP,LUN C-Mode
    size=512G features='3 pg_init_retries 50 queue_if_no_path' hwhandler='0' wp=undef
    |-+- policy='service-time 0' prio=50 status=undef
    | |- 10:0:0:3 sdi  8:128  undef ready running
    | |- 10:0:2:3 sdo  8:224  undef ready running
    | |- 11:0:1:3 sdab 65:176 undef ready running
    | `- 11:0:3:3 sdah 66:16  undef ready running
    `-+- policy='service-time 0' prio=10 status=undef
      |- 10:0:1:3 sdl  8:176  undef ready running
      |- 10:0:3:3 sdr  65:16  undef ready running
      |- 11:0:0:3 sdy  65:128 undef ready running
      `- 11:0:2:3 sdae 65:224 undef ready running
  4. /etc/multipath.conf ファイルを編集し 'WWID とエイリアス名を追加します

    注記 出力例は '2+1 マルチホスト・システムの 4 つの LUN のエイリアス名を含む /etc/multipath.conf ファイルの内容を示しています利用可能なマルチパス .conf ファイルがない場合は、次のコマンドを実行してファイルを作成できます。「マルチパス -T 」 > 「 /etc/multipath.conf 」。
    stlrx300s8-6:/ # cat /etc/multipath.conf
    multipaths {
            multipath {
                    wwid    3600a098038304436392b4d442d6f534f
                    alias   hana-SS3_data_mnt00001
            }
            multipath {
                    wwid    3600a098038304436375d4d442d753879
                    alias   hana-SS3_data_mnt00002
            }
            multipath {
                    wwid    3600a098038304436375d4d442d753878
                    alias   hana-SS3_log_mnt00001
            }
            multipath {
                    wwid    3600a098038304436392b4d442d6f5350
                    alias   hana-SS3_log_mnt00002
            }
    }
  5. 「 multipath -r 」コマンドを実行して、デバイスマップをリロードします。

  6. すべての LUN 、エイリアス名、およびアクティブパスとスタンバイパスを一覧表示するには、「マルチパス -ll 」コマンドを実行して構成を確認します。

    注記 次の出力例は、 2 つのデータ LUN と 2 つのログ LUN を持つ 2+1 マルチホスト HANA システムの出力を示しています。
    stlrx300s8-6:~ # multipath -ll
    hana- SS3_data_mnt00002 (3600a098038304436375d4d442d753879) dm-1 NETAPP,LUN C-Mode
    size=1.2T features='4 queue_if_no_path pg_init_retries 50 retain_attached_hw_handler' hwhandler='1 alua' wp=rw
    |-+- policy='service-time 0' prio=50 status=enabled
    | |- 10:0:1:1 sdj  8:144  active ready running
    | |- 10:0:3:1 sdp  8:240  active ready running
    | |- 11:0:0:1 sdw  65:96  active ready running
    | `- 11:0:2:1 sdac 65:192 active ready running
    `-+- policy='service-time 0' prio=10 status=enabled
      |- 10:0:0:1 sdg  8:96   active ready running
      |- 10:0:2:1 sdm  8:192  active ready running
      |- 11:0:1:1 sdz  65:144 active ready running
      `- 11:0:3:1 sdaf 65:240 active ready running
    hana- SS3_data_mnt00001 (3600a098038304436392b4d442d6f534f) dm-2 NETAPP,LUN C-Mode
    size=1.2T features='4 queue_if_no_path pg_init_retries 50 retain_attached_hw_handler' hwhandler='1 alua' wp=rw
    |-+- policy='service-time 0' prio=50 status=enabled
    | |- 10:0:0:2 sdh  8:112  active ready running
    | |- 10:0:2:2 sdn  8:208  active ready running
    | |- 11:0:1:2 sdaa 65:160 active ready running
    | `- 11:0:3:2 sdag 66:0   active ready running
    `-+- policy='service-time 0' prio=10 status=enabled
      |- 10:0:1:2 sdk  8:160  active ready running
      |- 10:0:3:2 sdq  65:0   active ready running
      |- 11:0:0:2 sdx  65:112 active ready running
      `- 11:0:2:2 sdad 65:208 active ready running
    hana- SS3_log_mnt00002 (3600a098038304436392b4d442d6f5350) dm-3 NETAPP,LUN C-Mode
    size=512G features='4 queue_if_no_path pg_init_retries 50 retain_attached_hw_handler' hwhandler='1 alua' wp=rw
    |-+- policy='service-time 0' prio=50 status=enabled
    | |- 10:0:0:3 sdi  8:128  active ready running
    | |- 10:0:2:3 sdo  8:224  active ready running
    | |- 11:0:1:3 sdab 65:176 active ready running
    | `- 11:0:3:3 sdah 66:16  active ready running
    `-+- policy='service-time 0' prio=10 status=enabled
      |- 10:0:1:3 sdl  8:176  active ready running
      |- 10:0:3:3 sdr  65:16  active ready running
      |- 11:0:0:3 sdy  65:128 active ready running
      `- 11:0:2:3 sdae 65:224 active ready running
    hana- SS3_log_mnt00001 (3600a098038304436375d4d442d753878) dm-0 NETAPP,LUN C-Mode
    size=512G features='4 queue_if_no_path pg_init_retries 50 retain_attached_hw_handler' hwhandler='1 alua' wp=rw
    |-+- policy='service-time 0' prio=50 status=enabled
    | |- 10:0:1:0 sdd  8:48   active ready running
    | |- 10:0:3:0 sdf  8:80   active ready running
    | |- 11:0:0:0 sds  65:32  active ready running
    | `- 11:0:2:0 sdu  65:64  active ready running
    `-+- policy='service-time 0' prio=10 status=enabled
      |- 10:0:0:0 sdc  8:32   active ready running
      |- 10:0:2:0 sde  8:64   active ready running
      |- 11:0:1:0 sdt  65:48  active ready running
      `- 11:0:3:0 sdv  65:80  active ready running

