日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Cloud Manager 3.9 の新機能

寄稿者 netapp-bcammett netapp-tonacki netapp-soumikd juliantap

RSS サブスクライブ

通常、 Cloud Manager では毎月新しいリリースが導入され、新機能、拡張機能、およびバグ修正が提供されます。

ヒント 以前のリリースをお探しですか?"3.8 の新機能"

Cloud Manager 3.9.14 ( 2022 年 1 月 2 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Cloud Volumes ONTAP の機能拡張

  • Cloud Volumes ONTAP は、 9.10.1 リリース以降、 Microsoft Azure で次の VM タイプでサポートされるようになりました。

    • E4ds_v4

    • E8ds_v4

    • E32ds_v4

    • E48ds_v4

    にアクセスします "Cloud Volumes ONTAP リリースノート" サポートされる構成の詳細については、を参照してください。

  • を使用する場合 "容量単位のライセンスです" Cloud Volumes ONTAP については、 FlexClone ボリュームで使用される容量の追加料金は発生しません。

  • Cloud Volumes ONTAP ワーク環境ごとの充電方法がキャンバスの右側のパネルに表示されるようになりました。

    Cloud Volumes ONTAP 作業環境の充電方法を示すスクリーンショット。キャンバスから作業環境を選択すると、右側のパネルに表示されます。

  • Cloud Volumes ONTAP 作業環境を作成する際に、デフォルトの admin ユーザ名ではなく、優先ユーザ名を入力できるようになりました。

    ユーザ名を指定できる作業環境ウィザードの詳細とクレデンシャルページのスクリーンショット。

  • ボリューム作成機能がいくつか強化されました。

    • 使いやすいようにボリューム作成ウィザードの設計が変更されました。

    • ボリュームに追加したタグがに関連付けられます "Application Templates サービス"を使用すると、リソースの管理を整理して簡単に行うことができます。

    • これで、 NFS 用のカスタムエクスポートポリシーを選択できるようになりました。

    新しいボリュームの作成時にプロトコルページを示すスクリーンショット。

Cloud Manager による Azure での Kubernetes クラスタのサポート( 2022 年 1 月 11 日)

Cloud Manager を使用して、 Azure で管理対象 Azure Kubernetes クラスタ( AKS )と自己管理型 Kubernetes クラスタを追加および管理できるようになりました。 "Azure での Kubernetes クラスタの使用の開始"

オンプレミス ONTAP クラスタの機能拡張

ボリュームに追加したタグがに関連付けられます "Application Templates サービス"を使用すると、リソースの管理を整理して簡単に行うことができます。

デジタルウォレットの機能強化

ライセンスの容量または期間を変更すると、 Digital Wallet でライセンスの条件が自動的に更新されるようになりました。手動でライセンスを更新する必要はありません。

自動ライセンス更新は、すべてのタイプの Cloud Volumes ONTAP ライセンスおよびデータサービスのすべてのライセンスで機能します。

Cloud Backup の機能拡張

  • これで、 AKS Kubernetes クラスタから Azure BLOB ストレージに永続ボリュームをバックアップできるようになりました。

    AKS クラスタに NetApp Astra Trident がインストールされていて、クラスタのバックエンドストレージとして Cloud Volumes ONTAP for Azure を使用している場合、 Azure BLOB ストレージとのボリュームをバックアップおよびリストアできます。 "詳細については、こちらをご覧ください"

  • このリリースでは、業界標準に合わせて Cloud Backup Service の料金が変更されています。

    バックアップファイルのサイズに基づいてネットアップに容量を支払う代わりに、バックアップ対象のソース ONTAP ボリュームの論理使用容量( ONTAP の効率化前)で計算された、保護対象のデータにのみ料金が発生します。この容量はフロントエンドテラバイト( FETB )とも呼ばれます。

Cloud Data Sense の強化

  • グローバル Active Directory を Cloud Data Sense と統合することで、ファイル所有者や、ファイルにアクセスできるユーザーやグループについてデータセンスがレポートする結果を高めることができます。

    Data Sense で特定のデータソースから CIFS ボリュームをスキャンできるように入力する Active Directory クレデンシャルに加えて、この新しい統合によって他のユーザやシステムも統合されるようになります。データセンスは、統合されたすべての Active Directory でユーザと権限の詳細を確認します。 "グローバル Active Directory の設定方法を参照してください"

  • データセンスでは、ポリシーで定義したクエリに一致するファイルを自動的に削除できます。 "カスタムポリシーの作成方法については、を参照してください"

  • Cloud Manager Connector のセキュリティグループでは、セキュリティを強化するために、データセンスインスタンスとの間のインバウンドトラフィックとアウトバウンドトラフィックにポート 80 ではなくポート 443 が使用されます。この時点では両方のポートは開いたままなので、問題はありませんが、将来のリリースではポート 80 が廃止される予定であるため、以前のどの環境でもセキュリティグループを更新する必要があります。

Cloud Sync の機能拡張

  • 2 つの新しい同期関係がサポートされています。

    • Box to Azure NetApp Files の略

    • Box から Amazon FSX for ONTAP に移動します

  • 同期関係ごとにわかりやすい名前を指定できるようになり、各関係の目的を簡単に特定できるようになりました。この名前は、関係の作成時および作成後にいつでも追加できます。

    関係の名前の横にある編集ボタンを示す同期関係のスクリーンショット。

  • Amazon S3 との間でデータを同期する際に、 S3 プライベートリンクを使用するかどうかを選択できます。データブローカーは、ソースからターゲットにデータをコピーする際、プライベートリンクを経由します。

    データブローカーに関連付けられている IAM ロールでは、この機能を使用するために次の権限が必要です。

    "ec2:DescribeVpcEndpoints"

    この権限は、作成した新しいデータブローカーに自動的に追加されます。

  • Amazon S3 が同期関係のターゲットである場合に、 _Glacier Instant Retrieve_storage クラスを選択できるようになりました。

  • Cloud Sync で、オブジェクトストレージから SMB 共有への ACL のコピーがサポートされるようになりました。これまでは、 SMB 共有からオブジェクトストレージへの ACL のコピーのみがサポートされていました。

  • SFTP から Amazon S3 への同期関係の作成がユーザインターフェイスでサポートされるようになりました。この同期関係は、以前は API でのみサポートされていました。

  • ダッシュボードのテーブルビューを再設計して使いやすくしました。詳細情報 * をクリックすると、ダッシュボードが Cloud Sync でフィルタされ、その関係に関する詳細情報が表示されます。

    ダッシュボードのテーブルビューのスクリーンショット。

  • Cloud Sync は、 AWS アジア太平洋(ジャカルタ)リージョンでのデータブローカーの導入をサポートするようになりました。

コネクタの機能拡張

  • パブリッククラウド環境内でリソースやプロセスを管理するためにコネクタが接続する必要があるエンドポイントの数を削減しました。

  • Cloud Manager から AWS に新しいコネクタを導入する際に、デフォルトのマスターキーまたは管理対象キーを使用してコネクタの EBS ディスクを暗号化できるようになりました。

    AWS でコネクタを作成する際のディスク暗号化オプションを示すスクリーンショット。

サポートダッシュボードの機能拡張

Cloud Manager に、ネットアップサポートサイトのアカウントに関連付けられている E メールアドレスが表示されるようになりました。

ネットアップサポートサイトのアカウントの操作メニューを示すスクリーンショット。 E メールアドレスを表示できます。

Cloud Manager 3.9.13 アップデート( 2021 年 12 月 16 日)

この更新には、いくつかの機能とサービスの機能拡張が含まれています。

Cloud Manager と Cloud Data Sense の機能拡張

このアップデートでは、インターネットにアクセスできないオンプレミスサイトに Cloud Manager と Cloud Data Sense を導入できるようになります。セキュアなサイトで Cloud Manager を使用して、オンプレミスの ONTAP クラスタを管理し、クラスタ間でデータをレプリケートし、クラウドデータセンスを使用してそれらのクラスタからデータをスキャンできるようになります。

SnapCenter サービス 1.0.1 ( 12 月 21 日)

このアップデートには、 Apache log4j の脆弱性に対するセキュリティ修正が含まれています。

SnapCenter サービス 1.0.1 をアップグレードすると、バージョン 2.9.1 から 2.17 に Apache log4j がアップグレードされ、次の脆弱性が解決されます: CVE-20244228 、 CVE-2012-4104 、および CVE-2016-45105 。

SnapCenter サービスクラスタは最新バージョンに自動更新される必要があります。SnapCenter サービス UI に、クラスタが 1.0.1.1251 以降であることを確認する必要があります。

Cloud Manager 3.9.13 ( 2021 年 11 月 28 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Cloud Volumes ONTAP の機能拡張

  • Cloud Manager で Cloud Volumes ONTAP 9.10.1 の導入と管理が可能になりました。

  • Keystone Flex Subscriptions を使用して、 Cloud Volumes ONTAP HA ペアの料金を支払うことができるようになりました。

    Keystone Flex サブスクリプションは、成長に合わせて購入できるサブスクリプションベースのサービスです。 OPEX 消費モデルを希望するお客様に、設備投資やリースを先に行うお客様にシームレスなハイブリッドクラウドエクスペリエンスを提供します。

    Keystone Flex サブスクリプションは、 Cloud Manager から導入可能なすべての新しいバージョンの Cloud Volumes ONTAP でサポートされます。

  • Cloud Volumes ONTAP は、 AWS アジア太平洋(大阪)リージョン( AP-F北東 -3 )でサポートされるようになりました。

  • Azure の Cloud Volumes ONTAP システムでは、シングルノードシステムと HA ペアの両方に対してポート 8023 と 49000 が開かれなくなりました。

