日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

5. RHV マネージャを自己ホスト型エンジンとして展開する: RHV を搭載した NetApp HCI

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ここでは、 Red Hat Virtualization Manager を自己ホスト型エンジンとしてインストールする手順について説明します。これらの手順は、 RHV ホストが登録され、 Cockpit GUI にアクセスできる状態で開始されます。

  1. ルートクレデンシャルを使用して、 RHV ホストの 1 つの Cockpit GUI に「 https://<HostFQDN/IP>:9090` 」からログインします。Virtualization サブタブに移動し、 Hosted Engine をクリックします。次に、 Hosted Engine コンテンツの下にある [ スタート ] ボタンをクリックして、エンジンの展開を開始します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  2. エンジンの導入の最初の画面で、エンジン VM の RHV - M FQDN 、ネットワーク関連の設定、ルートパスワード、およびリソース(少なくとも 4 CPU と 16GB メモリ)を設定します。必要に応じて、他の設定を確認し、 Next (次へ)をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

    注記 指定した DNS サーバがエンジン VM FQDN に解決できることを確認します。
  3. 次の画面で、管理ポータルのパスワードを入力します。必要に応じて、 E メールで送信されるアラートの通知設定を入力します。[ 次へ ] をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  4. 次の画面で、エンジン VM の設定を確認します。必要に応じて、この時点に戻って変更を行います。情報が正しい場合は、 [VM の準備 ] をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  5. VM のインストールが開始されます。マシンイメージがダウンロードされ、ローカルにステージングされるため、完了までにしばらく時間がかかることがあります。完了すると、「実行は正常に完了しました」というメッセージが表示されます。次へをクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  6. RHV-M がインストールされた後、高可用性エンジンクォーラムを促進するために、ホストされたエンジンストレージドメインの詳細を入力します。ここでは、 VM をローカルストレージから共有ストレージドメインにコピーします。

  7. ストレージ・タイプを iSCSI として入力し 'iSCSI ポータルの詳細を入力して [ ターゲット・リストの取得 ] をクリックしますこれにより ' ポータルに対応する iSCSI ターゲット・リストが取得され ' ホストされているエンジン・ストレージ・ドメインにマッピングするボリュームと LUN が選択されます次へをクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

    注記 Hosted Engine のセットアップでストレージを検出できない場合は、ノードへの対話型 SSH セッションを開き、ノードのストレージインターフェイスから SVIP IP アドレスにアクセスできることを確認します。ネットワークに到達できる場合は、 Hosted Engine のインストール対象の iSCSI LUN を手動で検出またはログインする必要があります。
  8. 次の画面でストレージ構成を確認し、必要に応じて元に戻して変更を加えます。情報が正しい場合は、 [ 展開の終了 ] をクリックします。VM がストレージドメインにコピーされるまでにしばらく時間がかかります。展開が完了したら、 [ 閉じる ] をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  9. 次の手順では、 Red Hat Virtualization Manager リポジトリを登録して有効にします。SSH を使用して RHV-M VM にログインし、 Subscription Manager に登録します。

    # subscription-manager register
    Registering to: subscription.rhsm.redhat.com:443/subscription
    Username: redhat_user
    Password:  redhat_password
    The system has been registered with ID: 99d06fcb-a3fd74-41230f-bad583-0ae61264f9a3
    The registered system name is: rhv-m.cie.netapp.com
  10. 登録後、使用可能なサブスクリプションを一覧表示し、 RHV - M のプール ID を記録します

    # subscription-manager list --available
    <snip>
    Subscription Name:   Red Hat Virtualization Manager
    Provides:            Red Hat Beta
                         Red Hat Enterprise Linux Server
                         Red Hat CodeReady Linux Builder for x86_64
                         Red Hat Enterprise Linux for x86_64
                         Red Hat Virtualization Manager
                         Red Hat OpenShift Container Platform
                         Red Hat Ansible Engine
                         Red Hat Enterprise Linux Fast Datapath
                         Red Hat JBoss Core Services
                         JBoss Enterprise Application Platform
    SKU:                 RV00045
    Contract:
    Pool ID:             8a85f9937a1a2a57c0171a366b5682540112a313 ß Pool ID
    Provides Management: No
    Available:           6
    Suggested:           0
    Service Type:        L1-L3
    Roles:
    Service Level:       Layered
    Usage:
    Add-ons:
    Subscription Type:   Stackable
    Starts:              04/22/2020
    Ends:                04/21/2021
    Entitlement Type:    Physical
    <snip>
  11. 記録されたプール ID を使用して、 RHV-M サブスクリプションを接続します。

    # subscription-manager attach --pool=8a85f9937a1a2a57c0171a366b5682540112a313
    Successfully attached a subscription for: Red Hat Virtualization Manager
  12. 必要な RHV - M リポジトリを有効にします。