LVM ボリュームグループと論理ボリュームを作成

この手順は、 LVM を使用する場合にのみ必要です。次の例は、 SID FC5 を使用した 2+1 ホストのセットアップを示しています。

注記 LVM ベースのセットアップの場合は、前のセクションで説明したマルチパス構成も同様に完了する必要があります。この例では、マルチパス用に 8 個の LUN を構成する必要があります。
  1. すべての LUN を物理ボリュームとして初期化します。

    pvcreate /dev/mapper/hana-FC5_data_mnt00001
    pvcreate /dev/mapper/hana-FC5_data2_mnt00001pvcreate /dev/mapper/hana-FC5_data_mnt00002
    pvcreate /dev/mapper/hana-FC5_data2_mnt00002
    pvcreate /dev/mapper/hana-FC5_log_mnt00001
    pvcreate /dev/mapper/hana-FC5_log2_mnt00001pvcreate /dev/mapper/hana-FC5_log_mnt00002
    pvcreate /dev/mapper/hana-FC5_log2_mnt00002
  2. 各データパーティションとログパーティションのボリュームグループを作成します。

    vgcreate FC5_data_mnt00001 /dev/mapper/hana-FC5_data_mnt00001 /dev/mapper/hana-FC5_data2_mnt00001
    vgcreate FC5_data_mnt00002 /dev/mapper/hana-FC5_data_mnt00002 /dev/mapper/hana-FC5_data2_mnt00002
    vgcreate FC5_log_mnt00001 /dev/mapper/hana-FC5_log_mnt00001 /dev/mapper/hana-FC5_log2_mnt00001
    vgcreate FC5_log_mnt00002 /dev/mapper/hana-FC5_log_mnt00002 /dev/mapper/hana-FC5_log2_mnt00002
  3. データパーティションとログパーティションごとに論理ボリュームを作成します。ストライプサイズはボリュームグループあたりの LUN の使用数(例 2 )と同じで、データの場合は 256K のストライプサイズ、ログの場合は 64k を使用します。SAP では、ボリュームグループごとに 1 つの論理ボリュームのみがサポートされます。

    lvcreate --extents 100%FREE -i 2 -I 256k --name vol FC5_data_mnt00001
    lvcreate --extents 100%FREE -i 2 -I 256k --name vol FC5_data_mnt00002
    lvcreate --extents 100%FREE -i 2 -I 64k --name vol FC5_log_mnt00002
    lvcreate --extents 100%FREE -i 2 -I 64k --name vol FC5_log_mnt00001
  4. その他すべてのホストで、物理ボリューム、ボリュームグループ、およびボリュームグループをスキャンします。

    modprobe dm_mod
    pvscan
    vgscan
    lvscan
    注記 上記のコマンドを実行してもボリュームが見つからない場合は、再起動する必要があります。
  5. 論理ボリュームをマウントするには、論理ボリュームをアクティブ化する必要があります。ボリュームをアクティブ化するには、次のコマンドを実行します。

    vgchange -a y 

ファイルシステムの作成

HANA システムに属する各 LUN で XFS ファイルシステムを作成するには、次のいずれかを実行します。

  • シングル・ホスト・システムの場合は、データ、ログ、および「 /hana/shared 」 LUN に XFS ファイル・システムを作成します。

stlrx300s8-6:/ # mkfs.xfs /dev/mapper/hana-SS3_data_mnt00001
stlrx300s8-6:/ # mkfs.xfs /dev/mapper/hana-SS3_log_mnt00001
stlrx300s8-6:/ # mkfs.xfs /dev/mapper/hana-SS3_shared
  • マルチホストシステムの場合は、すべてのデータ LUN とログ LUN に XFS ファイルシステムを作成してください。