    これにより、 Cloud Volumes ONTAP の _new_環境 システムが、 3.9.13 リリース以降のコネクタから変更されます。

オンプレミス ONTAP クラスタの機能拡張

使いやすいようにボリューム作成ウィザードが再設計され、カスタムのエクスポートポリシーを選択できるようになりました。

新しいボリュームを作成するときの詳細と保護のページを示すスクリーンショット。

Cloud Sync の機能拡張

新しい Kubernetes のサポート

高度なデータ管理のために、管理対象 Kubernetes クラスタを Cloud Manager のキャンバスに追加できるようになりました。

  • Amazon EKS クラスタを検出します

  • Cloud Backup を使用して永続ボリュームをバックアップする

ヒント 既存の Kubernetes サービス( * K8s * タブで利用可能)は廃止され、今後のリリースで削除される予定です。

Cloud Backup の機能拡張

  • Kubernetes クラスタから Amazon S3 に永続ボリュームをバックアップできるようになりました。

    EKS クラスタに NetApp Astra Trident がインストールされていて、クラスタのバックエンドストレージとして Cloud Volumes ONTAP for AWS を使用している場合、 Amazon S3 との間でボリュームをバックアップおよびリストアできます。 "詳細については、こちらをご覧ください"

  • Cloud Backup で、 SVM-DR 関係のターゲット ONTAP システムに存在する DP ボリュームのバックアップの作成がサポートされるようになりました。いくつかの制限事項があります。を参照してください "制限事項" を参照してください。

Cloud Data Sense の強化

  • ONTAP のクローニングには Data Sense を使用できますが、新しいクローンボリューム内のソースボリュームから選択したファイルのみを含めることができます。これは、データを移行して特定のファイルを除外する場合や、テスト用にボリュームのコピーを作成する場合に役立ちます。

  • "Cloud Manager の GCP Marketplace サブスクリプション" クラウドデータセンスのサポートが追加されました。お客様は、従量課金制( PAYGO )サブスクリプションを使用して、ネットアップのライセンスを使用するだけでなく、 Google Cloud ストレージに導入された Cloud Volumes ONTAP システムからデータをスキャンできるようになりました。

  • 長時間実行されているコンプライアンスアクションのステータスを表示できるようになりました。

    たとえば、 50 個のファイルを削除するなど、多くのファイルで [ 調査結果 ] ペインからアクションを実行する場合、プロセスには時間がかかることがあります。これらの非同期アクションのステータスを監視できるようになり、すべてのファイルにいつ適用されたかを確認できます。

  • データセンスは、個人データの種類「 British Passport 」と「 National Health Service ( NHS ) Number 」をファイルで見つけることができるようになりました。 "スキャンで検出されたすべての個人データタイプのリストを表示します"

  • [ データ調査 ] ページでデータをフィルタリングするときに、 [ 作業環境タイプ ] の新しいフィルタが追加されました。これにより、 Cloud Volumes ONTAP システムの結果、 ONTAP システムの FSX 、オンプレミスの ONTAP システムなどをフィルタリングできます。

Active IQ Digital Advisor の完全な統合

"Active IQ デジタルアドバイザ" Cloud Manager の UI に統合されているため、 ONTAP クラスタの処理、セキュリティ、パフォーマンスを一元的に最適化できます。Cloud Manager で「 Active IQ 」サービスを選択するだけです。

Cloud Manager で NSS アカウントの登録または更新が必要になることがあります。 "詳細については、こちらをご覧ください"

ネットアップサポートサイトのアカウントの機能拡張

Cloud Manager 3.9.12 build 2 ( 2021 年 11 月 10 日)

このパッチアップデートにはバグ修正が含まれています。

Cloud Manager 3.9.12 の更新( 2021 年 11 月 5 日)

Cloud Backup の機能拡張

  • Amazon S3 または Azure Blob にあるバックアップファイルからオンプレミスの ONTAP システムにボリュームをリストアする場合、オンプレミスシステムに接続するプライベートかつセキュアなプライベートエンドポイントを選択できるようになりました。

  • 古いバックアップファイルを特定の日数後にアーカイブストレージに階層化してコストを削減できるようになりました。

    クラスタで ONTAP 9.10.1 以降が実行されており、 AWS または Azure クラウドストレージを使用している場合に、アーカイブストレージへのバックアップの階層化を有効にすることができます。詳細については、を参照してください "AWS S3 アーカイブストレージクラス" および 。

  • Cloud Backup の BYOL ライセンスが、 Cloud Manager Digital Wallet の Cloud Backup Licenses タブから Data Services Licenses タブに移動しました。

Cloud Data Sense の機能強化( 11 月 7 日)

  • 作業環境内の個々のボリュームをマッピングまたは分類できるようになりました。

    これまでは、すべてのボリュームをマッピングするか、各作業環境内のすべてのボリュームをマッピングして分類できました。これで、個々のボリュームをマッピングまたは分類することができます。このオプションは、 Cloud Volumes ONTAP ボリューム、 ANF ボリューム、オンプレミス ONTAP ボリューム、 ONTAP ボリュームで FSX を使用できます。

  • データがスキャンしているすべてのソースファイルをデスティネーション NFS 共有にコピーできます。これは、特定のデータのコピーを作成して別の NFS の場所に移動する場合に便利です。 "詳細はこちら。"

  • FSX で ONTAP ファイルシステムのデータ保護ボリュームをスキャンできるようになりました。 "詳細はこちら。"

  • [ 調査 ] ページの [ 検出時刻 ] という新しいフィルタを使用すると、データ検出によって最初にファイルが検出されたときに、日付範囲別にファイルを表示できます。また、 [ ファイルの詳細 ] ページや、ファイルの CSV 形式で出力したレポートにも、 [ 検出時刻 ] が追加されています。

最新のアップデート( 2021 年 11 月 4 日)

SOC 2 Type 2 認定

独立機関の公認会計士であり、サービス監査役は、 Cloud Manager 、 Cloud Sync 、 Cloud Tiering 、 Cloud Data Sense 、 Cloud Backup ( Cloud Manager プラットフォーム)を調査し、該当する信頼サービス基準に基づいて SOC 2 Type 2 のレポートを達成したことを確認しました。

コネクタはプロキシとしてサポートされなくなりました

AutoSupport から Cloud Volumes ONTAP メッセージを送信するためのプロキシサーバとして Cloud Manager Connector を使用することはできなくなりました。この機能は削除され、サポートも終了しています。AutoSupport 接続は、 NAT インスタンスまたは環境のプロキシサービスを介して提供する必要があります。

Cloud Manager 3.9.12 ( 2021 年 10 月 31 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Amazon FSX for ONTAP の機能強化

Cloud Sync の機能拡張

コネクタの機能拡張

Microsoft Azure で新しいコネクタを作成する際、 Azure アカウントのクレデンシャルではなく Azure サービスプリンシパルで認証できるようになりました。

リソースのタグ付けの機能拡張

これで、同期関係にタグを付けて、簡単にアクセスできるように関係をグループ化または分類できます。 "リソースタグ付けの詳細については、こちらをご覧ください"

クレデンシャルの機能拡張

クレデンシャルページのデザインを見直し、使いやすく、 Cloud Manager のインターフェイスの外観に合わせて刷新しました。

Cloud Manager 3.9.11 ( 2021 年 10 月 4 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Amazon FSX for ONTAP の機能強化

Cloud Volumes ONTAP の機能拡張

Cloud Backup の機能拡張

  • これで、各バックアップファイルのサイズがバックアップリストページに表示され、ボリュームまたはファイルのリストア処理を実行したときに表示されるようになりました。

    これは、不要な大容量のバックアップファイルを削除する場合や、バックアップファイルのサイズを比較して、悪意のあるソフトウェア攻撃の結果として発生する可能性のある異常なバックアップファイルを特定する場合に便利です。

  • 新しい TCO 計算ツールを使用して、 Cloud Backup の総所有コストを把握し、これらのコストを従来のバックアップソリューションと比較して、削減可能なコストを試算できます。ご確認くださいhttps://cloud.netapp.com/cloud-backup-service-tco-calculator["こちらをご覧ください"]。

  • これで、簡単に実現できます "作業環境での Cloud Backup の登録を解除します" その作業環境でバックアップ機能を使用しない(または課金される)場合。

Cloud Sync の機能拡張

Cloud Data Sense の強化

  • ネットアップが提供する BYOL ライセンスがサポートされています。

    クラウドプロバイダマーケットプレイスでデータセンスのライセンスを取得することに加え、ネットアップから Bring Your Own License ( BYOL ;お客様所有のライセンスを使用)を購入できるようになりました。これは、 Cloud Manager アカウント内のすべての作業環境とデータソースで使用できます。

  • Google Cloud Platform のサポート。

    Cloud Data Sense は、 GCP に導入されている Cloud Volumes ONTAP システムからデータをスキャンできるようになりました。データセンスは GCP に導入する必要があり、コネクタは GCP またはオンプレミスに導入する必要があります。

    Connector に関連付けられた GCP サービスアカウントには、 Cloud Data Sense を GCP に導入するための最新の権限が必要です。 "必要な新しい 3 つの権限を確認します"

  • データセンスは、 FSX から ONTAP システムの CIFS ボリュームをスキャンできるようになりました。 "Amazon FSX で ONTAP ボリュームをスキャンする方法を参照してください"

アプリケーションテンプレートの機能拡張( 10 月 11 日)

  • 既存のテンプレートの複製を作成できるようになりました。これにより、既存のテンプレートと非常によく似た新しいテンプレートを作成する場合に、時間を大幅に節約できます。複製を新しい名前で作成し、テンプレートを一意にする結合アイテムを変更するだけです。 "テンプレートのコピーを作成する方法については、を参照してください"

  • テンプレートを使用して作成したボリュームでサービスを有効にする方がはるかに簡単になりました。作業環境、 Storage VM 、およびボリューム名を特定する変数を事前に選択しておく必要があります。これで、この情報がテンプレートに追加されました。これにより、新しく作成したボリュームへの Cloud Backup 、 Cloud Compliance 、および Replication のサービスの追加が簡単になります。

リソースタグ付けの機能拡張( 10 月 11 日)

  • サポートが追加され、特定の GCP リソースにラベルを付けることができます。

    Cloud Manager Tagging サービスを使用して、 GCP リソースのラベルを管理できるようになりました。リソースに適用されている GCP ラベルとラベル値を表示したり、管理している他の GCP リソースにそれらのラベルを適用したりできます。 "ラベルを付けることができる GCP リソースを表示します"

SnapCenter サービスのサポート( 10 月 13 日)

