日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Azure NetApp Files の委譲されたサブネットを作成します

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Azure NetApp Files の委任されたサブネットを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Azure ポータル内の仮想ネットワークに移動します。新しく作成した仮想ネットワークを検索します。「 AKs-vnet 」などのプレフィックスが必要です。

  2. VNet の名前をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  3. [ サブネット ] をクリックし、上部のツールバーの [ サブネット ] をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  4. サブネットに「 ANF 」などの名前を付け、「サブネットの委任」見出しの下にある「 M icrosoft.Netapp/volumes` 」を選択します。他のものは変更しないでください。[OK] をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

Azure NetApp Files ボリュームはアプリケーションクラスタに割り当てられ、 Kubernetes で永続ボリューム要求( PVC )として使用されます。その結果、 Jupyter ノートブック、サーバーレス関数などのさまざまなサービスに柔軟にマップできます。

サービスのユーザは、プラットフォームのストレージをさまざまな方法で消費できます。このテクニカルレポートでは NFS について説明しているため、 Azure NetApp Files の主なメリットは次のとおりです。

  • ユーザに Snapshot コピーを使用できるようにする。

  • ユーザが Azure NetApp Files ボリュームに大量のデータを格納できるようにする。

  • 大容量のファイルセットでモデルを実行する場合、 Azure NetApp Files のパフォーマンスが向上します。