stlrx300s8-6:~ # mkfs.xfs /dev/mapper/hana-SS3_log_mnt00001
stlrx300s8-6:~ # mkfs.xfs /dev/mapper/hana-SS3_log_mnt00002
stlrx300s8-6:~ # mkfs.xfs /dev/mapper/hana-SS3_data_mnt00001
stlrx300s8-6:~ # mkfs.xfs /dev/mapper/hana-SS3_data_mnt00002
  • LVM を使用している場合は、すべてのデータ論理ボリュームとログ論理ボリュームに XFS ファイルシステムを作成します。

mkfs.xfs FC5_data_mnt00001-vol
mkfs.xfs FC5_data_mnt00002-vol
mkfs.xfs FC5_log_mnt00001-vol
mkfs.xfs FC5_log_mnt00002-vol
注記 複数ホストのコマンド例には、 2+1 のマルチホスト HANA システムが示されています。

マウントポイントを作成する

必要なマウントポイントディレクトリを作成するには、次のいずれかの操作を行います。

  • シングルホストシステムの場合は、権限を設定し、データベースホストにマウントポイントを作成します。

stlrx300s8-6:/ # mkdir -p /hana/data/SS3/mnt00001
stlrx300s8-6:/ # mkdir -p /hana/log/SS3/mnt00001
stlrx300s8-6:/ # mkdir -p /hana/shared

stlrx300s8-6:/ # chmod –R 777 /hana/log/SS3
stlrx300s8-6:/ # chmod –R 777 /hana/data/SS3
stlrx300s8-6:/ # chmod 777 /hana/shared
  • マルチホストシステムの場合は、権限を設定し、すべてのワーカーホストとスタンバイホストにマウントポイントを作成します。

注記 以下のコマンド例は、 2+1 のマルチホスト HANA システムを示しています。
stlrx300s8-6:/ # mkdir -p /hana/data/SS3/mnt00001
stlrx300s8-6:/ # mkdir -p /hana/log/SS3/mnt00001
stlrx300s8-6:/ # mkdir -p /hana/data/SS3/mnt00002
stlrx300s8-6:/ # mkdir -p /hana/log/SS3/mnt00002
stlrx300s8-6:/ # mkdir -p /hana/shared

stlrx300s8-6:/ # chmod –R 777 /hana/log/SS3
stlrx300s8-6:/ # chmod –R 777 /hana/data/SS3
stlrx300s8-6:/ # chmod 777 /hana/shared
注記 Linux LVM を使用したシステム構成の場合も、同じ手順を実行する必要があります。

ファイルシステムをマウント

/etc/fstab 構成ファイルを使用してシステムのブート中にファイル・システムをマウントするには ' 次の手順を実行します

  1. 次のいずれかを実行します。

    • シングル・ホスト・システムの場合は ' 必要なファイル・システムを /etc/fstab 構成ファイルに追加します

      注記 データとログ LUN の XFS ファイルシステムは 'relatim' および inode64' マウントオプションを使用してマウントする必要があります
      stlrx300s8-6:/ # cat /etc/fstab
      /dev/mapper/hana-SS3_shared /hana/shared xfs defaults 0 0
      /dev/mapper/hana-SS3_log_mnt00001 /hana/log/SS3/mnt00001 xfs relatime,inode64 0 0
      /dev/mapper/hana-SS3_data_mnt00001 /hana/data/SS3/mnt00001 xfs relatime,inode64 0 0

      LVM を使用する場合は、データとログの論理ボリューム名を使用します。

      # cat /etc/fstab
      /dev/mapper/hana-FC5_shared /hana/shared xfs defaults 0 0
      /dev/mapper/FC5_log_mnt00001-vol /hana/log/FC5/mnt00001 xfs relatime,inode64 0 0
      /dev/mapper/FC5_data_mnt00001-vol /hana/data/FC5/mnt00001 xfs relatime,inode64 0 0
    • マルチ・ホスト・システムの場合は '/hana/shared ファイル・システムを ' 各ホストの /etc/fstab 構成ファイルに追加します

      注記 すべてのデータファイルシステムとログファイルシステムは、 SAP HANA ストレージコネクタを使用してマウントされます。
    stlrx300s8-6:/ # cat /etc/fstab
    <storage-ip>:/hana_shared /hana/shared nfs rw,vers=3,hard,timeo=600,intr,noatime,nolock 0 0
  2. ファイルシステムをマウントするには、各ホストで「 mount – a 」コマンドを実行します。