  • SnapCenter サービスは、ネットアップクラウドストレージで実行されているアプリケーションにデータ保護機能を提供します。NetApp Cloud Manager で SnapCenter サービスを有効にすると、 Azure NetApp Files ( ANF )上にある SAP HANA ® システムを、アプリケーションと整合性のある効率的なポリシーベースのバックアップとリストアで利用できます。

  • コネクタを作成し、 SnapCenter サービスを有効にして、 SAP HANA システムを追加し、バックアップとリストアの処理を実行する必要があります。

Cloud Manager 3.9.10 build 2 ( 2021 年 9 月 12 日)

ボリュームの言語コードが Storage VM の言語コードと異なると、ボリュームのリストア処理が失敗する Cloud Backup のバグを修正しました。

Cloud Manager 3.9.10 ( 2021 年 9 月 2 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Amazon FSX for ONTAP のサポート

Cloud Volumes ONTAP の機能拡張

データは、を使用して Azure の Cloud Volumes ONTAP で自動的に暗号化されます "Azure Storage Service Encryption の略" Microsoft が管理するキーを使用する場合:ただし、次の手順を実行する代わりに、お客様が管理する独自の暗号化キーを使用できるようになりました。

  1. Azure で、キーヴォールトを作成し、そのヴォールトでキーを生成します。

  2. Cloud Manager から、 API を使用して、キーを使用する Cloud Volumes ONTAP 作業環境を作成します。

Cloud Data Sense の強化

  • Amazon FSX for ONTAP システムで NFS ボリューム上のデータのスキャンがサポートされるようになりました。 "FSX for ONTAP システムのスキャンを設定する方法を参照してください"

  • データセンスを使用してファイルに「ステータス」情報を追加する機能により、用語が「タグ」を使用するように変更されました。これらはファイルレベルのタグであり、ボリューム、 EC2 インスタンス、仮想マシンなどに適用できるリソースレベルのタグと混同しないでください

Cloud Sync の機能拡張

Amazon FSX for ONTAP ファイルシステムとの間でデータを同期できるようになりました。

Cloud Tiering の機能拡張

  • FabricPool ライセンスは、 Cloud Tiering BYOL の新しいライセンスに置き換えられました

    Cloud Tiering サービスを使用した、 Cloud Manager でサポートされる階層化構成に、新しい * Cloud Tiering * ライセンスが追加されました。複数のオンプレミス ONTAP クラスタにわたって使用できるフローティングライセンスです。過去に使用したことのある * FabricPool * ライセンスは、 Cloud Manager でサポートされていない構成にのみ保持されます。

  • オンプレミスの ONTAP クラスタから、 Simple Storage Service ( S3 )プロトコルを使用する任意のオブジェクトストレージサービスに、アクセス頻度の低いデータを階層化できるようになりました。

レプリケーションの機能拡張

Cloud Volumes ONTAP システムまたはオンプレミスの ONTAP クラスタから ONTAP ファイルシステム用の Amazon FSX にデータをレプリケートできるようになりました。

Cloud Backup の機能拡張

  • オンデマンドバックアップをいつでも作成して、ボリュームの現在の状態をキャプチャできるようになりました。これは、ボリュームに重要な変更が加えられており、次のスケジュールされたバックアップがそのデータを保護するのを待つ必要がない場合に便利です。

  • オンプレミスの ONTAP システムから Amazon S3 へのバックアップを設定する際に、アクティブ化ウィザードでプライベートインターフェイスエンドポイントへの接続を定義できるようになりました。これにより、オンプレミスシステムをプライベートかつセキュアに接続するネットワークインターフェイスを、 AWS PrivateLink を基盤とするサービスに使用できるようになります。 "このオプションの詳細を参照してください"

  • セキュリティと制御を強化するために、デフォルトの Amazon S3 暗号化キーを使用する代わりに、アクティブ化ウィザードでお客様が管理するデータ暗号化キーを選択できます。

    オンプレミスの ONTAP システムまたは AWS の Cloud Volumes ONTAP システムからバックアップを設定する場合に使用できます。

  • 最大 30,000 個のフラットファイルを含む単一のディレクトリを参照できるという制限が削除されました。ファイル数が多いディレクトリからファイルをリストアできるようになりました。

リソースタギングの機能拡張

新しい通知サービスが追加されました

通知サービスが導入され、現在のログインセッションで開始した Cloud Manager の処理のステータスを表示できるようになりました。処理が成功したかどうか、または失敗したかどうかを確認できます。 "アカウントの操作を監視する方法については、を参照してください"

Cloud Manager 3.9.9 ビルド 2 ( 2021 年 8 月 18 日)

このパッチアップデートにはバグ修正が含まれています。

Cloud Manager 3.9.9 更新( 2021 年 8 月 8 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

アプリケーションテンプレートの機能拡張

  • テンプレートを使用して、 Cloud Volumes ONTAP 作業環境と最初のボリュームを作成できるようになりました。現時点では AWS 環境のみがサポートされ、シングルノードクラスタのみがサポートされます。方法を参照してください "Cloud Volumes ONTAP 作業環境のテンプレートを作成します"

  • 新しい機能を使用すると、ボリュームテンプレート内のボリュームにタグを追加できます。タグ付けを使用すると、さまざまなリソースをグループ化してアプリケーション、リージョン、または部門を特定し、自動化を実行したり、特定の部門や地域にコストを割り当てることができます。

リソースタギングの機能拡張

Cloud Manager で AWS EC2 インスタンスからタグを管理できるようになりました。EC2 インスタンスに適用されている AWS のタグとタグの値を表示して、それらのタグを管理している他の EC2 インスタンスに適用することができます。 "タグ付けの詳細をご覧ください"

Cloud Manager 3.9.9 ( 2021 年 8 月 1 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Cloud Backup の機能拡張

  • オンプレミスの ONTAP システムから Azure Blob へのバックアップを設定する場合は、アクティブ化ウィザードで Azure プライベートエンドポイントへの接続を定義できます。これにより、プライベートかつセキュアに Azure Private Link を搭載したサービスに接続するネットワークインターフェイスを使用できます。

  • 既存の Daily 、 Weekly 、および Monthly ポリシーに加え、 Hourly バックアップポリシーがサポートされるようになりました。毎時バックアップポリシーは、最小限の目標復旧時点( RPO )を提供します。

Cloud Sync の機能拡張

  • Cloud Sync で、既存の同期関係のソースまたはターゲットの最新のクレデンシャルを使用してデータブローカーを更新できるようになりました。

    この拡張機能は、セキュリティポリシーで定期的にクレデンシャルを更新するように要求される場合に役立ちます。 "クレデンシャルを更新する方法について説明します"

    "ソースまたはターゲットの名前のすぐ下にある [ 関係の同期 ページの [ 資格情報の更新 ] オプションを示すスクリーンショット。"]

  • 同期関係を作成するときに、同期関係内のオブジェクトストレージターゲットにタグを追加できるようになりました。

    タグの追加は、 Amazon S3 、 Azure Blob 、 Google Cloud Storage 、 IBM Cloud Object Storage 、および StorageGRID でサポートされています。

    作業環境ウィザードのページを示すスクリーンショット。関係を構成するオブジェクトストレージターゲットに関係タグを追加できます。

  • Cloud Sync は現在サポートされています "ボックス" Cloud Sync API を使用する際に、 Amazon S3 、 StorageGRID 、 IBM Cloud Object Storage との同期関係のソースとして使用。

  • Google Cloud にデータブローカーを導入する際に、仮想マシンインスタンスに対してパブリック IP アドレスを有効にするか無効にするかを選択できるようになりました。

  • Azure NetApp Files のソースボリュームまたはターゲットボリュームを選択した場合、同期関係用に選択したプロトコルに関係なく、 Cloud Sync にデュアルプロトコルボリュームが表示されるようになりました。

Cloud Data Sense の強化

  • 複数のファイルのファイル設定を一度に管理できます。

    以前のバージョンの Cloud Data Sense では、一度に 1 つのファイルに対して次のアクションを実行できました。ステータスタグの追加、ユーザの割り当て、および AIP ラベルの追加。これで、 [ データ調査 ] ページから複数のファイルを選択し、これらのアクションを複数のファイルに対して実行できるようになりました。

  • データの経過時間グラフをガバナンスダッシュボードで表示する場合、最後に変更された日時に基づいてデータを表示するだけでなく、作成日時または最終アクセス日時(読み取り時)に基づいてデータを表示できるようになりました。

    この情報は、データマッピングレポートにも記載されています。

  • オンプレミスにデータセンスを導入する場合、ペタバイト規模のデータを含む構成をスキャンする予定のときに、オンプレミスの他のホストにスキャンソフトウェアをインストールできるようになりました。これらの追加スキャナノードは、非常に大規模な構成をスキャンする際に処理能力を向上させます。

監視機能の強化

Acquisition Unit インスタンスのデフォルトの名前を CloudInsights - AU - _UUID_so に変更し、わかりやすい名前にしました( UUID は生成されたハッシュです)。

このインスタンスは、 Cloud Volumes ONTAP 作業環境で監視サービスを有効にすると Cloud Manager によって導入されます。

コネクターの拡張

Red Hat Enterprise Linux 7.9 を実行しているホストでは、コネクタがサポートされるようになりました。

Cloud Manager 3.9.8 build 3 ( 2021 年 7 月 25 日)

このパッチのアップデートには、バグ修正とセキュリティの改善が含まれています。

Cloud Manager 3.9.8 の更新( 2021 年 7 月 13 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

アプリケーションテンプレートの機能拡張

  • サポートが追加され、必要なテンプレートに追加できるようになりました "作成するボリュームにデータをレプリケートします" を使用して別のボリュームに移動します 。他のネットアップストレージシステムにデータをレプリケートし、セカンダリデータを継続的に更新することで、データは最新の状態に保たれ、必要なときにいつでも使用できます。

  • ダッシュボードで単一ボリュームの情報を表示するだけでなく、テンプレート設定から「ドリフト」のボリュームをすべて含むレポートをダウンロードできるようになりました。このようにして、これらのボリュームを特定し、ボリュームをコンプライアンスに戻す誰かを割り当てることができます。を参照してください "ドリフトレポートをダウンロードする方法"

