日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

はじめに

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

この解決策は、 AWX/Tower 環境または Ansible コントロールホストの CLI で実行されるように設計されています。

AWX /タワー

AWX / タワー環境の場合は、 ONTAP クラスタ管理と Oracle サーバ( IP およびホスト名)のインベントリの作成、クレデンシャルの作成、 NetApp Automation Github から Ansible コードを取得するプロジェクトの設定、および自動化を開始するジョブテンプレートの設定を案内されます。

  1. 環境に固有の変数を入力し、ジョブテンプレートのその他の VAR フィールドにコピーして貼り付けます。

  2. ジョブテンプレートに変数を追加したら、自動化を起動できます。

  3. ジョブテンプレートは、 ontap/config 、 linux_config 、および ORACLE_config のタグを指定することで、 3 つのフェーズで実行されます。

Ansible コントロールホストを介して CLI に接続します

  1. Ansible 制御ホストとして使用できるように Linux ホストを設定するには、"RHEL 7/8 または CentOS 7/8 の場合は、こちらをクリックしてください"または

  2. Ansible 制御ホストが設定されたら、 Ansible Automation リポジトリのクローンを Git で作成できます。

  3. ONTAP クラスタ管理 IP および Oracle サーバの管理 IP の IP またはホスト名を使用して hosts ファイルを編集してください。

  4. 環境に固有の変数を入力し ' 変数 .yml ファイルにコピーして貼り付けます

  5. 各 Oracle ホストには、ホスト固有の変数を含むホスト名で識別される変数ファイルがあります。

  6. すべての変数ファイルが完了したら 'ONTAP_config' 'linux_config' および 'ORACLE_config' のタグを指定することで ' 3 つのフェーズでプレイブックを実行できます

要件

環境 要件

* Ansible 環境 *

AWX/Tower または Linux ホストを Ansible コントロールホストにします

Ansible v.2.10 以上

Python 3.

Python ライブラリ - NetApp-lib-xmltodict-jmespath

* ONTAP *

ONTAP バージョン 9.3-9.7

データアグリゲート × 2

NFS VLAN および ifgrp が作成されました

* Oracle サーバ *

RHEL 7/8

Oracle Linux 7/8

NFS 、パブリック、オプションの管理用のネットワークインターフェイス

Oracle サーバ上の Oracle インストールファイル

自動化の詳細

この自動導入は、 3 つのロールで構成される Ansible プレイブックを使用して設計されています。ロールは ONTAP 、 Linux 、 Oracle の各構成に対応しています。次の表に、自動化されるタスクを示します。

ロール タスク

* ONTAP_CONFIG *

ONTAP 環境の事前チェック

Oracle 用の NFS ベースの SVM の作成

エクスポートポリシーが作成されました

Oracle 用のボリュームの作成

NFS LIF の作成

linux_config

マウントポイントを作成し、 NFS ボリュームをマウント

NFS マウントを確認

OS 固有の設定

Oracle ディレクトリを作成します

hugepages を設定します

SELinux とファイアウォールデーモンを無効にする

サービスを有効にして開始します

ファイル記述子のハードリミットを増やします

pam.d セッションファイルを作成します

* ORACLE_CONFIG *

Oracle ソフトウェアのインストール

Oracle リスナーを作成します

Oracle データベースを作成します

Oracle 環境構成

PDB 状態を保存します

インスタンスアーカイブモードを有効にします

DNFS クライアントを有効にしてください

OS のリブート間のデータベースの自動起動とシャットダウンを有効にします

デフォルトパラメータ

自動化を簡易化するために、必要な Oracle 導入パラメータが多数デフォルト値であらかじめ設定されています。通常、ほとんどの環境でデフォルトパラメータを変更する必要はありません。上級ユーザーは ' デフォルト・パラメータを変更する際に注意してくださいデフォルトのパラメータは、各ロールフォルダの defaults ディレクトリにあります。

導入手順

開始する前に ' 次の Oracle インストール・ファイルとパッチ・ファイルをダウンロードし '/tmp/archive' ディレクトリに配置しますこのディレクトリには ' 展開する各 DB サーバ上のすべてのユーザに対する読み取り ' 書き込み ' および実行のアクセス権が含まれます自動化タスクは、その特定のディレクトリにある指定されたインストールファイルを検索して、 Oracle のインストールと構成を行います。

LINUX.X64_193000_db_home.zip -- 19.3 base installer
p31281355_190000_Linux-x86-64.zip -- 19.8 RU patch
p6880880_190000_Linux-x86-64.zip -- opatch version 12.2.0.1.23

使用許諾

Github リポジトリに記載されているライセンス情報をお読みください。このリポジトリ内のコンテンツにアクセス、ダウンロード、インストール、または使用することにより、ライセンスの条項に同意したものとみなされます "こちらをご覧ください"

このリポジトリ内のコンテンツの作成および / または派生著作物の共有に関しては、一定の制限事項があります。の条件を必ずお読みください "使用許諾" コンテンツを使用する前に。すべての条件に同意しない場合は、このリポジトリのコンテンツにアクセスしたり、コンテンツをダウンロードしたり、使用したりしないでください。

準備ができたら、をクリックします "AWX/Tower の導入手順の詳細については、こちらを参照してください" または 。