日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

8. ストレージサービスを実行するようにワーカーノードを設定します。 RHV 上で Red Hat OpenShift を使用する NetApp HCI

寄稿者 kevin-hoke このページの PDF をダウンロード

ワーカーノードでストレージサービスを実行するように設定するには、次の手順を実行します。

  1. Element システムからストレージにアクセスするには、ワーカーノードごとに iSCSI を利用してサービスとして実行する必要があります。iscisd サービスを有効にして開始できるマシン設定を作成するには、 OCP Web コンソールにログインして、 [ 計算 ] > [ マシン構成 ] の順に選択し、 [ マシン構成の作成 ] をクリックします。YAML ファイルを貼り付けて、 [ 作成 ] をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  2. 構成の作成後、約 20~30 分かかり、構成をワーカーノードに適用してリロードします。「 OC GET MCP 」を使用してマシン構成が適用されているかどうかを確認し、ワーカーのマシン構成プールが更新されていることを確認します。また、ワーカーノードにログインして、 iscsid サービスが実行されていることを確認することもできます。

    [user@rhel7 openshift-deploy]$ oc get mcp
    NAME     CONFIG                                    UPDATED   UPDATING   DEGRADED
    master   rendered-master-a520ae930e1d135e0dee7168   True      False      False
    worker   rendered-worker-de321b36eeba62df41feb7bc   True      False      False
    [user@rhel7 openshift-deploy]$ ssh core@10.63. 172.22 sudo systemctl status iscsid
    ● iscsid.service - Open-iSCSI
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/iscsid.service; enabled; vendor preset: disabled)
       Active: active (running) since Tue 2020-05-26 13:36:22 UTC; 3 min ago
         Docs: man:iscsid(8)
               man:iscsiadm(8)
     Main PID: 1242 (iscsid)
       Status: "Ready to process requests"
        Tasks: 1
       Memory: 4.9M
          CPU: 9ms
       CGroup: /system.slice/iscsid.service
               └─1242 /usr/sbin/iscsid -f
注記 また、適切なフラグを指定して「 OC debug 」コマンドを実行することにより、 MachineConfig が正常に適用され、サービスが正常に開始されたことを確認することもできます。