新しいリソースタグ機能

  • Cloud Manager の新機能を使用すると、既存の ONTAP リソースにタグを適用して、リソースを整理および管理できるようになります。タグは、リソースをグループ化してアプリケーション、環境、リージョン、課金コード、クラウドプロバイダを識別するために使用できるメタデータです。 その他。

Cloud Manager 3.9.8 ( 2021 年 7 月 7 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Cloud Volumes ONTAP の機能拡張

このリリースの Cloud Manager では、 Cloud Volumes ONTAP の管理が強化されています。

すべてのクラウドプロバイダで利用できる機能拡張

  • Cloud Volumes ONTAP では、新しい充電方法を利用できます。

    • * 容量ベースの BYOL * :容量ベースのライセンスでは、 TiB あたりの Cloud Volumes ONTAP 料金を支払うことができます。このライセンスはネットアップアカウントに関連付けられており、ライセンスで十分な容量が確保されていれば、複数の Cloud Volumes ONTAP システムを作成できるようになっています。容量ベースのライセンスは、 Essentials_or_Professional のいずれかのパッケージ形式で提供されます。

    • * Freemium offering * : Freemium により、ネットアップのすべての Cloud Volumes ONTAP 機能を無償で使用できます(クラウドプロバイダの料金は引き続き適用されます)。システムあたりのプロビジョニング可能な容量は 500 GiB に制限されており、サポート契約はありません。最大 10 個の Freemium システムを使用できます。

      次に、 Azure に新しい Cloud Volumes ONTAP システムを導入する際に選択できる充電方法の例を示します。

    Cloud Volumes ONTAP 作業環境ウィザードのスクリーンショット。充電方法を選択できます。

  • Write Once 、 Read Many ( WORM )ストレージはプレビューではなくなり、 Cloud Volumes ONTAP で一般的に使用できるようになりました。 "WORM ストレージの詳細については、こちらをご覧ください。"

AWS で利用できる機能拡張

9.9.1 リリース以降、 Cloud Volumes ONTAP では m5dn.24xlarge インスタンスタイプがサポートされるようになりました。課金方式は PAYGO Premium 、 Bring Your Own License ( BYOL ;お客様所有のライセンスを使用)、 Freemium です。

Azure で利用できる機能拡張

  • Azure で Cloud Volumes ONTAP システムを作成する際に、 VM とその関連リソースに対して既存のリソースグループを選択できるようになりました。

    既存のリソースグループを選択できる作業環境作成ウィザードのスクリーンショット。

    導入に失敗したり削除したりした場合、 Cloud Manager は次の権限を使用してリソースグループから Cloud Volumes ONTAP リソースを削除します。

    "Microsoft.Network/privateEndpoints/delete",
    "Microsoft.Compute/availabilitySets/delete",

    Cloud Manager に追加した Azure クレデンシャルの各セットに、これらの権限を必ず付与してください。最新の権限のリストは、で確認できます "Cloud Manager のポリシーのページです"

  • セキュリティの強化として、 Cloud Volumes ONTAP 用のストレージアカウントの作成時に Cloud Manager で * Blob パブリックアクセス * が無効になるようになりました。

  • デフォルトで、 Cloud Manager は、新しい Cloud Volumes ONTAP システムのブート診断ストレージアカウントで Azure Private Link 接続を有効にするようになりました。

    つまり、 Cloud Volumes ONTAP の _all_storage アカウントでプライベートリンクが使用されるようになります。

Google Cloud で利用可能な機能強化

  • 9.9.1 リリース以降、 Cloud Volumes ONTAP では Balanced Persistent Disk ( pd-bBalanced )がサポートされるようになりました。

    この SSD は、 GiB あたりの IOPS を下げて、パフォーマンスとコストのバランスを取ります。

  • 新しい Cloud Volumes ONTAP システムでは、 custom-4-16384 マシンタイプはサポートされなくなりました。

    このタイプのマシンで既存のシステムを実行している場合は、引き続き使用できますが、 n2 標準 -4 マシンタイプに切り替えることをお勧めします。

Cloud Backup の機能拡張

  • Cloud Backup で、 Cloud Volumes ONTAP システムに使用するアカウントやサブスクリプションとは異なるものを使用してバックアップを作成できるようになりました。Cloud Volumes ONTAP システムの導入リージョンとは異なるリージョンにバックアップファイルを作成することもできます。

    この機能は、 AWS または Azure を使用している場合にのみ使用できます。既存の作業環境でバックアップを有効にする場合にのみ使用できます。新しい Cloud Volumes ONTAP 作業環境を作成する場合は使用できません。

  • セキュリティと制御を強化するために、 Microsoft が管理するデフォルトの暗号化キーを使用する代わりに、アクティベーションウィザードで、お客様が管理する独自のキーを選択してデータを暗号化できます。

    オンプレミスの ONTAP システムまたは Azure の Cloud Volumes ONTAP システムからバックアップを設定する場合に使用できます。

  • バックアップファイルからの単一ファイルの復元を使用して一度に 8 ファイルのみを復元するという制限がなくなりました。一度に最大 100 個のファイルをリストアできるようになりました。

Cloud Tiering の機能拡張

データを Azure BLOB ストレージに階層化するときに、 Connector をオンプレミスで実行できるようになりました。Azure VNet にインストールされたコネクタを使用する必要はなくなりました。

Cloud Data Sense の強化

  • 新しい機能を使用すると、を実行できます "データがスキャンしているソースファイルをすべての NFS 共有に移動します"。これにより、機密ファイルやセキュリティ関連ファイルを特別な領域に移動して、より詳細な分析を行うことができます。

  • 完全な分類スキャンを実行する代わりに、データをカテゴリにすばやくマッピングするように選択できるようになりました。これにより、を実行できます "データマッピングレポートを表示します" ガバナンスダッシュボードでは、完全なスキャンを実行する必要がない特定のデータソースがある場合に、データの概要を確認できます。

  • できるようになりました。 "ファイルを特定の Cloud Manager ユーザに割り当てます" そのため、ファイルに対して行う必要があるフォローアップアクションを担当することができます。この機能を既存の機能とともに使用して、カスタムステータスタグをファイルに追加できます。

    [ 調査 ] ページの新しいフィルタを使用すると、 [ 割り当て先 ] フィールドに同じユーザーを持つすべてのファイルを簡単に表示できます。

  • スキャン要件が小さいユーザの中には、より小さいクラウドデータセンスインスタンスを使用できるようにする必要のあるユーザもいます。できるようになりました。これらの小規模なインスタンスを使用する場合は、いくつかの制限事項があります "これらの制限事項を最初に確認してください"

  • データスキャンは、ストレージシステムとデータにほとんど影響を与えません。ただし、影響が非常に小さい場合でも、「低速」スキャンを実行するように Data Sense を設定できます。

  • [ ファイルの詳細 ] ページとレポートに [ 最終アクセス日時 ] の値が追加され、 CSV 形式で出力されます。これにより、ユーザーがファイルに最後にアクセスしたときを確認できます。

Cloud Sync の機能拡張

  • Cloud Sync のユーザインターフェイスで、 ONTAP S3 ストレージと Google Cloud Storage バケットの間の同期関係がサポートされるようになりました。

  • 同期関係を作成して設定を有効にすると、 Cloud Sync でオブジェクトベースのストレージ間でオブジェクトのメタデータとタグをコピーできるようになりました。

    "[ オブジェクトのコピー 設定の詳細については、を参照してください"]。

  • Google Cloud サービスアカウントで認証することで、外部の橋本 Vault からクレデンシャルにアクセスするようにデータブローカーを設定できるようになりました。

  • AWS S3 バケットへの同期関係を設定する際に、ターゲットの S3 バケット内のオブジェクトに保存するタグまたはメタデータを同期関係ウィザードで定義できるようになりました。

    タグ付けオプションは、以前は同期関係の設定に含まれていました。

コネクターの拡張

新しいオプションを追加して使いやすくするために、 * コネクターの追加 * ウィザードを再設計しました。タグの追加、ロール( AWS または Azure )の指定、プロキシサーバのルート証明書のアップロード、 Terraform Automation のコードの表示、進捗状況の詳細の表示などが可能になりました。

サポートダッシュボードの機能拡張

ネットアップサポートサイト( NSS )アカウントは、設定メニューではなくサポートダッシュボードで管理できるようになりました。この変更により、すべてのサポート関連情報を 1 箇所から簡単に検索して管理できるようになります。

NSS アカウントを追加できる Support Dashboard の NSS Management タブのスクリーンショット。

デジタルウォレットの機能強化

これで、 [ デジタルウォレット ] ページは、 [ リソース ] セクションの下にある独自のタブに表示されます。 "デジタルウォレットからライセンスを管理する方法について説明します"

All Services オプションの下の Digital Wallet のスクリーンショット。

Cloud Manager 3.9.7 アップデート( 2021 年 7 月 6 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Cloud Sync は Google Cloud のストレージクラスをサポートしています

同期関係のターゲットが Google Cloud Storage バケットの場合、使用するストレージクラスを選択できるようになりました。Cloud Sync では、次のストレージクラスがサポートされます。

  • 標準

  • ニアライン

  • コールドライン( Coldline )

  • Archive サービスの略

Cloud Tiering の機能拡張

  • 以前のリリースでは、 Amazon S3 または Google Cloud オブジェクトストレージを使用している場合、 30 日後に階層化データを Standard ストレージクラスから別のストレージクラスに移行できました。このリリースには、次の新機能が追加されてい

    • 階層化データを対費用効果の高い階層に移動する日数を選択できます。これをデータの「ライフサイクル管理」と呼びます。

    • Azure Blob で _Cool _ アクセス階層がサポートされるようになりました。

    • Google Cloud Storage では、階層化されたデータを複数のストレージ階層に長期的に移動できます。たとえば、階層化されたデータを 45 日後に _Standard_class から _Nearline_class に移動し、その後 75 日後に _Coldline_class に移動してから、 270 日後に _Archive_class に移動できます。

  • ボリュームでの階層化の使用を停止する場合や、すべてのユーザデータをパフォーマンス階層に保持しながら Snapshot コピーをクラウド階層に保持する場合は、クラウド階層からデータをプロアクティブに移動できるようになりました。この機能は、 ONTAP 9.8 以降を使用している場合に使用できます。

