日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

サポートされている Google Cloud ストレージクラスとリージョン

寄稿者 netapp-tonacki netapp-bcammett このページの PDF をダウンロード

Cloud Tiering は、複数の Google Cloud ストレージクラスとほとんどのリージョンをサポートしています。

サポートされている GCP ストレージクラス

GCP へのデータ階層化を設定すると、 Cloud Tiering は、アクセス頻度の低いデータに _Standard_storage クラスを自動的に使用します。Cloud Tiering では、ライフサイクルルールを適用して、特定の日数が経過したデータを _Standard_storage クラスから他のストレージクラスに移行できます。次のストレージクラスから選択できます。

  • ニアライン

  • コールドライン( Coldline )

  • Archive サービスの略

別のストレージクラスを選択しない場合、データは _Standard_storage クラスに残り、ルールは適用されません。

Cloud Tiering ライフサイクルルールを設定する場合、 Google アカウントでバケットを設定するときに、ライフサイクルルールを設定しないでください。

サポートされている Google Cloud リージョン

Cloud Tiering は、次のリージョンをサポートしています。

南北アメリカ

  • アイオワ

  • ロサンゼルス

  • モントリオール

  • N(バージニア州)

  • オレゴン

  • サンパウロ

  • サウスカロライナ

アジア太平洋地域

  • 香港

  • ムンバイ

  • 大阪

  • シンガポール

  • シドニー

  • 台湾

  • 東京

ヨーロッパ

  • ベルギー

  • フィンランド

  • フランクフルト

  • ロンドン

  • オランダ

  • チューリッヒ