日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Deployment Jump VM と Kubernetes Master をセットアップします ノード VM (手動導入)

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Linux ディストリビューションを実行する Deployment Jump VM は、次の目的で使用されます。

  • Ansible プレイブックを使用した ONTAP Select の導入

  • NVIDIA DeepOps と GPU Operator を使用した Kubernetes インフラの導入

  • NetApp Trident のインストールと設定

Linux を実行する残りの 3 つの VM がセットアップされ、この解決策ではこれらの VM が Kubernetes マスターノードとして設定されます。

この解決策環境では、 Ubuntu 18.04.4 LTS が使用されています。

  1. Ubuntu 18.04.4 LTS VM と VMware ツールを導入します

    セクションで説明する手順の概要を参照してください "Ubuntu 18.04.4 LTS をインストールします"

  2. VM のインバンド管理ネットワークを設定します。次のサンプル netplan テンプレートを参照してください。

    # This file describes the network interfaces available on your system
    # For more information, see netplan(5).
    network:
      version: 2
      renderer: networkd
      ethernets:
        ens160:
          dhcp4: false
          addresses: [ipv4_address/subnet]
          routes:
          - to: 0.0.0.0/0
            via: 172.21.232.111
            metric: 100
            table: 3488
          routing-policy:
          - from: 0.0.0.0/0
            priority: 32768
            table: 3488
          nameservers:
            addresses: [nameserver_ip]
            search: [ search_domain ]
          mtu: 1500

    このテンプレートは、ネットワークをセットアップする唯一の方法ではありません。他の方法も自由に使用できます。

  3. netplan を適用します。

    sudo netplan –-debug apply
  4. Network Manager が実行されている場合は、停止して無効にします。

    systemctl stop NetworkManager
    systemctl disable NetworkManager
  5. VI エディタを開き '/etc/iproute2/RT_tables' にテーブルエントリを追加します

    #
    # reserved values
    #
    255     local
    254     main
    253     default
    0       unspec
    #
    # local
    #
    #1      inr.ruhep
    101     3488
  6. DNS に VM のホストレコードを追加します。

  7. アウトバウンドのインターネットアクセスを確認します。

  8. システムをアップデートします。

    sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade
  9. システムをリブートします。

  10. 手順 1~9 を繰り返して、残りの 3 つの VM をセットアップします。