Cloud Backup の機能拡張

  • データ保護( DP )ボリュームのバックアップに関する 2 つの既知の制限事項が解決されました。システムに ONTAP 9.8 以降がインストールされている必要があります。

    • カスケードバックアップは、 SnapMirror 関係のタイプがミラーバックアップまたはバックアップの場合にのみ機能します。関係のタイプが MirrorAllSnapshots の場合は、バックアップを作成できるようになりました。

    • Cloud Backup で、 SnapMirror ポリシーに設定されているかぎり、バックアップに任意のラベルを使用できるようになりました。名前が daily 、 weekly 、または monthly のラベルを要求するという制限はなくなりました。

アプリケーションテンプレートの機能拡張

  • 新しい機能を使用すると、ユーザーがテンプレートを実行しているときに、条件付きで特定のアクションを有効にできます。

    たとえば、ネットアップの Storage Efficiency を有効にして Cloud Volumes ONTAP ボリュームを作成した場合、そのボリュームで Cloud Backup も有効になります。Storage Efficiency が有効になっていない場合、 Cloud Backup は有効になりません。

  • テンプレートを使用してオンプレミスの ONTAP システムにボリュームを作成できるようになりました。

  • テンプレートの作成時に、「ドリフト」という新しい機能がオプションとして追加されました。

    この機能を使用すると、 Cloud Manager で、テンプレート内のパラメータに入力したハードコーディングされた値を監視できます。テンプレートを使用してボリュームを作成したあと、 Cloud Manager がパラメータ値が変更されてテンプレート定義に合わせられなくなったと認識した場合は、設計したテンプレートから「ドリフト」のあるすべてのボリュームを表示できます。こうすることで、これらのボリュームを特定し、変更を加えてコンプライアンスに戻すことができます。

  • テンプレートダッシュボードからテンプレートを実行できるようになりました。作業環境を開いてテンプレートを起動する必要はありません。

Cloud Data Sense ( Cloud Compliance )の機能拡張

  • Cloud Compliance の名称は、今回のリリースから「 Cloud Data Sense * 」に変更されました。製品に含まれている新しいガバナンスやその他の機能を活用することで、コンプライアンスの名称は機能の完全なセットを促進するものではありませんでした。

  • ガバナンスダッシュボードから新しい _ フルデータマッピング _ レポートを使用して、企業のデータソースに保存されているデータの概要を表示し、移行、バックアップ、セキュリティ、コンプライアンスの各プロセスの決定を支援します。

    このレポートには、すべての作業環境とデータソースをまとめた概要ページが表示され、それぞれの作業環境の内訳が表示されます。実行します "こちらをご覧ください" 詳細:

  • Data Investigation ページの新しいフィルタを使用すると、ストレージシステム間で複製されているすべてのファイルのリストを表示できます。

    これは、ストレージスペースを節約できる領域を特定したり、特定の権限または機密情報を持つファイルを特定したりするのに役立ちます。これらのファイルには、ストレージ間で複製しない領域が含まれます。 "すべての重複ファイルを表示する方法を参照してください"

  • Data Sense がスキャンしているファイルに、カスタムの Status タグを追加できます。AIP ラベルが追加されるのと同じ方法で、ステータスがファイルに追加されません。ステータスは Cloud Manager ユーザに表示されるだけです。この場合、ファイルを削除する必要があるかどうか、何らかの理由で確認する必要があるかどうかを指定できます。 "ファイルにステータスタグを適用して表示する方法を参照してください"

    [ 調査 ] ページの新しいフィルタを使用すると、ステータスが割り当てられているすべてのファイルを簡単に表示できます。

  • クラウドデータセンスは、 .dcm と .dicom の 2 種類の追加ファイルで個人識別情報( PII )をスキャンできます。

  • CSV 形式で出力するレポートには、 [ ファイルサイズ ] 、 [ 作成日 ] 、および [ 最終変更日 ] の値が追加されています。作成日は、調査ページの検索結果を絞り込むために使用できる新しいフィルタでもあります。

グローバルファイルキャッシュの機能拡張

グローバルファイルキャッシュソフトウェアバージョン 1.1.0 がリリースされました。新しい「エッジ同期」機能を使用して、リモートオフィスの複数のエッジを同期できます。ファイルが 1 つのエッジでフェッチされると、 Edge Sync に参加しているすべてのエッジ上の同じファイルが更新され、キャッシュされます。を参照してください "このリリースの新機能および解決済みの問題"

Cloud Manager 3.9.7 ( 2021 年 5 月 30 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Cloud Volumes ONTAP の機能拡張

このリリースの Cloud Manager では、 Cloud Volumes ONTAP の管理が強化されています。

AWS で利用できる機能拡張

  • 新しいプロフェッショナルパッケージでは、 AWS Marketplace で毎年契約を締結し、 Cloud Volumes ONTAP と Cloud Backup Service をバンドルできます。支払いは TiB あたりです。このサブスクリプションでは、オンプレミスのデータをバックアップすることはできません。

    この支払いオプションを選択すると、 EBS ディスクを介して Cloud Volumes ONTAP システムあたり最大 2PiB をプロビジョニングし、 S3 オブジェクトストレージ(シングルノードまたは HA )に階層化することができます。

    にアクセスします "AWS Marketplace のページ" 価格の詳細を表示するには、を参照してください このライセンスオプションの詳細については、を参照してください。

  • 新しい Cloud Volumes ONTAP 作業環境の作成時に、 Cloud Manager によって EBS ボリュームにタグが追加されるようになりました。タグは、 Cloud Volumes ONTAP の導入後に作成されたものです。

    この変更は、サービス制御ポリシー( SCP )を使用して権限を管理する場合に役立ちます。

すべてのクラウドプロバイダで利用できる機能拡張

  • auto 階層化ポリシーを使用してボリュームのデータ階層化を有効にした場合、 API を使用して最小クーリング期間を調整できるようになりました。

  • 新しい NFS ボリュームを作成すると、カスタムのエクスポートポリシーが昇順に表示されるようになり、必要なエクスポートポリシーが簡単に見つかります。

  • Cloud Volumes ONTAP システムの導入時および電源をオフにするたびに作成されたルートディスクとブートディスクの古いクラウド Snapshot が Cloud Manager で削除されるようになりました。ルートボリュームとブートボリュームの両方に対して最新の 2 つの Snapshot のみが保持されます。

    この機能拡張により、不要になった Snapshot を削除することでクラウドプロバイダのコストを削減できます。

    Azure スナップショットを削除するには、 Connector で新しい権限が必要になることに注意してください。 "Azure の最新の Cloud Manager ポリシーを表示します"

    "Microsoft.Compute/snapshots/delete"

デジタルウォレット

デジタルウォレット * の新機能により、 Cloud Volumes ONTAP ライセンスとクラウドバックアップライセンスを 1 箇所から簡単に表示および管理できます。

Cloud Volumes ONTAP ライセンスを示すデジタルウォレットページのスクリーンショット。

Cloud Manager 3.9.6 の更新( 2021 年 24 月 5 日)

Cloud Manager が更新され、 Cloud Volumes ONTAP の最新バージョンが追加されました。

Cloud Volumes ONTAP 9.9.1

Cloud Volumes ONTAP 9.9.9..1. を導入および管理できるようになりました。

Cloud Manager 3.9.6 ビルド 2 ( 2021 年 5 月 11 日)

Azure で Cloud Volumes ONTAP の作業環境を作成する際にエラーが発生するというバグが修正されました。

Cloud Manager 3.9.6 の更新( 2021 年 5 月 5 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Cloud Backup の機能拡張

  • [ バックアップと復元 ] ダッシュボードは、新しい [ バックアップと復元 *] タブに統合されているため、すべてのバックアップ操作と復元操作を 1 か所から簡単に管理できます。を参照してください "バックアップと復元のダッシュボード" を参照してください。

  • オンプレミスの ONTAP システムから Google Cloud Storage や NetApp StorageGRID システムへのバックアップを作成できるようになりました。を参照してください "Google Cloud Storage へのバックアップ" および を参照してください。

  • ONTAP 9.9.1 の新機能では、 System Manager を使用して、オンプレミスの ONTAP のバックアップを Cloud Backup で設定したオブジェクトストレージに送信できます。 "Cloud Backup を使用してボリュームをクラウドにバックアップする方法については、 System Manager の説明を参照してください。"

  • バックアップポリシーが次のように強化されています。

    • 次に、日単位、週単位、月単位のバックアップを組み合わせたカスタムポリシーを作成します。

    • バックアップポリシーを変更すると、元のバックアップポリシーを使用してすべてのボリュームに環境のすべての新しいバックアップ * および * が変更されます。これまでは、新しいボリュームバックアップにのみ適用されていました。

  • いくつかの改善点も改善されています。

    • バックアップファイルのクラウドのデスティネーションを設定する際に、 Cloud Volumes ONTAP システムが配置されているリージョンとは異なるリージョンを選択できるようになりました。

    • 単一のボリュームに作成できるバックアップファイルの数が 1 、 019 から 4 、 000 に増えました。

    • 1 つのボリュームのすべてのバックアップファイルを先に削除できるようになったほか、ボリュームのバックアップファイルを 1 つだけ削除したり、作業環境全体のバックアップファイルを必要に応じてすべて削除したりできるようになりました。

監視機能の拡張

  • 既存の Cloud Insights テナントがある場合でも、 Cloud Volumes ONTAP 作業環境で監視サービスを有効にできるようになりました。

  • 監視サービスを有効にすると、 Cloud Manager は Cloud Insights の無償トライアルをセットアップします。29 日目に、計画は自動的に試用版からに移行します "Basic エディション"

レプリケーションの機能拡張

使いやすく、 Cloud Manager のユーザインターフェイスの最新のルックアンドフィールに合わせて、 Replication タブが再設計されました。

Cloud Manager の再設計された Replication タブのスクリーンショット。ボリューム関係のリストを示しています。

アカウントの強化

Cloud Manager のタイムラインに、アカウント管理に関連する操作とイベントが表示されるようになりました。アクションには、ユーザーの関連付け、ワークスペースの作成、コネクタの作成などがあります。タイムラインのチェックは、特定のアクションを実行したユーザーを特定する必要がある場合や、アクションのステータスを特定する必要がある場合に役立ちます。

