日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

vSphere NFS データストア - ONTAP バージョン 4.1

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

このタスクについて

このセクションでは、 ONTAP NAS ストレージを使用した NFS バージョン 4.1 データストアの作成について説明します。

自動プロビジョニングの場合は、次のいずれかのスクリプトを使用します。 [PowerShell][Ansible]または [Terraform]

必要なもの

  • vSphere 環境およびを管理するために必要な基本的なスキル ONTAP

  • ONTAP ストレージシステム( FAS / AFF / CVO / ONTAP Select / クラウドボリュームサービス / Azure ネットアップファイル) { ONTAP_version } を実行しています

  • ONTAP クレデンシャル( SVM 名、ユーザ ID 、パスワード)

  • NFS の ONTAP ネットワークポート、 SVM 、および LUN の情報

  • "完了した NFS 設定ワークシート"

  • vCenter Server クレデンシャル

  • vSphere ホスト情報 { vsphere_version }

  • NFS VMkernel アダプタの IP 情報

  • ネットワークスイッチ

    • ONTAP システムのネットワークデータポート、 vSphere ホストを接続します

    • NFS 用に設定されている VLAN

    • (任意) ONTAP ネットワークデータポート用に設定されたリンクアグリゲーション

  • VMware vSphere 向け ONTAP ツールの導入、設定、利用可能な状態

手順

ONTAP タスク

  1. "NFS の ONTAP ライセンスを確認"

    1. 「 system license show 」コマンドを使用して、 NFS がリストされているかどうかを確認します。

    2. ライセンスを追加するには 'license add-license-code <license code> を使用します

  2. "NFS の設定ワークフローに従います"

次の手順

これらのタスクが完了すると、 NFS データストアで仮想マシンのプロビジョニングを利用できるようになります。