日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リソースレイヤ

寄稿者 kevin-hoke このページの PDF をダウンロード

コンピューティング

仮想アプリケーションやデスクトップリソースをホストするには、ハイパーバイザーとリソースの詳細への接続を Citrix Studio または PowerShell で設定する必要があります。Citrix ハイパーバイザーの場合、リソースプールのマスターノードの DNS アドレスまたは IP アドレスが必要です。セキュアな接続のために、 HTTPS と SSL 証明書がサーバにインストールされている。リソースは、選択したストレージリソースとネットワークで定義されます。

エラー:グラフィックイメージがありません

コンピューティング容量を追加する必要がある場合は、ハイパーバイザーサーバを既存のリソースプールに追加できます。新しいリソースプールを追加し、仮想アプリケーションやデスクトップのホストに使用できるようにする必要がある場合は、必ず新しい接続を定義する必要があります。

サイトとは、 SQL データベースが存在し、プライマリゾーンと呼ばれる場所です。追加のゾーンが追加され、異なる地域のユーザに対応できるようになります。これにより、ローカルリソースをホストすることで応答時間が短縮されます。サテライトゾーンは、仮想アプリケーションまたはオプションのデリバリコントローラを搭載したデスクトップをホストするハイパーバイザーコンポーネントのみを持つリモートゾーンです。

Citrix Provisioning では、 Citrix Virtual Desktops Setup Wizard を使用する際にも接続情報とリソース情報が使用されます。

エラー:グラフィックイメージがありません

ストレージ

仮想アプリケーションとデスクトップのストレージリポジトリは制御されます の項で説明している接続とリソースを使用する "コンピューティング"。リソースを定義するときに、共有ストレージを選択し、 Citrix ハイパーバイザーで Intellicache を有効にするオプションがあります。

エラー:グラフィックイメージがありません

また、 OS 、個人用 vDisk 、および一時データ用のリソースを選択することもできます。複数のリソースを選択すると、 Citrix Virtual Apps and Desktops によって負荷が自動的に分散されます。マルチテナント環境では、テナントリソースごとに専用のリソースを選択できます。

エラー:グラフィックイメージがありません

Citrix Provisioning では、デバイスの vDisk をホストするために SMB ファイル共有が必要です。可用性、パフォーマンス、容量の拡張を向上させるために、この SMB 共有を FlexGroup ボリューム上にホストすることを推奨します。

エラー:グラフィックイメージがありません

FSLogix

FSLogix を使用すると、プールされたデスクトップ展開シナリオなどの非永続的環境でも、ユーザは永続的なエクスペリエンスを実現できます。仮想デスクトップと SMB ファイルストア間のファイル I/O を最適化し、ログイン時間を短縮します。ネイティブ(ローカル)プロファイルエクスペリエンスでは、マスターイメージでユーザープロファイルを設定するために必要なタスクが最小限に抑えられます。

エラー:グラフィックイメージがありません

FSLogix は ' ユーザー設定と個人データを専用のコンテナ( VHD ファイル)に保存しますFSLogix ユーザープロファイルコンテナを格納する SMB ファイル共有は、グループポリシーオブジェクトによって制御されるレジストリで設定されます。Citrix User Profile Management と FSLogix を併用すると、仮想アプリケーションで仮想デスクトップとの同時セッションを同時にサポートできます。

エラー:グラフィックイメージがありません

この図は 'FSLogix SMB の場所の内容を示していますこの例では、ディレクトリ名を security identifier ( sid )の前のユーザ名に切り替えています。

ネットワーク

「仮想アプリケーションとデスクトップ」で説明したように、ホストへの接続とリソースが必要です "コンピューティング"。リソースを定義するときは、リソースに関連付ける必要がある VLAN を選択します。マシンカタログの導入時に、 VM NIC を対応するネットワークに関連付けるように求められます。

エラー:グラフィックイメージがありません

GPU

前のセクションで示すように、ハイパーバイザーサーバに GPU リソースがあるかどうかを判断すると、グラフィックスの仮想化を有効にして vGPU プロファイルを選択するように求められます。