Cloud Compliance の機能拡張

  • クラウドコンプライアンスは「ガバナンスとコンプライアンス」に名称変更されました。Cloud Manager には、「ガバナンス」と「コンプライアンス」という 2 つのタブがあります。[Governance (ガバナンス) ] タブをクリックすると、が表示されます "ガバナンスダッシュボード" 「ガバナンスとコンプライアンス」サービスと「コンプライアンス」タブでは、が表示されます 。

  • Azure Blob に格納されたデータのスキャンがサポートされるようになりました を使用する場合 "MinIO サービス"。を参照してください "S3 プロトコルを使用するオブジェクトストレージをスキャンしています" を参照してください。

  • 新しい個人データ型。Cloud Compliance で、オーストリアの SSN をファイルで検索できるようになりました。

Cloud Manager 3.9.6 ( 2021 年 5 月 2 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Cloud Tiering の機能拡張

  • ONTAP システムから階層化するボリュームを選択するときに、 [Tier Volumes] ページに [*All *VOLUMES ] チェックボックスが表示され、すべてのボリュームに同じポリシーを簡単に適用できるようになりました。 "クラスタ内のすべてのボリュームの選択方法を参照してください"

  • ONTAP 9.8 以降を使用している場合、ボリューム内のデータを非アクティブのままオブジェクトストレージに移動する期間を決定する「クーリング期間」を変更する必要がある場合は、最大 183 日( 63 日以内)まで指定できるようになりました。

アプリケーションテンプレートの機能拡張

  • AppTemplates サービスでユーザーインターフェイスが強化され、テンプレートデザイナーがアクション間を移動したり、現在定義しているアクションを確認したりするのが容易になりました。

  • Cloud Volumes ONTAP または Azure NetApp Files のボリュームテンプレートを作成する際に、 Cloud Compliance を統合できるようになりました。これにより、新しく作成した各ボリュームに対して Compliance を有効にしたり、新しく作成した各ボリュームに対して Cloud Backup を有効にしたりできます。また、作成したボリュームに対して Backup と Compliance の両方を有効にするテンプレートを作成することもできます。

Cloud Sync の機能拡張

Cloud Manager 3.9.5 ( 2021 年 4 月 11 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Cloud Volumes ONTAP の機能拡張

このリリースの Cloud Manager では、 Cloud Volumes ONTAP の管理が強化されています。

すべてのクラウドプロバイダで利用できる機能強化

Cloud Manager で、 Cloud Volumes ONTAP 用に作成した最初の Storage VM の論理スペースのレポートを有効にするようになりました。

スペースが論理的に報告されると、 ONTAP は、 Storage Efficiency 機能で削減されたすべての物理スペースが使用済みと報告するようにボリュームスペースを報告します。

AWS で利用できる機能拡張

Azure で利用できる機能拡張

Cloud Manager が Azure for Cloud Volumes ONTAP でストレージアカウントを作成する際に、ストレージアカウントの TLS のバージョンが 1.2 になりました。

Cloud Sync の機能拡張

  • スタンドアロンの Cloud Sync サービスは廃止されました。Cloud Sync には Cloud Manager から直接アクセスできるようになりました。同じ機能がすべて利用可能です。

    Cloud Manager にログインしたら、上部の Sync タブに切り替えて、以前と同様に関係を表示できます。

  • 同期関係を設定する際、データブローカーのサービスアカウントに必要な権限を指定している場合は、異なるプロジェクトの Google Cloud バケットから選択できます。

  • Cloud Sync は、 Google Cloud Storage と S3 プロバイダ( AWS S3 、 StorageGRID 、 IBM Cloud Object Storage )間でメタデータをコピーするようになりました。

  • Cloud Sync からデータブローカーを再起動できるようになりました。

    データブローカーの管理ページからのデータブローカーの再起動アクションを示すスクリーンショット。

  • Cloud Sync は、データブローカーで最新のソフトウェアリリースが実行されていないことを確認できるようになりました。このメッセージは、最新の機能を確実に利用するために役立ちます。

    ダッシュボードでデータブローカーを表示したときに警告が表示されるスクリーンショット。

Cloud Compliance の機能拡張

  • オンプレミスまたはクラウドにある NFS または CIFS ファイル共有のスキャンがサポートされるようになりました。

    ネットアップ以外のストレージシステム上のファイル共有をスキャンできるようになりました。を参照してください "ファイル共有をスキャンしています" を参照してください。

  • S3 プロトコルを使用するオブジェクトストレージのスキャンのサポートが追加されました。

    Amazon S3 バケットをスキャンするだけでなく、 S3 プロトコルを使用する任意の Object Storage サービスからデータをスキャンできるようになりました。これには、 NetApp StorageGRID 、 IBM Cloud Object Store などが含まれます。を参照してください "オブジェクトストレージをスキャンしています" を参照してください。

  • 「ハイライト」という機能は、「ポリシー」に名称変更されました。を参照してください "ポリシーの使用方法" コンプライアンスとガバナンスへの取り組みを支援します。

  • ストレージシステム内に特定のファイルの重複がないかどうかを確認できるようになりました。これは、ストレージスペースを節約できる領域を特定するのに役立ちます。また、機密情報を含むファイルがストレージシステムに不必要に複製されないようにするのにも役立ちます。

    方法をご確認ください "重複ファイルを検索します"

  • "ガバナンスダッシュボード" に、表示するグラフが追加されました および 。

新しいアプリケーションテンプレート機能

テンプレートを使用することで、作業環境でのリソース作成を標準化できます。たとえば、「ボリュームテンプレート」に必須パラメータをハードコーディングして、ストレージ管理者がボリュームを作成するときにあとから適用できます。これには、必要なディスクタイプ、サイズ、プロトコル、クラウドプロバイダなどが含まれます。作成したボリュームごとに、 Cloud Backup などの特定のサービスをオンにすることもできます。

これにより、ストレージ管理者は、データベースやストリーミングサービスなど、特殊なワークロード要件に合わせて最適化されたボリュームを簡単に作成できます。また、各ボリュームがアプリケーションごとに最適に作成されていることを確認すれば、ストレージアーキテクトの負担が軽減されます。詳細はこちら "アプリケーションテンプレート" また、実際の環境での使用方法も確認できます。

コネクターの拡張

プロキシサーバを設定している場合、プロキシを経由せずに Cloud Manager に API 呼び出しを直接送信するオプションを有効にできるようになりました。このオプションは、 AWS または Google Cloud で実行されているコネクタでサポートされます。

アカウントの機能拡張

  • サービスアカウントユーザを作成できるようになりました。

    サービスアカウントは「ユーザ」の役割を果たし、 Cloud Manager に対して自動化のための許可された API 呼び出しを実行できます。これにより、自動化スクリプトを作成する必要がなくなります。自動化スクリプトは、会社を離れることができる実際のユーザアカウントに基づいて作成する必要がなくなります。フェデレーションを使用している場合は、クラウドから更新トークンを生成することなくトークンを作成できます。

  • アカウントのプライベートプレビューで、新しい NetApp クラウドサービスが Cloud Manager のプレビューとして利用できるようになりました。

  • また、アカウント内のサードパーティサービスが Cloud Manager で使用可能なサードパーティサービスにアクセスできるようにすることもできます。

Cloud Manager 3.9.4 の更新( 2021 年 4 月 8 日)

Active IQ の機能拡張

  • Cloud Volumes ONTAP がアカウント内に使用していない Active IQ ライセンスを検出した場合は、ボタンをクリックして、ライセンスを使用して新しい Cloud Volumes ONTAP システムを作成できます。または、既存の Cloud Volumes ONTAP システムにライセンスを適用して、そのライセンスの容量を 368 TB 拡張できます。

    を参照してください "利用可能なライセンスの使用方法"

Cloud Manager 3.9.4 の更新( 2021 年 3 月 15 日)

Cloud Compliance の機能拡張

  • 新しい "ガバナンスダッシュボード" を使用できるようになりました。これにより、組織のストレージリソース上のデータに関連する効率性が向上し、コストを制御できます。

    たとえば、ダッシュボードは、古いデータ、ビジネス以外のデータ、およびシステム内の大容量ファイルを特定するため、一部のファイルを低コストのオブジェクトストレージに移動、削除、階層化するかどうかを判断できます。

  • のリストを表示できます "ファイルへのアクセス権を持つすべてのユーザまたはグループ"

  • AWS の政府機関では、 Cloud Compliance がサポートされるようになりました。

Cloud Manager 3.9.4 ( 2021 年 3 月 8 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Cloud Volumes ONTAP の機能拡張

このリリースの Cloud Manager では、 Cloud Volumes ONTAP の管理が強化されています。

すべてのクラウドプロバイダで利用できる機能強化

Cloud Volumes ONTAP 9.9.9..0 を導入および管理できるようになりました。

AWS で利用できる機能拡張

  • クラウドサービス 9.8 を AWS Commercial Cloud Volumes ONTAP ( C2S )環境に導入できるようになりました。

  • Cloud Manager では、 AWS Key Management Service ( KMS )を使用して Cloud Volumes ONTAP データを暗号化できるようになりました。Cloud Volumes ONTAP 9.9.9..0 以降では、お客様が管理する CMK を選択すると、 EBS ディスク上のデータと S3 に階層化されたデータが暗号化されます。これまでは、 EBS データだけが暗号化されていました。

    Cloud Volumes ONTAP IAM ロールに CMK を使用するためのアクセス権を付与する必要があります。

Azure で利用できる機能拡張

Cloud Volumes ONTAP 9.8 を、国防総省( DoD )の影響レベル 6 ( IL6 )に導入できるようになりました。

Google Cloud で利用可能な機能強化

コネクタの機能拡張

  • Connector が実行されていない場合に、 Cloud Manager から管理者ユーザに E メールで通知されるようになりました。

    コネクタを常時稼働させておくと、 Cloud Volumes ONTAP やその他の NetApp クラウドサービスを最大限に管理するのに役立ちます。

  • コネクタのインスタンスタイプを変更する必要がある場合に、 Cloud Manager に通知が表示されるようになりました。

    インスタンスタイプを変更することで、現在利用できない新しい機能を確実に使用できます。 "マシンタイプの変更の詳細については、こちらをご覧ください"

