日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Windows SnapCenter サーバをオンプレミスに導入して構成

寄稿者

Windows SnapCenter Serverをオンプレミスに導入

この解決策 では、NetApp SnapCenter を使用して、アプリケーションと整合性のあるSQL Serverデータベースのバックアップを作成します。仮想マシンのVMDKをバックアップするVeeam Backup & Replicationと併用することで、オンプレミスのデータセンターとクラウドベースのデータセンター向けに包括的なディザスタリカバリ解決策 を実現できます。

SnapCenter ソフトウェアはネットアップサポートサイトから入手でき、ドメインまたはワークグループ内にあるMicrosoft Windowsシステムにインストールできます。詳細な計画ガイドとインストール手順については、を参照してください "ネットアップドキュメントセンター"

SnapCenter ソフトウェアは、から入手できます "リンクをクリックしてください"

インストール後、\\ https://Virtual_Cluster_IP_or_FQDN:8146_を使用してWebブラウザからSnapCenter コンソールにアクセスできます。

コンソールにログインしたら、バックアップSQL ServerおよびOracleデータベース用にSnapCenter を設定する必要があります。これには、次の手順を実行します。

  1. アプリケーションデータをホストしているボリュームを含むストレージコントローラを追加します。

  2. SnapCenter でバックアップするホストシステムを追加します。

  3. バックアップパラメータとスケジュールを指定するポリシーを設定します。

  4. バックアップするリソースとバックアップに使用するポリシーを含むリソースグループを設定します。

SnapCenter にストレージコントローラを追加

SnapCenter にストレージコントローラを追加するには、次の手順を実行します。

  1. 左側のメニューから、ストレージシステムを選択し、新規をクリックして、ストレージコントローラをSnapCenter に追加するプロセスを開始します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  2. Add Storage System(ストレージシステムの追加)ダイアログボックスで、ローカルのオンプレミスONTAP クラスタの管理IPアドレス、およびユーザ名とパスワードを追加します。Submitをクリックして、ストレージ・システムの検出を開始します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  3. FSX ONTAP システムをSnapCenter に追加するには、この手順を繰り返します。この場合、Add Storage Systemウィンドウの下部にあるMore Optionsを選択し、Secondaryチェックボックスをオンにして、SnapMirrorコピーまたはプライマリバックアップスナップショットで更新されたセカンダリストレージシステムとしてFSXシステムを指定します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

SnapCenter へのストレージシステムの追加に関する詳細については、のドキュメントを参照してください "リンクをクリックしてください"

SnapCenter にホストを追加します

次の手順では、ホストアプリケーションサーバをSnapCenter に追加します。このプロセスは、SQL ServerとOracleのどちらでもほぼ同じです。

  1. 左側のメニューから、Hostsを選択し、Addをクリックして、SnapCenter にストレージコントローラを追加する処理を開始します。

  2. [Add Hosts]ウィンドウで、ホストタイプ、ホスト名、およびホストシステムの認証情報を追加します。プラグインタイプを選択します。SQL Serverの場合は、Microsoft WindowsとMicrosoft SQL Serverプラグインを選択します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  3. Oracleの場合は、[Add Host]ダイアログボックスの必須フィールドに入力し、Oracle Databaseプラグインのチェックボックスをオンにします。次に、Submitをクリックして検出プロセスを開始し、ホストをSnapCenter に追加します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

SnapCenter ポリシーを作成する

ポリシーを使用すると、バックアップジョブで使用する特定のルールを設定できます。バックアップスケジュール、レプリケーションタイプ、SnapCenter によるトランザクションログのバックアップと切り捨ての処理方法などが含まれますが、これらに限定されません。

ポリシーには、SnapCenter Webクライアントの設定セクションからアクセスできます。

エラー:グラフィックイメージがありません

SQL Serverバックアップのポリシー作成の詳細については、を参照してください "SnapCenter のドキュメント"

Oracleバックアップのポリシー作成の詳細については、を参照してください "SnapCenter のドキュメント"

  • 注: *

  • ポリシー作成ウィザードの進行中は、Replicationセクションに特別な注意をしてください。このセクションでは、バックアッププロセスで作成するセカンダリSnapMirrorコピーのタイプを指定します。

  • 「ローカルSnapshotコピー作成後にSnapMirrorを更新」設定とは、同じクラスタ上にある2台のSVM間にSnapMirror関係が存在する場合に、この関係を更新することを指します。

  • 「ローカルSnapshotコピーの作成後にSnapVault を更新」設定は、2つの別々のクラスタ間、およびオンプレミスのONTAP システムとCloud Volumes ONTAP またはFSxNとの間に存在するSnapMirror関係を更新する場合に使用します。

次の図は、この手順を示しており、バックアップポリシーウィザードでどのように表示されるかを示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

SnapCenter リソースグループを作成します

リソースグループを使用すると、バックアップに含めるデータベースリソースを選択できます。ポリシーは各リソースに適用されます。

  1. 左側のメニューの[Resources]セクションに移動します。

  2. ウィンドウの上部で、使用するリソースタイプ(この場合はMicrosoft SQL Server)を選択し、[新しいリソースグループ]をクリックします。

エラー:グラフィックイメージがありません

SnapCenter のドキュメントでは、SQL ServerデータベースとOracleデータベースの両方について、リソースグループを作成する手順を詳しく説明しています。

SQLリソースのバックアップについては、を参照してください "リンクをクリックしてください"

Oracleリソースのバックアップについては、を参照してください "リンクをクリックしてください"