日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

検証結果

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ネットワークのスループットをテストするために iPerf ツールを使用しましたが、ベースラインの予測は、テストシステムが最大ラインレートの 10% 以内にスループットを達成することでした。次の表に、異なる仮想スイッチのテスト結果を示します。

ストレージ IOPS サブシステムの測定には、 IOmeter ツールを使用しました。テストシステムでは、最大スループットの 10% 以内に読み取り / 書き込みスループットを達成することが基本的な想定でした。次の表に、さまざまなハイパーバイザーのテスト結果を示します。

ネットワーク回線速度とストレージ IOPS のテストについては、次のシナリオを考慮しました。

VMware

  • NetApp HCI データストア上の VM (マイクロセグメンテーションあり / なし)

  • NetApp ONTAP データストア上の VM

  • NetApp ONTAP Select データストア上の VM

Red Hat 仮想化

  • NetApp HCI データストア上の VM

  • NetApp ONTAP データストア上の VM

KVM ( RHEL )

  • NetApp HCI データストア上の VM

その他

  • NetApp HCI データストアを使用する RHV 上の VM 1 台と、 NetApp ONTAP データストアを使用する VMware vSphere 上の VM 1 台

ハイパーバイザー 仮想スイッチ Iperf Iometer マイクロセグメンテーション

VMware

VDS

合格

合格

合格

RHV

Linux ブリッジ

合格

合格

該当なし

RHEL-KVM の略

Open vSwitch の場合

合格

合格

該当なし