日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Sync の概要

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

ネットアップのクラウド同期サービスは、データをクラウド内や社内の任意のターゲットに移行するための、シンプルでセキュアな自動化された方法を提供します。ファイルベースの NAS データセット( NFS または SMB )、 Amazon Simple Storage Service ( S3 )のオブジェクト形式、 NetApp StorageGRID ® アプライアンス、その他のクラウドプロバイダのオブジェクトストアのいずれであっても、 Cloud Sync は変換と移動を行うことができます。

の機能

Cloud Sync の概要については、次のビデオをご覧ください。

Cloud Sync の仕組み

Cloud Sync は、データブローカー、 Cloud Manager から提供されるクラウドベースのインターフェイス、ソースとターゲットで構成されるソフトウェアサービス( SaaS )プラットフォームです。

次の図は、 Cloud Sync コンポーネント間の関係を示しています。

ソースからターゲットへのデータフローを示す概念図。データブローカーソフトウェアは仲介役として機能し、クラウド同期サービスをポーリングしてタスクを確認します。

ネットアップのデータブローカーソフトウェアは、ソースからターゲットへデータを同期します(これを「 a_sync relationship_ 」と呼びます)。データブローカーは、 AWS 、 Azure 、 Google クラウドプラットフォーム、または社内で実行できます。データブローカーが Cloud Sync サービスと通信し、他のいくつかのサービスやリポジトリと通信できるように、ポート 443 を介したアウトバウンドインターネット接続が必要です。 "エンドポイントのリストを表示します。"

最初のコピーの後、設定したスケジュールに基づいて変更されたデータが同期されます。

サポートされているストレージタイプ

Cloud Sync でサポートされるストレージタイプは次のとおりです。

  • 任意の NFS サーバ

  • 任意の SMB サーバ

  • Amazon EFS

  • ONTAP 対応の Amazon FSX

  • Amazon S3

  • Azure Blob の略

  • Azure NetApp Files の特長

  • Cloud Volumes Service

  • Cloud Volumes ONTAP

  • Google クラウドストレージ

  • IBM クラウドオブジェクトストレージ

  • オンプレミスの ONTAP クラスタ

  • ONTAP S3 ストレージ

  • StorageGRID

コスト

Cloud Sync の使用に関連するコストには、リソース料金とサービス料金の 2 種類があります。

リソース料金

リソースの料金は、クラウドでデータブローカーを実行する場合のコンピューティングとストレージのコストに関連します。

サービス料金

14 日間の無料トライアル終了後に、同期関係の料金を支払う方法は 2 通りあります。1 つ目は、 AWS または Azure から登録する方法です。 AWS または Azure を利用すると、 1 時間ごとまたは 1 年ごとに料金を支払うことができます。2 つ目の選択肢は、ネットアップから直接ライセンスを購入することです。詳細については、次のセクションを参照してください。

Marketplace サブスクリプション

AWS または Azure から Cloud Sync サービスに加入すると、 1 時間あたりの料金を支払うか、年間の料金を支払うことができます。 "AWS または Azure でサブスクライブできます"、どこに課金するかによって異なります。

ネットアップのライセンス

同期関係のコストを事前に支払うもう 1 つの方法は、ネットアップからライセンスを直接購入することです。各ライセンスでは、最大 20 の同期関係を作成できます。

これらのライセンスは、 AWS または Azure サブスクリプションで使用できます。たとえば、 25 の同期関係がある場合は、ライセンスを使用して最初の 20 の同期関係に料金を支払い、残りの 5 つの同期関係を持つ AWS または Azure から従量課金制で支払うことができます。

ライセンス条項

Cloud Sync サービスに Bring Your Own License ( BYOL )を購入されたお客様は、ライセンス資格に関連する制限事項に注意する必要があります。

  • お客様は、納品日から 1 年を超えない期間、 BYOL ライセンスを利用できます。

  • お客様は、 BYOL ライセンスを利用して、ソースとターゲットの間の合計 20 個の個別接続を確立することができます(それぞれ「同期関係」)。

  • お客様の利用資格は、お客様が 20 件の同期関係の制限に達したかどうかに関係なく、 1 年間のライセンス期間の終了時に期限切れとなります。

  • お客様がライセンスの更新を選択した場合、以前のライセンス付与から関連付けられた未使用の同期関係は、ライセンスの更新には引き継がれません。

データのプライバシー

ネットアップには、 Cloud Sync サービスの使用中に指定したクレデンシャルへのアクセス権がありません。クレデンシャルは、ネットワーク内のデータブローカーマシンに直接保存されます。

選択した設定によっては、新しい関係を作成するときに Cloud Sync によってクレデンシャルの入力が求められる場合があります。たとえば、 SMB サーバを含む関係を設定する場合や、 AWS にデータブローカーを導入する場合などです。

これらのクレデンシャルは、常にデータブローカー自体に直接保存されます。データブローカーは、オンプレミスでもクラウドアカウントでも、ネットワーク上のマシンに配置されます。クレデンシャルがネットアップに提供されることはありません。

クレデンシャルは、 HanCorp Vault を使用してデータブローカーマシンでローカルに暗号化されます。

制限

  • Cloud Sync は中国ではサポートされていません。

  • 中国以外にも、 Cloud Sync データブローカーは次の地域ではサポートされていません。

    • AWS GovCloud (米国)

    • Azure US 政府

    • Azure US DoD