日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットアップストレージの概要

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ネットアップには、 Red Hat OpenShift に導入されたアプリケーション用のストレージをプロビジョニングするための、ネットアップの Astra Trident ストレージオーケストレーションツールで認定されているストレージプラットフォームが複数あります。

エラー:グラフィックイメージがありません

  • AFF システムと FAS システムは、 NetApp ONTAP を実行し、ファイルベース( NFS )とブロックベース( iSCSI )の両方のユースケースにストレージを提供します。

  • Cloud Volumes ONTAP と ONTAP Select は、それぞれクラウドと仮想スペースに同じメリットをもたらします。

  • NetApp Cloud Volumes Service ( AWS / GCP )と Azure NetApp Files は、クラウドでファイルベースのストレージを提供します。

  • NetApp Element ストレージシステムは、拡張性に優れた環境でブロックベース( iSCSI )のユースケースに対応します。

注記 ネットアップのポートフォリオに含まれる各ストレージシステムでは、オンプレミスサイトとクラウド間でのデータ管理と移動の両方を容易に行えるため、データがアプリケーションの配置場所にあることを保証できます。

以下のページでは、 Red Hat OpenShift with NetApp 解決策で検証されたネットアップストレージシステムに関する追加情報について説明します。