日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Kubernetes クラスタを設定しています

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

このセクションは、クラウドとオンプレミスのそれぞれの導入について、 2 つの部分に分かれています。

Cloud Deployment Kubernetes Configuration を参照してください

NetApp Cloud Manager を使用して、イグアス Kubernetes クラスタへの接続を定義できます。Trident では、ボリュームを使用できるようにするために、クラスタ内の複数のリソースにアクセスする必要があります。

  1. アクセスを有効にするには、 1 つの Iguazio ノードから Kubernetes 構成ファイルを取得します。ファイルは、「 /home/Iguazio/.kube/config. 」の下にあります このファイルをデスクトップにダウンロードします。

  2. 設定するクラスタの検出に進みます。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  3. Kubernetes 構成ファイルをアップロードします。次の図を参照してください。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  4. Trident を導入し、ボリュームをクラスタに関連付けます。Iguazio クラスタへの持続ボリュームの定義と割り当てについては、次の図を参照してください。このプロセスにより、 Iguazio の Kubernetes クラスタに永続ボリューム( PV )が作成されます。使用する前に、永続的ボリューム要求( PVC )を定義する必要があります。

エラー:グラフィックイメージがありません

オンプレミス導入の Kubernetes 構成

NetApp Trident のオンプレミスインストールについては、を参照してください "TR-4798" を参照してください。Kubernetes クラスタを設定して NetApp Trident をインストールしたら、 Trident を Iguazio クラスタに接続して、データやモデルの Snapshot コピーの作成などのネットアップのデータ管理機能を利用できます。