日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

7. アクセスコンソール /Web コンソール: RHV 上での Red Hat OpenShift 用 NetApp HCI

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

コンソールまたは Web コンソールにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. CLI を使用して OCP クラスタにアクセスするには 'OC' コマンドラインツール tar ファイルを展開し ' その内容をユーザーのパスにあるディレクトリに配置します

    [user@rhel7 openshift-deploy]$ tar xvf openshift-client-linux.tar.gz
    README.md
    oc
    kubectl
    [user@rhel7 openshift-deploy]$ echo $PATH
    /usr/local/bin: /usr/local/sbin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
    
    [user@rhel7 openshift-deploy]$ cp oc /usr/local/bin
  2. CLI を使用してクラスタを操作するには、インストールプログラムを起動したフォルダ内の「 /auth 」ディレクトリにある IPI プロセスが提供する「 kubeconfig 」ファイルを使用します。クラスタを簡単に操作するには、ディレクトリに作成されたファイルをエクスポートします。クラスタの導入が完了すると、ファイルの場所と次のコマンドが表示されます。

    [user@rhel7 openshift-deploy]$ export KUBECONFIG=/home/user/openshift-deploy/auth/kubeconfig
  3. クラスタへのアクセス権があるかどうか、およびノードが準備完了状態であるかどうかを確認します。

    [user@rhel7 openshift-deploy]$ oc get nodes
    NAME                                   STATUS   ROLES    AGE   VERSION
    rhv-ocp-cluster-hdr7k-master-0         Ready    master   93m   v1.17.1
    rhv-ocp-cluster-hdr7k-master-1         Ready    master   93m   v1.17.1
    rhv-ocp-cluster-hdr7k-master-2         Ready    master   93m   v1.17.1
    rhv-ocp-cluster-hdr7k-worker-0-ghskz   Ready    worker   83m   v1.17.1
    rhv-ocp-cluster-hdr7k-worker-0-xdl99   Ready    worker   86m   v1.17.1
    rhv-ocp-cluster-hdr7k-worker-0-zkxmt   Ready    worker   85m   v1.17.1
  4. クラスタの導入の完了時に指定したクレデンシャルを使用して Web コンソール URL にログインし、 GUI によるクラスタへのアクセスを確認します。

エラー:グラフィックイメージがありません