日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

設計上の考慮事項: RHV 上で Red Hat OpenShift を使用する NetApp HCI

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ネットワーク設計

HCI 解決策上の RHV 上の Red Hat OpenShift は、 2 つのデータスイッチを使用して、 25Gbps でプライマリデータ接続を提供します。また、ストレージノードのインバンド管理用に 1Gbps で接続を提供する管理スイッチをさらに 2 台使用し、 IPMI 機能のアウトオブバンド管理も行います。OCP は、クラスタ管理用に RHV 上の論理ネットワークを使用します。このセクションでは、解決策で使用される各仮想ネットワークセグメントの配置と目的について説明し、解決策を導入するための前提条件を概説します。

VLAN の要件

RHV 解決策上の NetApp HCI OpenShift は、仮想ローカルエリアネットワーク( VLAN )を使用して、ネットワークトラフィックを論理的に分離するように設計されています。NetApp HCI には、少なくとも 3 つのネットワークセグメントが必要です。ただし、この構成は、お客様のニーズに合わせて拡張したり、特定のネットワークサービスをさらに分離したりするために拡張できます。次の表に、解決策の実装に必要な VLAN 、および検証済みアーキテクチャの導入で使用される特定の VLAN ID を示します。

VLAN 目的 VLAN ID

アウトオブバンド管理ネットワーク

HCI ノードと IPMI の管理に使用します

16

インバンド管理ネットワーク

HCI ノード、 ovirtmgmt 、 VM の管理

1172

ストレージネットワーク

NetApp Element 用のストレージネットワーク

3343

移行用ネットワーク

仮想ゲスト移行用のネットワーク

3345

ネットワークインフラストラクチャサポートリソース

NetApp HCI 解決策上の Red Hat 仮想化に OpenShift Container Platform ( OCP )を導入する前に、次のインフラを用意する必要があります。

  • インバンド管理ネットワークおよび VM ネットワークからアクセス可能な完全なホスト名解決を提供する DNS サーバが少なくとも 1 台あります。

  • インバンド管理ネットワークおよび VM ネットワークからアクセスできる NTP サーバが少なくとも 1 台必要です。

  • (オプション)インバンド管理ネットワークと VM ネットワークの両方のアウトバウンドインターネット接続。

  • RHV クラスタには、(本番ワークロードの要件に応じて)少なくとも 28 個の vCPU 、 112GB の RAM 、および 840GB の使用可能なストレージが必要です。