日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

6. OpenShift Container Platform のインストール: RHV に Red Hat OpenShift 用 NetApp HCI

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

OpenShift Container Platform をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. OpenShift インストール用のディレクトリを作成し、ダウンロードしたファイルをそのディレクトリに転送します。tar アーカイブから OpenShift インストーラファイルを展開します。

    [user@rhel7 ~]$ mkdir openshift-deploy
    [user@rhel7 ~]$ cd openshift-deploy
    [user@rhel7 openshift-deploy]$ tar xvf openshift-install-linux.tar.gz
    README.md
    openshift-install
    [user@rhel7 openshift-deploy]$ ls -la
    total 453260
    drwxr-xr-x.  2 user user       146 May 26 16:01 .
    dr-xr-x---. 16 user user      4096 May 26 15:58 ..
    -rw-r--r--.  1 user user  25249648 May 26 15:59 openshift-client-linux.tar.gz
    -rwxr-xr-x.  1 user user 354664448 Apr 27 01:37 openshift-install
    -rw-r--r--.  1 user user  84207215 May 26 16:00 openshift-install-linux.tar.gz
    -rw-r--r--.  1 user user      2736 May 26 15:59 pull-secret.txt
    -rw-r--r--.  1 user user       706 Apr 27 01:37 README.md
    注記 インストールプログラムは、クラスタのインストールに使用するディレクトリに複数のファイルを作成します。インストールプログラムとインストールプログラムによって作成されたファイルは、クラスタが起動した後も保持しておく必要があります。
    注記 以前にダウンロードしたバイナリ・ファイル(「 OpenShift -install 」や「 OC 」など)は、ユーザのパスにあるディレクトリ(「 /usr/local/bin 」など)にコピーして、実行しやすくすることができます。
  2. 「 OpenShift -install create cluster 」コマンドを実行してクラスタを作成し、インストールプログラムのプロンプトに応答します。SSH 公開鍵を渡し、プラットフォームから ovirt を選択して、 RHV インフラストラクチャの詳細を入力し、 3 つの予約済み IP アドレスとダウンロードしたプルシークレットをインストールプログラムのプロンプトに入力します。すべての入力が提供されると、インストールプログラムは、ブートストラップマシンを一時的な Kubernetes コントロールプレーンで作成および構成します。このコントロールプレーンは、本番 Kubernetes コントロールプレーンを使用してマスター VM を作成および構成します。マスターノード上のコントロールプレーンが、ワーカー VM を作成して設定します。

    クラスタ全体の運用が開始されるまでに 30~45 分程度かかる場合があります。

    [user@rhel7 openshift-deploy]$ ./openshift-install create cluster --dir=/home/user/openshift-deploy --log-level=info                    ? SSH Public Key /home/user/.ssh/id_rsa.pub
    ? Platform ovirt
    ? oVirt cluster Default
    ? oVirt storage domain data_domain
    ? oVirt network ovirtmgmt
    ? Internal API virtual IP 10.63. 172.151
    ? Internal DNS virtual IP 10.63. 172.153
    ? Ingress virtual IP 10.63. 172.152
    ? Base Domain cie.netapp.com
    ? Cluster Name rhv-ocp-cluster
    ? Pull Secret [? for help] ********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************
    INFO Obtaining RHCOS image file from 'https://releases-art-rhcos.svc.ci.openshift.org/art/storage/releases/rhcos-4.4/44.81.202004250133-0/x86_64/rhcos-44.81.202004250133-0-openstack.x86_64.qcow2.gz?sha256=f8a44e0ea8cc45882dc22eb632a63afb90b414839b8aa92f3836ede001dfe9cf'
    INFO The file was found in cache: /home/user/.cache/openshift-installer/image_cache/e263efbc53c0caf612bcfaad10e3dff0. Reusing...
    INFO Creating infrastructure resources...
    INFO Waiting up to 20m0s for the Kubernetes API at https://api.rhv-ocp-cluster.cie.netapp.com:6443...
    INFO API v1.17.1 up
    INFO Waiting up to 40m0s for bootstrapping to complete...
    INFO Destroying the bootstrap resources...
    INFO Waiting up to 30m0s for the cluster at https://api.rhv-ocp-cluster.cie.netapp.com:6443 to initialize...
    INFO Waiting up to 10m0s for the openshift-console route to be created...
    INFO Install complete!
    INFO To access the cluster as the system:admin user when using 'oc', run 'export KUBECONFIG=/home/user/openshift-deploy/auth/kubeconfig'
    INFO Access the OpenShift web-console here: https://console-openshift-console.apps.rhv-ocp-cluster.cie.netapp.com
    INFO Login to the console with user: kubeadmin, password: NtsqU-p3qUb-8Hscu-JfAq7
  3. クラスタの導入が完了すると、 Web コンソールへのリンクや kubeadmin ユーザのクレデンシャルなど、 OpenShift クラスタにアクセスするための指示が表示されます。これらの詳細は必ずメモしてください。

  4. RHV マネージャにログインし、 OCP クラスタに関連する VM が稼働中であることを確認します。

エラー:グラフィックイメージがありません