日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

TR-4908 :『 Hybrid Cloud Database Solutions with SnapCenter Overview 』

寄稿者 acao8888

ネットアップ、 Felix Melligan 、 Alan Co 氏

この解決策では、次のユースケースについて、 NetApp SnapCenter の GUI ベースのツールとパブリッククラウドのネットアップストレージサービス CVO を使用して、データベースをハイブリッドクラウド環境に設定、運用、移行するための手順とガイダンスを、ネットアップの営業担当者やお客様に提供しています。

  • ハイブリッドクラウドでのデータベース開発 / テスト運用

  • ハイブリッドクラウドでのデータベースディザスタリカバリ

現在でも、多くのエンタープライズデータベースは、パフォーマンスやセキュリティなどの理由から、プライベートな企業データセンターに配置されています。このハイブリッドクラウドデータベース解決策を使用すると、開発 / テストデータベースの運用にパブリッククラウドを使用しながら、企業はプライマリデータベースをオンサイトで運用できるようになります。ディザスタリカバリにも対応しているため、ライセンスコストと運用コストを削減できます。

Oracle 、 SQL Server 、 SAP HANA など、多数のエンタープライズデータベース 高いライセンスコストと運用コストを負担します。多くのお客様は、コアを開発、テスト、本番、ディザスタリカバリに使用するかどうかにかかわらず、データベース環境内のコンピューティングコアの数に基づいて 1 回限りのライセンス料金と年間サポートコストを負担しています。そのような環境の多くは、アプリケーションのライフサイクルを通じてフル活用されない場合があります。

このソリューションは、開発、テスト、ディザスタリカバリに特化したデータベース環境をクラウドに移行することで、ライセンス可能なコア数を潜在的に削減するためのオプションをお客様に提供します。パブリッククラウドの拡張性、冗長性、高可用性、使用量に応じた課金モデルを使用することで、ライセンスと運用のコストを大幅に削減できると同時に、アプリケーションの使用や可用性を損なうこともありません。

ネットアップの容量ベースの CVO ライセンスモデルでは、潜在的なデータベースライセンスコストの削減に加えて、ストレージコストを GB 単位で削減すると同時に、競合するストレージサービスでは利用できない高レベルのデータベース管理機能を利用できるようにしています。次のグラフは、パブリッククラウドで利用できる一般的なストレージサービスのストレージコストの比較です。

エラー:グラフィックイメージがありません

この解決策は、 SnapCenter の GUI ベースのソフトウェアツールと NetApp SnapMirror テクノロジを使用することで、ハイブリッドクラウドデータベースの運用を簡単にセットアップ、実装、運用できることを実証しています。

次のビデオでは、 SnapCenter の実際の動作を紹介します。

特に、このドキュメントの図では、 CVO をパブリッククラウドのターゲットストレージインスタンスとして示していますが、 ONTAP は、 AWS 向け FSX 解決策ストレージエンジンの新しいリリースに対しても完全に検証されています。

解決策の動作やユースケースを自社でテストするために、ネットアップラボオンデマンドの SL10680 が次のリンクからリクエストできます: TL_AWS_004 HCD : AWS-NW 、 SnapCenter ( OnPrem ) ^