日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

設定をテストします

寄稿者

次の図に、テスト構成を示します。NetApp AFF C190 ストレージシステムと、 Lenovo ThinkSystem SE350 サーバを 2 台(それぞれ NVIDIA T4 アクセラレータを 1 台搭載)使用しました。これらのコンポーネントは、 10GbE ネットワークスイッチを介して接続されます。ネットワークストレージには、検証 / テスト用のデータセットと事前トレーニング済みのモデルが格納されます。サーバはコンピューティング機能を提供し、ストレージに NFS プロトコル経由でアクセスします。

このセクションでは、テスト構成、ネットワークインフラストラクチャ、 SE350 サーバ、およびストレージプロビジョニングの詳細について説明します。次の表に、解決策アーキテクチャの基本コンポーネントを示します。

解決策コンポーネント 詳細

Lenovo ThinkSystem サーバ

  • SE350 サーバ x 2 (それぞれ NVIDIA T4 GPU カード 1 枚)

  • 各サーバには Intel Xeon D-2123IT CPU が 1 つ搭載され、物理コアは 2.20GHz と 128GB の RAM で動作します

エントリレベルの NetApp AFF ストレージシステム( HA ペア)

  • NetApp ONTAP 9 ソフトウェア

  • 960GB SSD × 24

  • NFS プロトコル

  • コントローラごとに 1 つのインターフェイスグループ。マウントポイント用に 4 つの論理 IP アドレスが割り当てられます

エラー:グラフィックイメージがありません

次の表に、 AFF C190 と 2RU 、 24 ドライブスロットのストレージ構成を示します。

コントローラ アグリゲート FlexGroup ボリューム Aggregatesize を実行します ボリュームサイズ オペレーティングシステムのマウントポイント

コントローラ 1

aggr1

/netappleenov_AI_fg

8.42TiB

15TB

/NetApp_Lenovo _ fg

コントローラ 2

aggr2

8.42TiB

/netappLenovo_AI_fg フォルダには、モデルの検証に使用するデータセットが含まれています。

次の図は、テスト構成を示しています。NetApp EF280 ストレージシステムを 2 台、 Lenovo ThinkSystem SE350 サーバを 2 台(それぞれ NVIDIA T4 アクセラレータを 1 台搭載)使用しました。これらのコンポーネントは、 10GbE ネットワークスイッチを介して接続されます。ネットワークストレージには、検証 / テスト用のデータセットと事前トレーニング済みのモデルが格納されます。サーバはコンピューティング機能を提供し、ストレージに NFS プロトコル経由でアクセスします。

次の表に、 EF280 のストレージ構成を示します。

コントローラ ボリュームグループ ボリューム ボリュームサイズ DDPsize 接続方法

コントローラ 1

DDP1

ボリューム 1

8.42TiB

16TB

SE350-1 から iSCSI LUN 0

コントローラ 2

ボリューム 2

8.42TiB

SE350-2 から iSCSI LUN 1 へ

エラー:グラフィックイメージがありません