Cloud Sync の機能拡張

Cloud Tiering の機能拡張

  • Google Cloud Storage に階層化する場合は、ライフサイクルルールを適用して、階層化されたデータを Standard ストレージクラスから 30 日後に低コストの Nearline 、 Coldline 、または Archive ストレージに移行することができます。

  • Cloud Tiering Now は、オンプレミスの ONTAP クラスタで検出されていないものがある場合に表示されます。これにより、クラスタへの階層化やその他のサービスを有効にすることができます。

Active IQ の機能拡張

ANF の機能拡張

  • ワークロードのニーズを満たし、コストを最適化するために、ボリュームのサービスレベルを動的に変更できるようになりました。ボリュームは、ボリュームに影響を及ぼすことなく、もう一方の容量プールに移動されます。 "詳細はこちら。"

Cloud Manager 3.9.3 アップデート( 2021 年 2 月 16 日)

Cloud Backup Service の機能拡張

  • Amazon S3 、 Azure Blob 、 Google Cloud Storage にあるバックアップファイルからオンプレミスの ONTAP システムにボリュームをリストアできるようになりました。

  • リストアしたすべてのボリュームとファイルの詳細が表示される新しいリストアダッシュボードが追加されました。

    また、ダッシュボードは、ボリュームとファイルのすべてのリストア処理を実行する際の最初の画面でもあります。を参照してください "リストアダッシュボード" を参照してください。以前のリリースでは、リストアボリュームオプションはバックアップダッシュボードに含まれていました。

  • Google Cloud の Cloud Volumes ONTAP HA システムで Cloud Backup がサポートされるようになりました。

Cloud Manager 3.9.3 アップデート( 2021 年 2 月 14 日)

Cloud Compliance の機能拡張

  • スキャンするファイルの Azure Information Protection ( AIP )ラベルを表示および管理します。

    • AIP ラベル機能を Cloud Compliance に統合すると、ファイルに割り当てられているラベルを表示したり、ファイルにラベルを追加したり、ラベルを変更したりできます。を参照してください "AIP ラベルを統合する方法" をワークスペースに配置します。

    • ラベルを個別にファイルに割り当てるか、またはポリシー機能を使用してに割り当てます "ポリシー条件に一致するすべてのファイルにラベルを追加します"。ポリシーでは、 Cloud Compliance がファイル内で一致する項目を検出すると、ラベルは継続的に更新されます。

    • ラベルに一致するすべてのファイルを表示するには、 [ 調査 ] ページのデータを AIP ラベルでフィルタリングします。

  • いずれかのポリシーから結果が返されたら、 Cloud Manager ユーザ(日単位、週単位、または月単位)に E メールアラートを送信して、通知を受け取ってデータを保護します。

    このオプションは、で選択します "ポリシーを作成または編集する"

  • ファイルの所有者と権限の情報を表示するタイミング "個々のファイルの詳細を表示します"

    この条件を使用して、 [ 調査 ] ページでデータをさらにフィルタリングすることもできます。

  • Cloud Compliance からファイルを直接削除します。

    可能です "ファイルを完全に削除します" 安全性が低いか、ストレージシステムに残すのにリスクが高いようです。

Cloud Manager 3.9.3 アップデート( 2021 年 2 月 10 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Cloud Tiering の機能拡張

  • アグリゲートの容量が 90% を超えたとき( ONTAP 9.6 以前の場合は 70% )にクラウド階層化によってクラスタのライトバック防止がアクティブになるようになりました。頻繁に使用されるローカル階層でのコールドデータの書き戻しを防止することで、 Cloud Tiering は、アクティブデータのローカル階層を維持します。

    この場合、 Manage Aggregates テーブルに情報が表示されます。

    ライトバック防止が有効になったことを示す通知が表示された、 Manage Aggregates (アグリゲートの管理)テーブルのスクリーンショット。

  • オンプレミスの ONTAP クラスタをクラウド階層化サービスから簡単に追加できるようになりました。

    Cloud Tiering ページで * Add cluster * をクリックすると、 * Add Working Environment * ウィザードに直接送信されるようになりました。

  • タイムラインをフィルタして、クラウド階層化サービスに固有のアクションを表示できるようになりました。

    クラウドの階層化サービスを選択した場合のタイムラインとフィルタ機能のスクリーンショット。

Cloud Sync の機能拡張

  • Cloud Volumes ONTAP との間でデータを同期するプロセスが簡素化されました。Cloud Volumes ONTAP 作業環境を選択し、この作業環境との間でデータを同期するオプションを選択できるようになりました。

    作業環境を選択した後の同期メニューで使用可能なアクションを示すスクリーンショット。

  • 前回のリリースでは、ネットアップの担当者がデータブローカーの設定を調整し、パフォーマンスを向上させるために役立つ情報を提供するレポート機能が新たに導入されています。これらのレポートは、オブジェクトストレージでサポートされるようになりました。

    パス項目数、オブジェクトサイズ、変更時刻、およびストレージクラスを表示するレポート。

Cloud Manager 3.9.3 ( 2021 年 2 月 9 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

監視機能の拡張

  • Cloud Volumes ONTAP for Azure で監視サービスがサポートされるようになりました。

  • 監視サービスは、 AWS および Azure の政府機関のリージョンでもサポートされます。

監視サービスを使用すると、 Cloud Volumes ONTAP インフラを完全に可視化できます。サービスを有効にして、 Cloud Volumes ONTAP リソースを監視、トラブルシューティングし、最適化します。

サポートの強化

サポートダッシュボードが更新され、ネットアップサポートサイトのクレデンシャルを追加できるようになりました。このクレデンシャルをサポートに登録してください。ネットアップサポートケースは、ダッシュボードから直接開始することもできます。[ ヘルプ ] アイコンをクリックして、 [Support] をクリックします。

サポート情報、リンク、ケースの作成機能を示すサポートダッシュボードのスクリーンショット。

Cloud Manager 3.9.2 アップデート( 2021 年 1 月 11 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Cloud Compliance の機能拡張

  • Microsoft OneDrive アカウントのスキャンがサポートされるようになりました。

    これで、すべての OneDrive ユーザーからフォルダーとファイルをスキャンするために、会社の OneDrive アカウントを Cloud Compliance に追加できます。を参照してください "OneDrive アカウントをスキャンしています" を参照してください。

  • 「ポリシー」機能では、組織固有の検索結果を提供する独自のカスタムポリシーを作成できるようになりました。

    前回のリリースでは、 Cloud Compliance に、すべてのユーザが使用できる事前定義されたポリシーフィルタが用意されていました。独自のポリシーを作成して、 [ 調査 ] ページで特定のスキャン結果を返すことができます。方法を参照してください "独自のカスタムポリシーを作成できます"

  • オンプレミスの ONTAP システムからバックアップファイルを無料でスキャンできます。

    Cloud Compliance でオンプレミスの ONTAP システム上のボリュームを直接スキャンしない場合は、今月リリースされた新しいベータ機能を使用して、オンプレミスの ONTAP ボリュームから作成されたバックアップファイルでコンプライアンススキャンを実行できます。オンプレミス ONTAP のバックアップを作成済みの場合も同様です を使用しています "クラウドバックアップ"この新機能を使用して、これらのバックアップファイルに対して * 無料 * のコンプライアンススキャンを実行できます。

    方法を参照してください "オンプレミスの ONTAP ボリュームをオブジェクトストレージにバックアップ" そしていかにできるか 。

  • Cloud Compliance は、個人データ型「 IP アドレス」をファイルで検索できるようになりました。すべてのリストを表示します "個人データの種類" その Cloud Compliance がスキャンで見つかりました。

Cloud Backup の機能拡張

個々のファイルを追加のデスティネーション作業環境にリストアできます。

  • Azure Blob のバックアップファイルは、 Azure にインストールされた Cloud Volumes ONTAP システムやオンプレミスの ONTAP システムに個々のファイルをリストアするために使用できます。

  • Amazon S3 のバックアップファイルを使用して、個々のファイルをオンプレミスの ONTAP システムにリストアできます( AWS にインストールされた Cloud Volumes ONTAP システムへのファイルのリストアはすでにサポートされています)。

を表示します "バックアップとリストアのマトリックス" バックアップの作成、ボリュームのリストア、およびファイルのリストアがサポートされている作業環境を確認します。

Cloud Manager 3.9.2 ( 2021 年 1 月 4 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

Cloud Volumes ONTAP の機能拡張

このリリースの Cloud Manager では、 Cloud Volumes ONTAP に関して次の機能拡張が導入されています。

AWS のアウトポストのサポート

数カ月前に、 Cloud Volumes ONTAP が Amazon Web Services ( AWS )の提供開始を宣言したことを発表しました。本日は、 AWS のアウトポストで Cloud Manager と Cloud Volumes ONTAP を検証しました。

AWS Outpost を使用している場合は、 Working Environment ウィザードで Outpost VPC を選択して、その Outpost に Cloud Volumes ONTAP を導入できます。エクスペリエンスは、 AWS に存在する他の VPC と同じです。最初に、 AWS Outpost にコネクタを導入する必要があります。

指摘すべき制限事項はいくつかあります。

  • でサポートされるのはシングルノードの Cloud Volumes ONTAP システムのみです 今回は

  • Cloud Volumes で使用できる EC2 インスタンス ONTAP は、 Outpost で利用できる機能に限定されています

  • 現時点では、汎用 SSD ( gp2 )のみがサポートされます

サポートされているすべての Azure リージョンで Ultra SSD VNVRAM がサポートされます

Cloud Volumes ONTAP では、 Ultra SSD をとして使用できるようになりました VNVRAM ( E32s_v3 VM タイプをで使用する場合) シングルノードシステム "サポートされる任意の Azure リージョン"

VNVRAM により、書き込みパフォーマンスが向上します。

Azure でアベイラビリティゾーンを選択できます

これで、シングルノードの Cloud Volumes ONTAP システムを導入するアベイラビリティゾーンを選択できます。AZ を選択しない場合は、 Cloud Manager によってその AZ が選択されます。

