日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP Select と VMware vSphere : NetApp HCI と Cisco ACI

寄稿者 kevin-hoke

NetApp ONTAP Select は、 Software-Defined Storage ( SDS )向けの NetApp 解決策であり、 Software-Defined Data Center にエンタープライズクラスのストレージ管理機能を提供します。ONTAP Select は、 ONTAP の機能を、 IoT や戦術的サーバを含む最先端のユースケースにまで拡張し、フルストレージシステムとして機能する Software-Defined Storage アプライアンスとして機能します。シンプルな VM として仮想環境上で稼働することで、柔軟性と拡張性に優れたストレージ解決策を実現します。

ONTAP を別のソフトウェアアプリケーションの上でソフトウェアとして実行すると、ハイパーバイザーが行う条件適合確認作業の多くを活用できます。この機能は、サポート対象プラットフォームのリストを迅速に拡張するために不可欠です。また、 ONTAP を仮想マシン( VM )として配置することでユーザは既存の管理フレームワークやオーケストレーションフレームワークを使用できるため、迅速なプロビジョニングや、導入から廃止までのエンドツーエンドの自動化が可能です。次の図は、 4 ノード ONTAP Select インスタンスの概要を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません

NetApp HCI が提供するストレージを使用する環境に ONTAP Select を導入すると、 NetApp Element の機能が拡張されます。

ワークフロー

次のワークフローを使用して環境をセットアップしました。この解決策では、 2 ノードの ONTAP Select クラスタを導入しました。それぞれの手順で、複数のタスクを実行する必要があります。

  1. OTS クラスタの内部通信用に L2 BD および EPG を作成し、ネイティブスイッチングモード( Cisco AVE 仮想スイッチの場合)で VMM ドメインを EPG に事前プロビジョニング解決の即時性で接続します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  2. VMware vSphere ライセンスがあることを確認します。

  3. OTS をホストするデータストアを作成します。

  4. に従って、 ONTAP Select を導入して設定します "ONTAP Select のドキュメント"

    エラー:グラフィックイメージがありません

  5. ONTAP Select を使用して追加のデータストアを作成し、追加の機能を利用できるようにします。