日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

はじめに

寄稿者 netapp-soumikd netapp-tonacki

SnapCenter サービスを利用して、データを保護する手順をいくつか紹介します。

お勧めします "NetApp Cloud Central に登録"、 をクリックし、を設定します 。

SnapCenter サービスを導入できるのは、アカウント管理者だけです。ただし、アカウント管理者と SnapCenter 管理者は、どちらもさまざまな操作を実行できます。 "詳細はこちら。"

すべてのを確認してください "前提条件" コネクタを作成して SnapCenter サービスを有効にするには、次の手順を実行します。

前提条件をすべて満たすコネクタがある場合は、そのコネクタを使用できます。

Cloud Manager で Azure NetApp Files 作業環境を作成し、ネットアップアカウント、容量プール、ボリューム、 Snapshot を作成および管理します。 "詳細はこちら。"

お勧めします "SnapCenter サービスを有効にします" Cloud Manager UI を使用SnapCenter サービスが有効になると、 SnapCenter サービスをホストする Azure Kubernetes Service ( AKS )クラスタが作成されます。

お勧めします "HDBSQL クライアントをインストールします" をクリックして、 SAP HANA データベースに対してデータ保護処理を実行します。HDBSQL クライアントは、 SAP HANA システムとの通信に使用されます。

手動で行う必要があります "SAP HANA システムを追加します"

そのあとで、を実行できます "SAP HANA システムをバックアップ" システム定義またはカスタムのポリシーを使用する。データ損失が発生した場合は、を実行できます そのシステムのバックアップを使用する。