日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

1. ストレージネットワーク VLAN の作成: RHV 上の Red Hat OpenShift 用 NetApp HCI

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ストレージネットワーク VLAN を作成するには、次の手順を実行します。

NetApp Trident で Element ストレージアクセスをサポートし、 OpenShift で導入されたポッドに永続ボリュームを接続するためには、 OCP 環境の各ワーカーが使用するマシンネットワークがストレージリソースにアクセスできる必要があります。マシンのネットワークが Element ストレージネットワークにデフォルトでアクセスできない場合は、 Element クラスタにネットワーク / VLAN を追加で作成してアクセスを許可できます。

  1. 任意のブラウザを使用して、クラスタの MVIP で Element クラスタにログインします。

  2. クラスタ > ネットワークと進み、 VLAN の作成をクリックします。

  3. 詳細を入力する前に、 OCP ネットワークから到達できるネットワーク(仮想ネットワークストレージ VIP 用と各ストレージノードの仮想ネットワーク IP 用に 1 つ)から少なくとも 5 つの IP アドレスを予約してください。

    任意の VLAN 名を入力し、 VLAN ID 、 SVIP 、およびネットマスクを入力し、 Enable VRF オプションを選択して、ネットワークのゲートウェイ IP を入力します。IP アドレスブロックに、ストレージノード用に予約されている他のアドレスの開始 IP を入力します。この例では、このクラスタに 4 つのストレージノードがあるため、サイズは 4 です。Create VLAN をクリックします。

エラー:グラフィックイメージがありません