    # subscription-manager repos \
        --disable='*' \
        --enable=rhel-7-server-rpms \
        --enable=rhel-7-server-supplementary-rpms \
        --enable=rhel-7-server-rhv-4.3-manager-rpms \
        --enable=rhel-7-server-rhv-4-manager-tools-rpms \
        --enable=rhel-7-server-ansible-2-rpms \
        --enable=jb-eap-7.2-for-rhel-7-server-rpms
    Repository 'rhel-7-server-ansible-2-rpms' is enabled for this system.
    Repository 'rhel-7-server-rhv-4-manager-tools-rpms' is enabled for this system.
    Repository 'rhel-7-server-rhv-4.3-manager-rpms' is enabled for this system.
    Repository 'rhel-7-server-rpms' is enabled for this system.
    Repository 'jb-eap-7.2-for-rhel-7-server-rpms' is enabled for this system.
    Repository 'rhel-7-server-supplementary-rpms' is enabled for this system.
  13. 次に、ホストと同じデータセンター内のすべての VM について、 VM ディスクまたは OVF ファイルを保存するストレージドメインを作成します。

  14. ブラウザを使用して RHV-M 管理ポータルにログインするには、「 https://<ManagerFQDN>/ovirt-engine` 」にログインし、「管理ポータル」を選択して「 admin 」「 @' 内部」ユーザとしてログインします。

  15. [ ストレージ ] → [ ストレージドメイン ] に移動し '[ 新しいドメイン ] をクリックします

  16. ドロップダウン・メニューから Data for the Domain Function を選択し、ストレージ・タイプとして iSCSI を選択し、ボリュームをマッピングするホストを選択し、任意の名前を入力して、データ・センターが正しいことを確認し、データ・ドメイン iSCSI ターゲットを展開して LUN を追加します。[OK] をクリックして、ドメインを作成します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

    注記 Hosted Engine のセットアップでストレージを検出できない場合は、データドメイン用の iSCSI LUN を手動で検出またはログインする必要があります。
  17. ホストされているエンジンクォーラムに 2 番目のホストを追加します。[ 計算( Compute ) ] > [ ホスト( Hosts ) ] に移動し、 [ 新規New Host ペインで、適切なクラスタを選択し、 2 番目のホストの詳細を入力して、 Activate Host After Install チェックボックスをオンにします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  18. [New Host] ペインの [Hosted Engine] サブタブをクリックし、ホストされたエンジン展開アクションから [Deploy] を選択します。OK をクリックして、ホストをクォーラムに追加します。これにより、ホストされているエンジンをサポートし、ホストをアクティブにするために必要なパッケージのインストールが開始されます。このプロセスには時間がかかることがあります。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  19. 次に、ホスト用の Storage Virtual Network を作成します。[ ネットワーク ]>[ ネットワーク ] の順に移動し、 [ 新規 ] をクリックします。任意の名前を入力し、 VLAN タギングを有効にして、ストレージネットワークの VLAN ID を入力します。VM Network チェックボックスがオンになっていて、 MTU が 9000 に設定されていることを確認します。[ クラスタ( Cluster ) ] サブタブに移動し、 [ 接続( Attach ) ] および [ 必須( Require ) ] がチェックされていることを確認[OK] をクリックして、ストレージネットワークを作成します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  20. ストレージ論理ネットワークをクラスタ内の 2 番目のホスト、またはホストされているエンジン VM を現在ホストしていないホストに割り当てます。

  21. [ 計算( Compute ) ] > [ ホスト( Hosts ) ] に移動し、 2 番目の列に銀冠があるホストをクリックする。次に、 [Network Interfaces] サブタブに移動し、 [Setup] [Host Networks] をクリックして、ストレージ論理ネットワークを bond0 の右側の [Assigned Logical Networks] 列にドラッグアンドドロップします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  22. 「 bond0 」の下のストレージネットワークインタフェースでペンの記号をクリックします。IP アドレスとネットマスクを設定し、 OK をクリックします。ホストネットワークのセットアップペインで、もう一度 OK をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  23. ストレージ論理ネットワークを 2 番目のホストで設定できるように、ホストされているエンジン VM を構成したホストに移行します。[ 計算 ] > [ 仮想マシン ] の順に選択し、 [HostedEngine] をクリックして、 [ 移行 ] をクリックします。ドロップダウン・メニューから 2 番目のホストを選択し ' 移行をクリックします

    エラー:グラフィックイメージがありません

    移行が成功し、ホストされたエンジン VM が 2 番目のホストに移行されたら、現在銀冠を所有しているホストに対して手順 21 と 22 を繰り返します。

  24. このプロセスが完了すると、両方のホストが動作していることがわかります。ホストの 1 つにはゴールデンクラウンがあり、ホストされているエンジン VM をホストしていることを示している。もう 1 つのホストには、ホストされているエンジン VM をホストできることを示す銀色のクラウンがある。

エラー:グラフィックイメージがありません