日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SRM および ONTAP ツールの新機能

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

従来の仮想アプライアンスからの移行に対応した ONTAP ツールには、豊富な新機能と上限があり、 VVOL が新たにサポートされるようになりました。

vSphere および Site Recovery Manager の最新バージョン

SRM 8.3 以降と 9.7.1 以降の ONTAP ツールでは、 VMware vSphere 7 で実行されている VM を保護できるようになりました。

ネットアップは、約 20 年にわたり VMware との緊密なパートナーシップを共有し、できるだけ早く最新リリースのサポートを提供するよう努めています。ソフトウェアの最新の組み合わせについては、必ず NetApp Interoperability Matrix Tool ( IMT )で確認してください。

NetApp IMT が見つかります "こちらをご覧ください"

VVol のサポート( SRM でも SPBM が重要である理由)

8.3 リリースから、 SRM は VVol とアレイベースのレプリケーションを活用して、 Storage Policy-Based Management ( SPBM ;ストレージポリシーベースの管理)をサポートするようになりました。これを実現するために、 SRM サーバが更新され、 vCenter サーバの SMS サービスと通信して VASA 関連のタスクを実行する新しい SRM VVol プロバイダサービスが追加されました。

このアーキテクチャのメリットの 1 つは、すべての処理に VASA を使用するため、 SRA が不要になったことです。

SPBM は vSphere ツールボックスの強力なツールで、プライベートクラウド環境とハイブリッドクラウド環境の自動化フレームワークによって、シンプルで予測可能な一貫したストレージサービスを利用できます。SPBM では、多様な顧客層のニーズを満たすサービスクラスを定義できます。SRM では、堅牢な業界標準のディザスタリカバリオーケストレーションと自動化を必要とする重要なワークロードに対して、レプリケーション機能をお客様に提供できるようになりました。

エラー:グラフィックイメージがありません

vVol アーキテクチャ 2.3 では、アプライアンスベースの SRM サーバがサポートされます

従来の Windows ベースのプラットフォームに加え、光子 OS ベースの SRM サーバもサポートされるようになりました。

SRA アダプタを、希望する SRM サーバタイプに関係なくインストールできるようになりました。

IPv6 のサポート

IPv6 が次の制限付きでサポートされるようになりました。

  • vCenter 6.7 以降

  • SRM 8.2 ( 8.1 、 8.3 、および 8 )ではサポートされていません。4 がサポートされています)

  • を確認します "Interoperability Matrix Tool で確認してください" 最新の認定バージョンについては、を参照してください。

パフォーマンスの向上

SRM タスクを実行するには、運用パフォーマンスが重要な要件です。最新の RTO と RPO の要件を満たすために、 SRA と ONTAP ツールで 2 つの新しい機能強化が行われました。

  • * 同時再保護処理のサポート。 * この機能を有効にすると、最初に SRA 9.7.1 で導入された、 2 つ以上のリカバリプランに対して再保護を同時に実行できるため、フェイルオーバーまたは移行後のデータストアの再保護に要する時間を短縮し、 RTO と RPO のパラメータ内に抑えることができます。

  • * ONTAP ツール 9.8 では、 NAS 専用に最適化された新しいモードが追加されました。 * SVM を対象としたアカウントを使用して、 NFS ベースのデータストアのみで ONTAP クラスタに接続している場合は、サポートされている環境でピークパフォーマンスが得られるように NAS 専用に最適化モードを有効

拡張性の向上

SRM 8.3 以降で使用する ONTAP ツールでは、 SRA で最大 500 個の保護グループ( PG )がサポートされるようになりました。

同期レプリケーション

待望の新機能として、 ONTAP 9.5 以降を搭載した SnapMirror Synchronous ( SM-S )があります。この機能は、ミッションクリティカルなアプリケーションに対して、ボリュームレベルで RPO ゼロのデータレプリケーション解決策を提供します。SM-S には、 ONTAP ツール 9.8 以降が必要です。

REST API をサポート

SRA サーバの設定を REST API で管理できるようになりました。自動化ワークフローの構築を支援するために Swagger UI が追加されていますまた 'https://<appliance>:8143/api/rest/swagger-ui.html#/` にある ONTAP ツール・アプライアンスからも参照できます