日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ファイアウォール:

Cloud Volumes Service は、複数のTCPポートを公開してNFS共有とSMB共有に対応します。

さらに、Kerberosを含むLDAPを使用するSMB、NFS、およびデュアルプロトコル構成では、Windows Active Directoryドメインへのアクセスが必要になります。Active Directory接続はである必要があります "を設定します" 地域単位で指定します。Active Directoryドメインコントローラ(DC)は、で識別できます "DNSベースのDC検出" 指定したDNSサーバを使用しています。返されるDCはすべて使用されます。対象となるDCのリストは、Active Directoryサイトを指定することによって制限できます。

Cloud Volumes Service は、「gcloud compute address」コマンドで割り当てられたCIDR範囲のIPアドレスで到達します "Cloud Volumes Service への参加"。このCIDRをソースアドレスとして使用して、Active Directoryドメインコントローラへのインバウンドファイアウォールを設定できます。

Active Directoryドメインコントローラは必須です "ここで説明したCloud Volumes Service CIDRsにポートを公開します"