リージョンを選択したあとに使用可能な Availability Zone ドロップダウンリストのスクリーンショット。

GCP での大容量ディスクと新しいインスタンスのサポート

  • Cloud Volumes ONTAP は GCP で 64 TB のディスクをサポートするようになりました。

    注記 GCP の制限により、ディスクのみの場合の最大システム容量は 256 TB のままです。
  • Cloud Volumes ONTAP では、次のマシンタイプがサポートされるようになりました

    • N2 - 標準 -4 ( Explore ライセンスを含む、 BYOL を含む)

    • 標準ライセンスを使用し、 BYOL を使用した N2-standard-8

    • N2 - Standard - 32 ( Premium ライセンスを使用、 BYOL を使用)

Cloud Tiering の機能拡張

  • 新しいクラウドパフォーマンステストでは、データ階層化の設定前後に、 ONTAP クラスタからオブジェクトストアにネットワークのレイテンシとスループットのパフォーマンスを測定できます。

    オブジェクトストレージへのレイテンシとスループットを示す、クラウドパフォーマンステストの結果のスクリーンショット。

  • 階層化セットアップウィザードの設計が見直され、使いやすくなりました。

その他の機能強化

  • 新しいサポートダッシュボード

    新しいサポートダッシュボードのヘルプメニューには、サポートへのリンクや、フィードバックの送信、ネットアップサポートへのお問い合わせなどに利用できるリソースが用意されています。また、 [* Connector AutoSupport * ] タブから AutoSupport メッセージを送信およびダウンロードすることもできます。

    Cloud Manager のサポートダッシュボードのスクリーンショット。

  • 作業環境間の視覚的な表示

    Cloud Manager を使用すると、作業環境で有効になっているサービス間の関係を簡単に確認できます。

    たとえば、次の図は、 Cloud Volumes ONTAP から Amazon S3 にデータをバックアップし、 Amazon S3 と 2 つの Cloud Volumes ONTAP システム間でデータを同期する 2 つの作業環境の例を示しています。

    キャンバス( Canvas )タブと、線と矢印で示される作業環境間のいくつかの関係を示すスクリーンショット。

Cloud Manager 3.9.1 ( 2020 年 12 月 7 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

一般的な機能強化

  • 「 * 作業環境 * 」タブの名前を「 * キャンバス * 」に変更しました。

    このタブは空白のキャンバスから始まり、ハイブリッドクラウド全体にストレージを導入、割り当て、検出することで作業環境を追加できます。

    いくつかのタイプの作業環境を示す Canvas タブのスクリーンショット。

  • Cloud Manager と Spot の間の移動が簡単になりました。

    Spot の新しい「 * ストレージ運用 * 」セクションでは、 Cloud Manager に直接移動できます。作業が完了したら、 Cloud Manager の * Compute * タブから Spot に戻ることができます。

Cloud Volumes ONTAP AMI の変更

9.8 リリース以降、 Cloud Volumes ONTAP PAYGO AMI は AWS Marketplace では提供されなくなりました。Cloud Manager API を使用して Cloud Volumes ONTAP 従量課金制を導入する場合は、が必要です "AWS Marketplace で Cloud Manager のサブスクリプションに登録します" 9.8 システムを展開する前に。

Cloud Backup の機能拡張

  • バックアップファイルから個々のファイルを復元できるようになりました。

    • 特定の時点からいくつかのファイルをリストアする必要がある場合は、ボリューム全体をリストアする代わりに、それらのファイルだけをリストアできるようになりました。

    • 同じ作業環境内のボリューム、または同じクラウドアカウントを使用している別の作業環境内のボリュームにファイルをリストアできます。

    • この単一ファイルのリストアオプションでは、環境に導入されている新しいクラウドリストアインスタンスを使用します。 "この新機能の詳細については、こちらをご覧ください。"

  • 新しい Cloud Volumes ONTAP システムを導入する際に、 Google Cloud 環境で Cloud Backup を設定できるようになりました。これまでは、既存の Cloud Volumes ONTAP システムでのみクラウドバックアップを設定できました。

  • オンプレミスの ONTAP システムから、 AWS または Azure に導入された Cloud Volumes ONTAP システムにバックアップしたボリュームをリストアできるようになりました。

Cloud Compliance の機能拡張

  • オンプレミスの ONTAP クラスタからデータを直接スキャンできます

    Cloud Manager でオンプレミスクラスタを検出した場合は、それらのボリュームで直接 Compliance スキャンを実行できるようになりました。Compliance スキャンを実行する前に、それらのボリュームを Cloud Volumes ONTAP システムにコピーする必要がなくなりました。

  • オンプレミスの場所に Cloud Compliance をインストールできます

    オンプレミスの ONTAP クラスタデータをスキャンする場合は、 Cloud Compliance をオンプレミスにもインストールできるようになりました。Cloud Manager の UI には引き続き統合されており、クラウドベースのボリューム、バケット、データベースなど、他の作業環境のスキャンにも使用できます。

  • CIFS のデータ保護ボリュームを簡単にスキャンできます

    これまでは、 NFS DP ボリュームをスキャンすることができました。このリリースでは、 CIFS DP ボリュームを Cloud Compliance 内で直接簡単にスキャンできます。 "詳細をご確認ください"

  • 新しい「ポリシー」機能では、事前に定義された組み合わせが選択できます [ 調査 ] ページで結果を返すフィルタ

    このリリースでは、 10 個のポリシーを使用できます。たとえば、「 HIPAA – Stale data over 30 days 」ポリシーは、 30 日以上前の Health 情報を含むファイルを識別します。 "事前定義されたポリシーの完全なリストを表示します"

    ポリシーは、 [ 遵守ダッシュボード ] のタブから、 [ 調査 ] ページのフィルタとして選択できます。

  • Cloud Compliance では、機密性の高い個人データの種類「政治的見解リファレンス」をファイルで見つけることができるようになりました。すべてのリストを表示します "機密性の高い個人データの種類" その Cloud Compliance がスキャンで見つかりました。

  • 「 file size 」の新しいフィルタは、で使用できます のファイルの検索結果を絞り込むための調査ページ 一定のサイズです

    Cloud Compliance の導入に必要なエンドポイントのリストは、クラウドプロバイダに基づいて改訂されています。 "このリストで、 AWS 、 Azure 、オンプレミスの要件を確認できます"

Cloud Tiering の機能拡張

  • 複数のボリュームの階層化ポリシーと最小クーリング日数を同時に変更できるようになりました。

    選択した複数のボリュームと、選択したボリュームの変更ボタンを示すスクリーンショット。

  • Cloud Tiering で、オンプレミスの各クラスタから集約されたデータ階層化のビューを提供できるようになりました。ここでは、環境の概要を明確に示し、適切な操作を実行できるようにします。 "このページの詳細を確認してください"

    オンプレミスの概要ページのスクリーンショット。

Cloud Sync の機能拡張

Cloud Manager 3.9 の更新( 2020 年 11 月 18 日)

Google Cloud の Cloud Volumes ONTAP で Cloud Backup がサポートされるようになりました。をクリックします "こちらをご覧ください" を参照してください。

  • 注:現在サポートされているのはシングルノードシステムのみです。

Cloud Volumes ONTAP 9.8 ( 2020 年 11 月 16 日)

Cloud Volumes ONTAP 9.8 は、 AWS 、 Azure 、 Google Cloud Platform で利用できます。このリリースでは、がサポートされます "GCP の HA ペア"

ヒント コネクタに関連付けられている GCP サービスアカウント "最新の権限が必要です" GCP に HA ペアを導入するには、次の手順を実行します

Cloud Manager 3.9 の更新( 2020 年 11 月 8 日)

Cloud Manager 3.9 の機能強化をリリースしました。

Cloud Compliance の機能拡張

  • これで、データベースからカスタムの個人データ識別子を作成できるようになりました。これにより、機密性の高いデータが保存されているすべての * ファイルの場所を完全に把握できます。

    「 Data Fusion 」と呼ばれる機能を使用すると、ファイルをスキャンして、データベースから一意の識別子がこれらのファイルに見つかったかどうかを確認できます。基本的には、クラウドコンプライアンススキャンで識別される「個人データ」のリストを作成します。

  • MySQL データベーススキーマのスキャンのサポートが追加されました。

    に進みます "データベーススキーマをスキャンしています" を参照してください。

Cloud Manager 3.9 ( 2020 年 11 月 3 日)

このアップデートには、いくつかの機能とサービスの機能強化が含まれています。

デフォルトでは、 Cloud Manager が Cloud Volumes ONTAP とそれに関連付けられたストレージアカウント間の Azure Private Link 接続を有効にするようになりました。プライベートリンクは、 Azure のエンドポイント間の接続を保護します。

Active IQ クラスタ分析情報

Active IQ のクラスタ分析情報が Cloud Manager で使用できるようになりました。この初期リリースには、次の機能があります。

  • ネットアップサポートサイト( NSS )のクレデンシャルに基づいてオンプレミスクラスタのリストが表示されます。

  • Cloud Manager で検出されたクラスタと検出されていないクラスタを示します。

  • 使用されていない Cloud Volumes ONTAP ライセンスを表示できます。

  • 検出された ONTAP クラスタのいずれかでシェルフまたはディスクファームウェアの更新が必要かどうかを示します。

に進みます "ONTAP クラスタを監視しています" を参照してください。この情報は、から Cloud Manager に提供されます "Active IQ デジタルアドバイザ"

Cloud Tiering の機能拡張

  • ボリュームからデータの階層化を設定すると、 Cloud Tiering が、各ボリュームの Snapshot の使用サイズを特定できるようになりました。この情報は、クラウドに階層化するデータのタイプを決定する際に役立ちます。

    Tier Volumes (階層ボリューム)ページの Snapshot Used (スナップショットの使用済み)サイズを示すスクリーンショット。

  • ONTAP 9.6 以降を実行しているクラスタでは、 Cloud Tiering を使用して、 HDD アグリゲートに対する Inactive Data Reporting を有効にできます。

    この機能拡張により、 Cloud Tiering では、コールドデータの階層化による削減量を簡単に確認できます。

  • アグリゲート内のボリュームでデータ階層化を有効にする必要がある場合は、 Cloud Tiering に、シックプロビジョニングされたボリュームをシンプロビジョニングされたボリュームに変更するよう求められます。