日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

4. HCI コンピューティングノードに RHV - H ハイパーバイザーを導入する: RHV 搭載 NetApp HCI

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

この解決策は、最小限のセットアップ( 2 つの自己ホスト型エンジンノード)で RHV 導入の推奨される自己ホスト型エンジンアーキテクチャを採用しています。これらの手順は、ノードがラックに設置されてケーブル接続され、コンソールを使用するために各ノードに IPMI ポートが設定されたあとに開始されます。HCI コンピューティングノードに RHV - H ハイパーバイザーを導入するには、次の手順を実行します。

  1. クラスタ内のコンピューティングノードのアウトオブバンド管理コンソールにアクセスし、デフォルトのクレデンシャルである Admin/Admin でログインします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  2. 画面の中央にある Remote Console Preview 画像をクリックして、 Java Web Start で起動された JNLP ファイルをダウンロードします。これにより、システムへの対話型コンソールが起動します。

  3. 仮想コンソールが起動したら、 [Virtual Media] > [Virtual Storage] の順に移動してクリックし、 RHV-H 4.3.9 ISO を取り付けます。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  4. Logical Drive Type (論理ドライブタイプ)で、ドロップダウンから ISO File ( ISO ファイル)を選択します。RHV-H 4 のフルパスとフルネームを入力します。3.9 画像を開くボタンをクリックして ISO ファイルを添付するか、添付します。[ プラグイン ] をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  5. PowerControl > Set Power Reset をクリックして、 RHV-H 4.3.9 ISO を使用して起動するようにサーバーを再起動します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  6. ノードがリブートして初期画面が表示されたら、 F11 キーを押してブートメニューを表示します。起動メニューからに移動し、 ATEN Virtual CDROM YSOJ をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  7. 次の画面で、 RHV 4.3 のインストールに移動してクリックします。これにより、イメージがロードされ、インストール前スクリプトが実行され、 Red Hat Enterprise Linux システムインストーラである Anaconda が起動します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  8. インストールの開始画面が表示されます。使用する言語を選択し、 [ 次へ ] をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  9. 次の画面で、 [ 日付と時刻 ] でタイムゾーンを選択します。デフォルトは UTC です。ただし、ネットアップでは、環境に応じてこの画面で NTP サーバを設定することを推奨します。次に、キーボードの言語を選択し、「完了」をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  10. 次に、 [ インストール先 ] をクリックします。Installation Destination (インストール先)画面で、 RHV-H をインストールするドライブを選択します[ パーティショニング ] セクションで [ パーティションの自動構成 ] が選択されていることを確認します。必要に応じて、 [ マイデータの暗号化 ] の横にあるチェックボックスをオンにして、暗号化を有効にできます。[ 完了 ] をクリックして設定を確定します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  11. [ ネットワークとホスト名 ] をクリックします。画面下部に希望するホスト名を入力します。次に、下部の( + )ボタンをクリックします。ドロップダウンからボンドを選択し、追加をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  12. 次に、ボンド構成画面で追加をクリックし、メンバーインターフェイスをボンドインターフェイスに追加します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  13. ドロップダウンからイーサネットを選択し、イーサネットインターフェイスがボンドインターフェイスのメンバーとして追加されていることを確認します。Create をクリックします。 .

    エラー:グラフィックイメージがありません

  14. スレーブ 1 設定画面の Device ドロップダウンから、イーサネットインターフェイスを選択します。MTU が 9000 に設定されていることを確認します。[ 保存 ] をクリックします .

    エラー:グラフィックイメージがありません

  15. 手順 12 、 13 、および 14 を繰り返して、他のイーサネットポートを bond0 インターフェイスに追加します。

  16. ボンド設定画面の Mode (モード)ドロップダウンから、 LACP 用 802.3ad を選択します。MTU が 9000 に設定されていることを確認します。[ 保存 ] をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  17. インバンド管理ネットワーク用の VLAN インターフェイスを作成します。[+] ボタンをもう一度クリックし、ドロップダウンから [VLAN] を選択して、 [Create (作成) ] をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  18. [Editing VLAN connection] 画面で、 [Parent Interface] ドロップダウンの [bond0] を選択し、インバンド管理ネットワークの VLAN ID を入力します。VLAN インターフェイスの名前を「 bond`0.<`vlan_id`>` 」の形式で指定します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  19. VLAN 接続の編集画面で、 IPv4 設定サブタブをクリックします。IPv4 Settings サブタブで、帯域内管理ネットワークに対応するネットワークアドレス、ネットマスク、ゲートウェイ、および DNS サーバを設定します。[ 保存 ] をクリックして設定を確定します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  20. ストレージネットワークの VLAN インターフェイスを作成します。[+] ボタンをもう一度クリックし、ドロップダウンから [VLAN] を選択して、 [Create (作成) ] をクリックします。[Editing VLAN Connection] 画面で、 [Parent Interface] ドロップダウンから [bond0] を選択し、ストレージネットワークの VLAN ID を入力して、「 bond`0.<`vlan_id`>] 」の形式で VLAN インターフェイスの名前を指定します。ジャンボフレームをサポートできるように MTU を 9000 に調整します。[ 保存 ] をクリックします .

