日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

GitHub からコードを取得します

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

これで、 Iguazio クラスタおよび開発者環境で NetApp Cloud Volume または NetApp Trident ボリュームを使用できるようになりました。アプリケーションの確認を開始できます。

ユーザは独自のワークスペース(ディレクトリ)を持ちます。すべてのノートブックで ' ユーザー・ディレクトリへのパスは '/User' ですIguazio プラットフォームは、ディレクトリを管理します。上記の手順に従った場合、 NetApp Cloud ボリュームは「 /NetApp 」ディレクトリにあります。

Jupyter 端子を使用して GitHub からコードを取得します。

エラー:グラフィックイメージがありません

Jupyter ターミナルのプロンプトで、プロジェクトのクローンを作成します。

cd /User
git clone .

Jupyter ワークスペースのファイルツリーには、「 NetOps - NetApp 」フォルダが表示されます。