日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

6. RHV - M インフラストラクチャの設定: RHV を使用した NetApp HCI

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

RHV-M インフラストラクチャを設定するには、次の手順を実行します。

  1. デフォルトでは、仮想マシンや仮想ゲストのデータの移行など、すべての目的に ovirtmgmt ネットワークが使用されます。

  2. これらの目的に応じて異なるネットワークを指定することを推奨します。移行ネットワークを設定するには、 Network > Networks に移動し、 New をクリックします。任意の名前を入力し、 VLAN タギングを有効にして、移行ネットワークの VLAN ID を入力します。

  3. VM ネットワークのチェックボックスがオフになっていることを確認します。[ クラスタ( Cluster ) ] サブタブに移動し、 [ 接続( Attach ) ] および [ 必須( Require ) ] がチェックされていることを確認[OK] をクリックしてネットワークを作成します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  4. 移行論理ネットワークを両方のホストに割り当てるには、 [Compute] > [Hosts] に移動し、ホストをクリックして [Network Interfaces] サブタブに移動します。

  5. 次に、ホストネットワークのセットアップをクリックし、移行論理ネットワークを bond0 の右側の割り当てられた論理ネットワーク列にドラッグアンドドロップします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  6. 「 bond0 」の下の移行ネットワークインタフェースでペンの記号をクリックします。IP アドレスの詳細を設定し、 OK をクリックします。次に、ホストネットワークのセットアップペインでもう一度 OK をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  7. もう一方のホストについても、手順 4~6 を繰り返します。

  8. 新しく作成したネットワークには、移行ネットワークのロールを割り当てる必要があります。[ コンピューティング( Compute ) ] > [ クラスタ( Cluster ) ] に移動し、 RHV ホストが属するクラスタをクリックし、 [ 論理ネットワーク( Logical Networks ) ] サブタブをクリックして、 [ ネットワークの管理( Manage Networks ) ] をクリックします。移行ネットワークの場合は、移行ネットワーク列のチェックボックスをオンにします。[OK] をクリックします。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  9. VM には、 ovirtmgmt ネットワークを使用するのではなく、別の VM ネットワークを作成することを推奨します。

  10. [ ネットワーク ]>[ ネットワーク ] の順に移動し、 [ 新規 ] をクリックします。任意の名前を入力し、 VLAN タギングを有効にして、 VM ゲストネットワークの VLAN ID を入力します。[VM Network] チェックボックスがオンになっていることを確認します。クラスタのサブタブに移動し、 [ 接続 ] と [ 要求 ] がオンになっていることを確認します。[OK] をクリックして、 VM ゲストネットワークを作成します。

    エラー:グラフィックイメージがありません

  11. VM ゲスト論理ネットワークを両方のホストに割り当てます。[ コンピューティング ]>[ ホスト ] の順に移動し、ホスト名をクリックして、 [ ネットワークインタフェース ] サブタブに移動します。次に、ホストネットワークのセットアップをクリックし、 VM ゲスト論理ネットワークを bond0 の右側の割り当てられた論理ネットワーク列にドラッグアンドドロップします。VM のパススルーネットワークを提供するため、この論理ネットワークに IP を割り当てる必要はありません。

    ゲストが Red Hat Subscription Manager に登録できるように、 VM ゲストネットワークはインターネットに接続できる必要があります。