日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

WP-7337 :『 Anthos on Bare Metal 』

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ネットアップ、 Alan Cowles 氏と Nikhil M Kulkarni 氏

ネットアップと Google Cloud は数年前から強力な関係を築いてきました。ネットアップは最初に、 Cloud Volumes ONTAP と Cloud Volumes Service を使用して Google Cloud 向けのクラウドデータサービスを導入しました。この関係をさらに強化するために、解決策プラットフォームをオンプレミスの Google Cloud Anthos で使用できるようになりました。オンプレミス環境は、ハイパーバイザーベースのハイブリッドマルチクラウド Kubernetes NetApp HCI を VMware vSphere 上に導入した環境です。次にネットアップは、 NetApp Trident 、 ONTAP 、 NFS プロトコル向け Anthos Ready 認定を受けて、コンテナ向けの動的な永続的ストレージを提供しています。

Anthos は、お客様の環境のベアメタルサーバに直接インストールできるようになりました。これにより、お客様はハイパーバイザを使用せずに Google Cloud をローカルデータセンターに拡張することができます。さらに、 NetApp ONTAP ストレージオペレーティングシステムと NetApp Trident の機能を活用すれば、コンテナ向けの永続的ストレージを統合することで、プラットフォームの機能を拡張できます。

この組み合わせにより、 Google Cloud が提供するサポート、サービスレベル、月額課金、オンデマンドの柔軟性と組み合わせることで、サーバ、ストレージ、ネットワークの潜在的な可能性を最大限に引き出すことができます。独自のハードウェア、ネットワーク、ストレージを使用しているため、アプリケーションの規模、セキュリティ、ネットワークのレイテンシを直接制御でき、管理対象アプリケーションとコンテナ化されたアプリケーションをベアメタルの Anthos で利用できます。