日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ソフトウェアとハードウェアの要件

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ネットワーク構成:

クラウドにセットアップするためのネットワーク構成の要件は次のとおりです。

  • Iguazio クラスタと NetApp Cloud Volume は、同じ仮想プライベートクラウドに存在する必要があります。

  • クラウドマネージャは、 Iguazio アプリノードのポート 443 にアクセスできる必要があります。

  • 本テクニカルレポートでは Amazon Web Services を使用しました。ただし、任意のクラウドプロバイダに解決策を導入することもできます。 ONTAP AI で NVIDIA DGX-1 を使用したオンプレミステストの場合は、便宜のために Iguazio ホスト DNS サービスを使用しました。

クライアントは、動的に作成される DNS ドメインにアクセスできる必要があります。お客様は必要に応じて独自の DNS を使用できます。

ハードウェア要件

イグアスは、ご使用のクラスタにオンプレミスでインストールできます。ネットアップでは、 NVIDIA DGX-1 システムで NetApp ONTAP AI の解決策を検証しました。次の表に、この解決策のテストに使用したハードウェアを示します。

ハードウェア 数量

DGX-1 システム

1.

NetApp AFF A800 システム

ハイアベイラビリティ( HA )ペア × 1 、コントローラ × 2 、 NVMe SSD × 48 ( 3.8TB 以上)

Cisco Nexus 3232C ネットワークスイッチ

2.

次の表に、オンプレミステストに必要なソフトウェアコンポーネントを示します。

ソフトウェア バージョンまたはその他の情報

NetApp ONTAP データ管理ソフトウェア

9.7

Cisco NX-OS スイッチのファームウェア

7.0 ( 3 ) I6 ( 1 )

NVIDIA DGX OS

4.4 - Ubuntu 18.04 LTS

Docker コンテナプラットフォーム

19.03.5

コンテナバージョン

20.01-tF1 - py2

機械学習フレームワーク

TensorFlow 1.15.0

イグアテオ

バージョン 2.8 以降

ESX サーバ

6.5

この解決策は、 Iguazio バージョン 2.5 および NetApp Cloud Volumes ONTAP for AWS で完全にテストされています。Iguazio クラスタとネットアップのソフトウェアは、どちらも AWS で実行されています。

ソフトウェア [ バージョン ] または [ タイプ ]

イグアテオ

バージョン 2.8 以降

アプリケーションノード

m5.mc

データノード

I3.と は、および