日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ワークロードジェネレータを使用したパフォーマンステスト

寄稿者

NetAppストレージ・コントローラ1台のAFF A900を使用して’ワークロードの生成中に5ノードまたは8ノードのブローカ・ノードを使用して階層型ストレージのテストを実施しました今回のテストでは、AFF A900のリソース使用率が100%に達するまで、ブローカーノードの数に合わせて完了までの時間とパフォーマンスの結果が拡張されました。ONTAP ストレージコントローラには、少なくとも1つのHAペアが必要です。

S3読み出し処理のパフォーマンスは、ブローカーノードの数に基づいてリニアに向上しました。ONTAP ストレージコントローラを使用すると、1つの環境で最大12個のHAペアをサポートできます。

次のグラフは、S3の階層化トラフィックと5ノードまたは8ノードのブローカーを組み合わせたものです。AFF A900の単一HAペアのパフォーマンスを最大化しました。

このデータグラフには、S3の階層化トラフィックと5ノードまたは8ノードのブローカーが組み合わされて表示されます。

次のグラフは、Kafkaのスループットを約31.74GBpsで示しています。

このデータグラフは、Kafkaのスループットを約31.74GBpsで示しています。

また、ONTAP ストレージコントローラの「perfstat」レポートでも同様のスループットが確認されました。

object_store_server:wle-mendocino-07-08:get_data:34080805907b/ s
object_store_server:wle-mendocino-07-08:put_data:484236974b/ s