    エラー:グラフィックイメージがありません

  21. VLAN 接続の編集画面で、 IPv4 設定サブタブをクリックします。IPv4 Settings サブタブで、ストレージネットワークに対応するネットワークアドレスとネットマスクを設定します。[ 保存 ] をクリックして設定を確定します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  22. ネットワークインターフェイスが動作していることを確認し、 Done をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  23. ウィザードが構成ページに戻ったら、 [ インストールの開始 ] をクリックします。次の画面では、 root パスワードを設定するように求められ、 RHV-H にログインするための別のユーザを作成することもできます

    エラー:グラフィックイメージがありません

  24. インストールが完了したら、仮想コンソールの [Virtual media] > [Virtual Storage] に移動して [Plug Out] をクリックし、 ISO ファイルをアンマウントします。次に、 Anaconda GUI で Reboot をクリックして、インストールプロセスを完了します。その後、ノードがリブートします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

    ノードが起動すると、ログイン画面が表示されます。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  25. インストールが完了したら、 RHV-H を登録し、必要なリポジトリを有効にする必要があります。ブラウザを開き、インストール時に提供された root 資格情報を使用して、「 https://<HostFQDN/IP>:9090` 」にある Cockpit ユーザーインタフェースにログインします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  26. localhost > Subscriptions と進み、 Register をクリックします。Red Hat ポータルのユーザー名とパスワードを入力し、 [ このシステムを Red Hat Insights に接続する ] チェックボックスをオンにして、 [ 登録 ] をクリックします。システムは、 Red Hat Virtualization ホスト使用権に自動的に登録します。

    Red Hat Insights は、登録済みシステムを継続的に分析して、物理環境、仮想環境、クラウド環境の可用性、セキュリティ環境、パフォーマンス、安定性に対する脅威をプロアクティブに認識します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  27. localhost > Terminal に移動して CLI を表示します。任意で、任意の SSH クライアントを使用して RHV -H CLI にログインできます。必要なサブスクリプションが接続されていることを確認してから、 Red Hat Virtualization Host 7 リポジトリを有効にして追加の更新を許可し、他のすべてのリポジトリが無効になっていることを確認します。

    # subscription-manager list
    +-------------------------------------------+
        Installed Product Status
    +-------------------------------------------+
    Product Name:   Red Hat Virtualization Host
    Product ID:     328
    Version:        4.3
    Arch:           x86_64
    Status:         Subscribed
    # subscription-manager repos --disable=*
    Repository 'rhel-7-server- rhvh-4-source-rpms' is disabled for this system.
    Repository 'rhvh-4-build-beta-for-rhel-8-x86_64-source-rpms' is disabled for this system.
    Repository 'rhel-7-server- rhvh-4-beta-debug-rpms' is disabled for this system.
    Repository 'rhvh-4-beta-for-rhel-8-x86_64-debug-rpms' is disabled for this system.
    Repository 'jb-eap-textonly-1-for-middleware-rpms' is disabled for this system.
    Repository 'rhvh-4-build-beta-for-rhel-8-x86_64-rpms' is disabled for this system.
    Repository 'rhvh-4-beta-for-rhel-8-x86_64-source-rpms' is disabled for this system.
    Repository 'rhel-7-server- rhvh-4-debug-rpms' is disabled for this system.
    Repository 'rhvh-4-build-beta-for-rhel-8-x86_64-debug-rpms' is disabled for this system.
    Repository 'rhel-7-server- rhvh-4-beta-source-rpms' is disabled for this system.
    Repository 'rhel-7-server- rhvh-4-rpms' is disabled for this system.
    Repository 'jb-coreservices-textonly-1-for-middleware-rpms' is disabled for this system.
    Repository 'rhvh-4-beta-for-rhel-8-x86_64-rpms' is disabled for this system.
    Repository 'rhel-7-server- rhvh-4-beta-rpms' is disabled for this system.
    # subscription-manager repos --enable=rhel-7-server- rhvh-4-rpms
    Repository 'rhel-7-server- rhvh-4-rpms' is enabled for this system.
  28. コンソールで次のコマンドを実行して、 iSCSI イニシエータ ID を Element アクセスグループで設定した ID に変更します。

    rhv-h01 # echo InitiatorName=iqn.1994-05.com.redhat:rhv-host-node- 01 > /etc/iscsi/initiatorname.iscsi
  29. iscsid サービスを有効にして、再起動します。

     # systemctl enable iscsid
    Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/iscsid.service to /usr/lib/systemd/system/iscsid.service
     # systemctl start iscsid
     # systemctl status iscsid
    ● iscsid.service - Open-iSCSI
       Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/iscsid.service; enabled; vendor preset: disabled)
       Active: active (running) since Thu 2020-05-14 16:08:52 EDT; 3 days ago
         Docs: man:iscsid(8)
               man:iscsiuio(8)
               man:iscsiadm(8)
     Main PID: 5422 (iscsid)
       Status: "Syncing existing session(s)"
       CGroup: /system.slice/iscsid.service
               ├─5422 /sbin/iscsid -f
               └─5423 /sbin/iscsid -f
  30. 手順 1 ~ 29 を繰り返して、もう一方の RHV ホストを取り付けて準備します。