日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ユーザー層( User Layer )

寄稿者 kevin-hoke このページの PDF をダウンロード

Citrix Virtual Apps and Desktops を使用すると、インターネットアクセスを使用して、 HTML5 をサポートしている Web ブラウザや Citrix Workspace アプリケーションを使用している任意のデバイスから、ユーザーはワークスペース環境にアクセスできます。

ユーザーは、タスクワーカー、オフィスワーカー、ナレッジワーカー、パワーユーザに分類できます。タスクワーカーは、主に事前定義されたアプリケーションを 1 日中使用して作業を行います。ホストされている Windows アプリケーションは、ニーズに対応できます。Office ワーカーには、オフィスアプリケーションや Web ブラウザなどを実行するデスクトップインターフェイスが必要です。通常、ワークスペースにアプリケーションをインストールすることはできません。サーバ OS 上でマルチセッションを実行できる共有デスクトップとプールデスクトップのどちらにも最適です。

ナレッジワーカーは、通常、複数のアプリケーションを同時に操作するデスクトップ環境を必要とし、ワークスペースにインストールされているアプリケーションを維持できる必要があります。これは、静的デスクトップ(個人用デスクトップとも呼ばれます)で可能です。パワーユーザは通常、グラフィックを多用するアプリケーションや、より多くのハードウェアリソースを必要とするその他のアプリケーションで作業します。適切なマスターイメージを使用して作成された静的デスクトップは、パワーユーザのニーズに対応します。