日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Google Cloud Platform GCVE のネットアップ機能

ネットアップが提供するGoogle Cloud Platform(GCP)Google Cloud Virtualization Engine(GCVE)の機能については、ネットアップがゲスト接続ストレージデバイスまたはネイティブデータストアとして提供するものを参照してください。また、ワークフローの移行、クラウドへの拡張/バースト対応、バックアップ/リストア、ディザスタリカバリにも対応しています。

次のオプションから選択して、目的のコンテンツのセクションに移動します。

GCP での GCVE の設定

オンプレミスと同様に、 VM と移行を作成する本番環境に適したクラウドベースの仮想化環境を計画することが重要です。

このセクションでは、 GCVE のセットアップと管理方法、およびネットアップストレージの接続に使用できるオプションとの組み合わせについて説明します。

注記 Cloud Volume と Cloud Volumes ONTAP サービスを GCVE に接続する方法としてサポートされているのは、ゲスト内ストレージだけです。

セットアッププロセスは、次の手順に分けることができます。

  • GCVE を導入および設定します

  • GCVE へのプライベートアクセスを有効にします

詳細を表示します "GCVEの設定手順"

GCVE のネットアップストレージオプション

ネットアップストレージは、 GCP GCVE 内で、推測接続またはネイティブデータストアとして、複数の方法で利用できます。

にアクセスしてください "サポートされているネットアップストレージオプション" を参照してください。

Google Cloud は、次の構成でネットアップストレージをサポートします。

  • Cloud Volumes ONTAP ( CVO )をゲスト接続ストレージとして活用

  • Cloud Volumes Service ( CVS )をゲスト接続ストレージとして使用できるようになりました

  • ネイティブデータストアとしてのCloud Volumes Service (CVS)^1 ^

注記 1- 現在プライベートプレビュー中です

解決策のユースケース

ネットアップと VMware のクラウドソリューションを使用すれば、多くのユースケースを Azure AVS で簡単に導入できます。SEケースは、VMwareが定義したクラウド領域ごとに定義されます。

  • 保護(ディザスタリカバリとバックアップ/リストアの両方を含む)

  • 拡張

  • 移動