日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Azure for SnapCenter サービスでコネクタを作成します

寄稿者 netapp-soumikd

Cloud Manager の機能を使用するには、アカウント管理者がコネクタを導入する必要があります。Connector を使用すると、 Cloud Manager でパブリッククラウド環境内のリソースとプロセスを管理できます。

デフォルトでは、 Azure Marketplace から Connector を作成できます。の手順を実行しているとき "Azure Marketplace からコネクタを作成します"では、次の点に注意してください。

  • Cloud Manager for Cloud Volumes ONTAP が指定されている場合は、 SnapCenter サービスにも同じ機能を利用できます。

  • Cloud Manager Name に、よりわかりやすいようにコネクタ VM の名前を指定します。これは、 Cloud Manager UI にコネクタ名として表示されます。

  • パブリック IP なしでコネクタを設定した場合、またはファイアウォールを設定した場合は、コネクタマシンに接続するジャンプホストが必要です。

ある場合 "ユーザーの同意" Azure Active Directory で有効にするか、テナント管理者から同意を得られる場合は、 Cloud Manager UI からコネクタを作成できます。

ユーザー同意が有効になっています

Azure Active Directory でユーザの同意が有効になっている場合は、 "Cloud Manager からコネクタを作成します"

ユーザーの同意が無効になっています

  1. 次のいずれかを実行します。

    • 管理者の同意ワークフローが Active Directory で設定されている場合は、次の手順を実行します "管理者の同意を要求します"

    • 管理者の同意ワークフローが設定されていない場合は、次の操作を実行します。

      1. "テナント全体の管理者の同意を得るための URL を作成します"

        注記 clientID に 989efff4-9a9e-46fa -9f17 -de39e15714f9 を指定します。これは、 Cloud Manager ウィザードで指定された Cloud Manager Azure アプリケーション ID です。
      2. ブラウザで URL を実行し、同意を得るようにテナント管理者に依頼します。

        表示されたエラーは管理者が無視できます

  2. "Cloud Manager からコネクタを作成します"

重要 コンピュータに接続するには、コネクタの作成時に入力したユーザ名とパスワード、またはキーが必要です