日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージのサイジング

寄稿者

次のセクションでは、 SAP HANA 用のストレージシステムのサイジングに関するパフォーマンスと容量に関する考慮事項の概要を説明します。

注記 ストレージのサイジングプロセスをサポートし、適切なサイズのストレージ環境を構築するには、ネットアップまたはネットアップパートナーの営業担当者にお問い合わせください。

パフォーマンスに関する考慮事項

SAP では、ストレージ KPI の静的なセットが定義されています。これらの KPI は、データベースホストのメモリサイズや SAP HANA データベースを使用するアプリケーションに関係なく、すべての SAP HANA 本番環境に対して有効です。これらの KPI は、シングルホスト環境、マルチホスト環境、 Business Suite on HANA 環境、 Business Warehouse on HANA 環境、 S/4HANA 環境、および BW/4HANA 環境で有効です。したがって、現在のパフォーマンスサイジングアプローチは、ストレージシステムに接続されているアクティブな SAP HANA ホストの数にのみ依存します。

注記 ストレージパフォーマンス KPI は、本番用 SAP HANA システムにのみ必要です。

SAP はパフォーマンステストツールを提供します。このツールは、ストレージに接続されたアクティブな SAP HANA ホストのストレージパフォーマンスを検証するために使用する必要があります。

ネットアップは、特定のストレージモデルに接続できる SAP HANA ホストの最大数をテストして事前に定義しました。さらに、本番環境ベースの SAP HANA システムに必要なストレージ KPI を実現しています。

注記 認定 FAS 製品ファミリーのストレージコントローラは、ネットアップがサポートし、 SAP HANA TDI パフォーマンス KPI を達成していれば、他のディスクタイプやディスクバックエンドソリューションと SAP HANA の両方に使用することもできます。たとえば、 NetApp Storage Encryption ( NSE )や NetApp FlexArray テクノロジなどです。

本ドキュメントでは、 SAS ハードディスクドライブおよびソリッドステートドライブのディスクサイジングについて説明します。

ハードディスクドライブ

SAP のストレージパフォーマンス KPI を実現するには、 SAP HANA ノードごとに 10 本以上のデータディスク( 10k rpm SAS )が必要です。

注記 この計算は、使用するストレージコントローラとディスクシェルフには依存しません。

ソリッドステートドライブ

ソリッドステートドライブ( SSD )の場合、データディスクの数は、ストレージコントローラから SSD シェルフへの SAS 接続スループットによって決まります。

ディスクシェルフで実行できる SAP HANA ホストの最大数と、 SAP HANA ホストごとに必要な SSD の最小数は、 SAP パフォーマンステストツールを実行して決定されています。

  • SSD を 24 本搭載した 12Gb SAS ディスクシェルフ( DS224C )は、ディスクシェルフが 12Gb に接続される場合、最大 14 台の SAP HANA ホストをサポートします。

  • SSD を 24 本搭載した 6Gb SAS ディスクシェルフ( DS2246 )は、最大 4 台の SAP HANA ホストをサポートします。

SSD と SAP HANA ホストは、両方のストレージコントローラ間で均等に分散する必要があります。

次の表に、ディスクシェルフごとにサポートされる SAP HANA ホストの数を示します。

24 本の SSD をフル搭載した 6Gb SAS シェルフ( DS2246 12Gb SAS シェルフ( DS224C )には 24 本の SSD がフル搭載されています

ディスクシェルフあたりの SAP HANA ホストの最大数

4.

14

注記 この計算は、使用しているストレージコントローラには依存しません。ディスクシェルフを追加しても、ストレージコントローラでサポートできる SAP HANA ホストの最大数は増加しません。

混在ワークロード

SAP HANA とその他のアプリケーションワークロードを、同じストレージコントローラ上または同じストレージアグリゲート内で実行することはできません。ただし、ネットアップのベストプラクティスとして、 SAP HANA ワークロードを他のすべてのアプリケーションワークロードから分離することを推奨します。

SAP HANA ワークロードとその他のアプリケーションワークロードを、同じストレージコントローラまたは同じアグリゲートに導入することもできます。その場合は、混在ワークロード環境内の SAP HANA に対して十分なパフォーマンスが常に確保されていることを確認する必要があります。また、 Quality of Service ( QoS ;サービス品質)パラメータを使用して、 SAP HANA アプリケーションに対する他のアプリケーションの影響を制御することも推奨します。

SAP HCMT テストツールを使用して、他のワークロードにすでに使用されているストレージコントローラで追加の SAP HANA ホストを実行できるかどうかを確認する必要があります。ただし、 SAP アプリケーションサーバは、 SAP HANA データベースと同じストレージコントローラおよびアグリゲートに安全に配置できます。

容量に関する考慮事項

SAP HANA の容量要件の詳細な概要については、を参照してください "SAP HANA のストレージ要件" ホワイトペーパー。

注記 複数の SAP HANA システムで構成される SAP 環境全体の容量サイジングは、ネットアップの SAP HANA ストレージサイジングツールを使用して決定する必要があります。ストレージのサイジングプロセスを検証し、適切なサイズのストレージ環境を構築するには、ネットアップまたはネットアップパートナーの営業担当者にお問い合わせください。

