日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

RHV-H ホストのフェンシングの有効化: RHV を搭載した NetApp HCI

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

フェンシングとは、応答しないハイパーバイザーホストを自動的にシャットダウンすることで、 RHV マネージャが環境内の VM の高可用性を提供できるプロセスです。フェンシングエージェントにコマンドを送信することで、 NetApp HCI の場合はコンピューティングノード上の IPMI アウトオブバンド管理インターフェイスを介してアクセスし、ホストをリブートすることでアクセスできます。この操作により、応答しないハイパーバイザーノードが VM ディスク上にあるロックが解除され、これらの仮想ゲストをデータ破損のリスクなしでクラスタ内の別のノードで再起動できるようになります。ホストのブートプロセスが完了すると、シャットダウン前に含まれていたクラスタへの再参加が自動的に試行されます。成功した場合は、 VM のホストが再び許可されます。

フェンシングを有効にするには、各ホストで電源管理が有効になっている必要があります。これを確認するには、ホストを強調表示して右上隅の [Edit] ボタンをクリックするか、ホストを右クリックして [Edit] を選択します。

エラー:グラフィックイメージがありません

電源管理を有効にした後、次の手順でフェンシングエージェントを設定します。Fence Agent の近くにあるプラス記号 (+) をクリックすると、新しいウィンドウが開き、 NetApp HCI コンピュートノードの IPMI 接続に関する情報を入力する必要があります。接続のタイプは IPMILAN であり、エージェントにはコンソールログインのための IP アドレス、ユーザ名、およびパスワードが必要です。この情報を入力したら、テストをクリックして構成を検証できます。適切に設定されていれば、ノードの現在の電源ステータスが報告されます。

エラー:グラフィックイメージがありません

フェンシングが有効な場合、いずれかのハイパーバイザーノードが応答しなくなると、可用性の高い導入をサポートするように RHV 環境が設定されます。