日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

コネクタのデフォルト設定

寄稿者 netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

コネクタのトラブルシューティングが必要な場合は、コネクタの設定を理解すると役立つことがあります。

  • Cloud Manager から(またはクラウドプロバイダのマーケットプレイスから直接) Connector を導入した場合は、次の点に注意してください。

    • AWS では、 EC2 Linux インスタンスのユーザ名は EC2-user です。

    • イメージのオペレーティングシステムは次のとおりです。

      • AWS : Red Hat Enterprise Linux 7.6 ( HVM )

      • Azure : CentOS 7.6

      • GCP : CentOS 7.9

        オペレーティングシステムには GUI は含まれていません。システムにアクセスするには、端末を使用する必要があります。

  • Connector インストールフォルダは、次の場所にあります。

    /opt/application/netapp/cloudmanager です

  • ログファイルは次のフォルダに格納されます。

    • /opt/application/netapp/cloudmanager/log を選択します

      このフォルダのログには、 Connector イメージと Docker イメージの詳細が記録されます。

    • /opt/application/NetApp/cloudmanager/docx_occm/data/log

      このフォルダには、コネクタで実行されているクラウドサービスと Cloud Manager サービスの詳細が記録されます。

  • Cloud Manager サービスの名前は occm です。

  • OCCM サービスは MySQL サービスに依存します。

    MySQL サービスがダウンしている場合は、 OCCM サービスもダウンしています。

  • 次のパッケージがまだインストールされていない場合は、 Cloud Manager によって Linux ホストにインストールされます。

    • 7 郵便番号

    • AWSCLI

    • Docker です

    • Java

    • Kubectl のように入力する

    • MySQL

    • Tridentctl

    • プル

    • 取得

  • このコネクタは Linux ホストで次のポートを使用します。

    • HTTP アクセスの場合は 80

    • 443 : HTTPS アクセス用

    • 3306 ( Cloud Manager データベース用

    • クラウドマネージャ API プロキシの場合は 8080

    • Service Manager API の場合は 8666

    • 8777 ( Health-Checker コンテナサービス API の場合)