パフォーマンステストツールの設定

SAP HANA 1.0 SPS10 以降、 I/O 動作を調整し、使用中のファイルシステムとストレージシステムのデータベースを最適化するためのパラメータが導入されています。SAP のテストツールを使用してストレージパフォーマンスをテストする場合は、 SAP のパフォーマンステストツール( fsperf )にもこれらのパラメータを設定する必要があります。

ネットアップは、最適な値を定義するためにパフォーマンステストを実施しました。次の表に、 SAP テストツールの構成ファイルで設定する必要があるパラメータを示します。

パラメータ 価値

max_parallel _io_requests と入力します

128

async _read_submit

オン

async : write_submit_active

オン

async_write_submit_bblocks

すべて

SAP テストツールの設定の詳細については、を参照してください "SAP ノート 1943937" HWCCT ( SAP HANA 1.0 )および HCMT/HCOT 用( SAP HANA 2.0 )。

次の例は、 HCMT/HCOT 実行プランに変数を設定する方法を示しています。

…{
         "Comment": "Log Volume: Controls whether read requests are submitted asynchronously, default is 'on'",
         "Name": "LogAsyncReadSubmit",
         "Value": "on",
         "Request": "false"
      },
      {
         "Comment": "Data Volume: Controls whether read requests are submitted asynchronously, default is 'on'",
         "Name": "DataAsyncReadSubmit",
         "Value": "on",
         "Request": "false"
      },
      {
         "Comment": "Log Volume: Controls whether write requests can be submitted asynchronously",
         "Name": "LogAsyncWriteSubmitActive",
         "Value": "on",
         "Request": "false"
      },
      {
         "Comment": "Data Volume: Controls whether write requests can be submitted asynchronously",
         "Name": "DataAsyncWriteSubmitActive",
         "Value": "on",
         "Request": "false"
      },
      {
         "Comment": "Log Volume: Controls which blocks are written asynchronously. Only relevant if AsyncWriteSubmitActive is 'on' or 'auto' and file system is flagged as requiring asynchronous write submits",
         "Name": "LogAsyncWriteSubmitBlocks",
         "Value": "all",
         "Request": "false"
      },
      {
         "Comment": "Data Volume: Controls which blocks are written asynchronously. Only relevant if AsyncWriteSubmitActive is 'on' or 'auto' and file system is flagged as requiring asynchronous write submits",
         "Name": "DataAsyncWriteSubmitBlocks",
         "Value": "all",
         "Request": "false"
      },
      {
         "Comment": "Log Volume: Maximum number of parallel I/O requests per completion queue",
         "Name": "LogExtMaxParallelIoRequests",
         "Value": "128",
         "Request": "false"
      },
      {
         "Comment": "Data Volume: Maximum number of parallel I/O requests per completion queue",
         "Name": "DataExtMaxParallelIoRequests",
         "Value": "128",
         "Request": "false"
      }, …

これらの変数はテスト構成に使用する必要があります。これは通常、 SAP が HCMT/HCOT ツールを使用して提供する事前定義された実行計画の場合です。次に、 4k ログの書き込みテストの例を示します。

…
      {
         "ID": "D664D001-933D-41DE-A904F304AEB67906",
         "Note": "File System Write Test",
         "ExecutionVariants": [
            {
               "ScaleOut": {
                  "Port": "${RemotePort}",
                  "Hosts": "${Hosts}",
                  "ConcurrentExecution": "${FSConcurrentExecution}"
               },
               "RepeatCount": "${TestRepeatCount}",
               "Description": "4K Block, Log Volume 5GB, Overwrite",
               "Hint": "Log",
               "InputVector": {
                  "BlockSize": 4096,
                  "DirectoryName": "${LogVolume}",
                  "FileOverwrite": true,
                  "FileSize": 5368709120,
                  "RandomAccess": false,
                  "RandomData": true,
                  "AsyncReadSubmit": "${LogAsyncReadSubmit}",
                  "AsyncWriteSubmitActive": "${LogAsyncWriteSubmitActive}",
                  "AsyncWriteSubmitBlocks": "${LogAsyncWriteSubmitBlocks}",
                  "ExtMaxParallelIoRequests": "${LogExtMaxParallelIoRequests}",
                  "ExtMaxSubmitBatchSize": "${LogExtMaxSubmitBatchSize}",
                  "ExtMinSubmitBatchSize": "${LogExtMinSubmitBatchSize}",
                  "ExtNumCompletionQueues": "${LogExtNumCompletionQueues}",
                  "ExtNumSubmitQueues": "${LogExtNumSubmitQueues}",
                  "ExtSizeKernelIoQueue": "${ExtSizeKernelIoQueue}"
               }
            }, …

ストレージサイジングプロセスの概要

各ストレージモデルの HANA ホストあたりのディスク数と SAP HANA ホストの密度は、 SAP HANA テストツールで決定されています。

サイジングプロセスでは、本番用および非本番用の SAP HANA ホストの数、各ホストの RAM サイズ、ストレージベースの Snapshot コピーのバックアップ保持期間などの詳細が必要です。SAP HANA ホストの数によって、必要なストレージコントローラとディスクの数が決まります。

RAM のサイズ、各 SAP HANA ホストのディスク上の正味データサイズ、および Snapshot コピーのバックアップ保持期間は、容量サイジングの際に入力として使用されます。

次の図に、サイジングプロセスの概要を示します。

エラー:グラフィックイメージがありません